nadarechan1113の絵日記

アウトドアー好きの保守系『“ハンター”な基礎スキーヤーw』おやぢです

感謝

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

身は大空に散華しても笑顔は生きている
平成24年9月9日(日) 西村眞悟の時事通信

イメージ 1 昨日から、私のホームページの表紙に、飛行服を着た十四名の若者が大らかに明るく笑っている写真を掲載した。
 陸軍特攻誠第百十九飛行隊出撃直前の写真だ。
 諸兄姉、どうか、クリックして写真を拡大し、彼らの笑顔を見ていただきたい。
 彼らは、少年航空兵出身の十八歳から十九歳の十人と学徒出陣の四名で、この写真に笑顔を残してから一時間半後の、
昭和二十年四月二十二日午前十時ころ、台湾北部の桃園飛行場から沖縄本島方面に特攻出撃していった。
 彼らは五百キロ爆弾を搭載して沖縄本島周辺の敵艦に突入し、敵巡洋艦と貨物船各一隻を撃沈した。

 本年八月、東京で畏友の古賀俊昭東京都議会議員と久しぶりに懇談していた際、古賀俊昭さんが手帳から取り出し、
「この笑顔を見てほしい」と差し出したのがこの写真だ。
 写真を手に取って、深い感動を受けた。
 丁度行われていた甲子園の高校野球の球児たちよりも充実した底抜けに大らかな笑顔だ。
 笑顔は生きている。英霊が甦っている。涙があふれてきた。
 
 その後、古賀俊昭さんは、この写真と写真を紹介した平成十七年一月十五日の産経新聞のコピーを堺の事務所に送ってくれた。
 以後、この写真をいつも持っている。
 八月二十一日からの台湾行にも持参し、関西空港から彼ら十四名が六十七年前に特攻出撃していった台湾の桃園空港に降り立った。

 この写真は、台湾から日本に帰還した陸軍整備隊長の関忠博さんが撮影し靴底に隠して検査をすり抜けて持ち帰った。そして、六十年後、産経新聞に
「戦後六十年間、私は、彼らに生かしてもらってここまで元気でやってこられたという思いでいっぱいです。
 せめて隊員の家族や親族にこの写真を渡したいと考え、行方を捜しています。無職関忠博(八十四歳)」と投稿され、平成十七年一月十五日の産経新聞に掲載された。
 
 記事によると、関さんは航空機の整備隊長としての指導のかたわら、出撃する隊員たちと日々語り合ったという。
 関さんは、彼らには不思議なほど悲壮感はなく、全員が実に冷静に死について考えていた、出撃までは軍規の拘束を受けない自由が与えられたが、隊員たちは、あまり外出せず、家族や故郷のある日本を守るためには、
「いまここで死ぬのが自分にとって最高の生き方」
と語っていたという。
 そして、関さんは、出撃の四月二十二日の朝八時半ころ、桃園飛行場の滑走路近くで隊員たちがそろったときにこの写真を撮影した。
 死を前にしても、全員が満面の笑みをたたえていたのが印象的だったと関さんはいう。
 終戦後、関さんは収容所生活を経て、昭和二十一年三月に復員するが、復員船の出る基隆港では写真や光学機械や時計を持ち帰ることが禁じられた。しかし、関さんは、「この写真だけは何としても残したい」と思い、靴の底に隠して検査をすり抜けて日本に持ち帰った。

 昭和二十年四月二十二日、朝八時半、十四名の若者は、祖国を守るために「今ここで死ぬのが自分にとって最高の生き方」と得心し、何の影もない充実した満面の笑顔を残して数時間後に肉弾となって散華していった。
 この写真を映した関さんは、この笑顔を何としても日本へ持ち帰ると工夫し、持ち帰ってくれた。
 そして、彼ら十四名は、この八月、私に笑顔を見せてくれたのだ。

