灘本昌久のブログ

ホームグラウンドは次のところです<http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/>

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ちびくろサンボ論争

 岩波書店版『ちびくろサンボ』が、4月に瑞雲舎から復刊されるという報道がなされ、ちびくろサンボ論争が再燃しそうです。すでに、私のところへも取材が何件かきています。
 論議がすすむこと自体は歓迎ですが、本当に生産的な議論になるか心配な点もありますので、少し問題提起というか、気のついたことを書いてみます。
 第1に、ちびくろサンボ論争は、子どもたちに与える絵本をどのように豊かなものにするかという観点からなされるべきであり、人権や言論の自由をめぐって大人の間でなされる血みどろの戦いであってはならないと思います。これは、自分の反省もこめてでありますが、今までは、ややもすると正義の刃を振りかざしての、仁義なき戦いの観がありました。そんな争いを展開して、大人たちは子どもに何を伝えるのでしょうか。「子どもたちよ、喜べ。この屍(しかばね)の上に絵本の大義は守られたぞ!」ですか。あまり、よい風景ではないですよね。
 第2に、最低限度の事実関係と過去の論議はふまえてもらいたいと思うのです。取材をされるマスコミの方も、お忙しいとは思いますが、「『ちびくろサンボ』はいつどこで出版されたのですか?」みたいなところから質問するのは、どうかと思います。最小限の勉強はしてから、論争に参加するなり、取材するなりしてもらえませんでしょうか。手前味噌ですが、下記の3点は最低限読んでいただきたいと思います。
 (1)ヘレン・バナマン作・絵『ちびくろさんぼのおはなし』(径書房、1999年)
    ※ オリジナル絵本の忠実な復刻絵本
    <http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4770501730/>
 (2)径書房編集部編『ちびくろサンボ絶版を考える』(径書房、1990年)
    ※ ちびくろサンボ論争の事実関係の整理
    <http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4770500874/>
 (3)灘本昌久『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』
    ※ さらに詳しい、論争の歴史
    <http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4770501714/>

 「パッチギ」の映画パンフレットをもらった上に、終了近しと教えられ、MOVIX京都にダッシュで行ってきました。大正解! 差別問題系の映画で、涙がこぼれ落ちたのは初めてです。差別問題研究をナリワイとする者として、この映画を見逃していたと思ったら、冷や汗ものです。よかった、よかった、見逃さないで。
 愛情や友情を引き裂く差別に対して、「差別することを間違っています」という理屈で対抗しようとする作品があるけれども、それはどこか非人間的な気がします。やはり、引き裂く力を超えるだけの愛情や友情が描かれていなければ、「正しい」けれども「非人間的」なアジテーションに終わってしまうと思うのです。その点、井筒監督の「パッチギ」は、「正しさ」に依存しない人間的なものを感じました。
 在日朝鮮人を扱った映画としては、行定勲監督、窪塚洋介・柴咲コウ主演の「GO」もよかったけど、「パッチギ」はそれを超えたかな。

※ 京都における朝鮮人と部落民の関係について
「部落差別を根拠とする権利の合理性について」
<http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/198806.htm>
※ 人権教育における啓蒙主義・正解注入主義
「人権啓発映画はなぜ面白くないか」
<http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/20010530.htm>
※ イムジン河・都はるみ
「イムジン河―私を変えた歌」
<http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/20020710.htm>
※ 「GO」について
<http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/20030702.htm>

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事