 我が国を取り巻く内外の情勢は、まことに厳しい。
 内は「劣化、自己喪失、日本が日本でなくなる」危機が増大し、
 外は日清日露戦役前夜の如き軍事攻勢を受けつつある。
 この時に、彼ら十四名は、「君らしっかりせよ」と甦り、笑顔で我らを励ましてくれている。

 よって、魂を励まされた私は、
「国のため今死ぬのが最高の生き方」と確信した魂の不滅と連続性を信じ、
 十四名の隊員と、日本にこの写真を持ち帰ってくれた関忠博さんに深謝して、
 彼ら十四名の特攻隊員の笑顔の魂に励まされることがすなわち
 「日本の再興」と「日本人としての人生の充実」に至る道である
 と確信し、ここに彼らをご紹介する。


・・・・・・・・・・・・


 家族への「あとは頼む」という声が聞こえてきます。
 西村先生同様に、涙があふれてきます。

 「特攻など無駄死に」と言い放って憚らず、これを涙無くして読める連中(いやそんな奴は読まないだろうが・・・)は、日本人じゃない。

開く コメント(10)

開く トラックバック(1)

奉祝 明治節


奉祝 明治節

イメージ 1

 私が幼い頃父方の実家によく泊まりで遊びに行くと、明治生まれのおばあちゃんは毎朝井戸神様を中心に四方を拝んだあと、皇居がある南の方向を拝んでいました。

■ 奉祝 紀元節

私は幼い頃、自宅に程近い本家(父親の実家)へ度々泊まりにいったものです。

明くる朝私はいつも祖母にくっついて、釜屋(炊事棟)にある井戸へ顔を洗いにいきました。

祖母は顔を洗い終えると、井戸の四周に手を合わせます。

そして、最後に南の方角に向かって手を合わせ、深々とお辞儀をしていました。

「おばあちゃん、何でお辞儀するの?」と訊ねると、

「井戸神様と、東京にいる天皇陛下に、いつもお恵みをありがとうございます、とお礼を言うんだよ」

と答えてくれました。

「天皇陛下って、すごいんだなぁ」と思いました。


 いつも優しいおばあちゃんから、関東地震で東京の本所で被災し命かながら逃げ延びてきたこと、大東亜戦争のこと、朝鮮人や支那人の不逞行為を幼い頃から聞かされました。だから今の私があるのだと思います。

■ 祖母のレクチャー ― 関東地震

「養女に行った先で、折り合いが悪くてねぇ」
「東京の向島に住んで、父親は蝋燭の芯を巻く仕事をしながら暮らしていたんだよ」

「おばちゃんは、まだ十六歳の娘でなぁ」
「洋裁学校に通っていたんだけど、もうすぐお昼だぁ、なんて思っていたら、でっかい地震が来たんだよ」

「家に急いで帰る途中、そこいら中火事が起きて、やっと家に着いらそのまま逃げ出した」
「火事は凄い勢いで、熱くていられないから、隅田川に飛び込んだんだよ」


 もちろん教育勅語も教えてくれて、厳しく躾けられました。
 教育勅語の口語訳を再読して、明治節の良き日をお祝いしましょう。


教育勅語口語訳

私は私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現を目指して、日本の国をおはじめになったものと信じます。
そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、美事な成果をあげてまいりましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

国民の皆さんは、子は親に孝養をつくし、兄弟、姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動をつつしみ、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心をささげて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。

そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく、また、私たちの祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私たち子孫の守らかければならないところであると共に、このおしえは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国でおこなっても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、父祖の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

開く コメント(8)

昭和の日

昭和の日

イメージ 1


今日の様に寒い時や雪などが降って手のこごえる時などでも、運動をすればあたたかくなりますが、殿下はいかがでございますか

着物に穴のあいているのを着てはいけませんが、つぎのあたったものを着るのは少しも恥ではありません

イメージ 2

学習院初等科入学当時の先帝陛下(迪宮殿下:右)


私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。
また私は日本の名においてなされたすべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題ではない。構わずに総ての事を進めていただきたい。私は全責任を負います

・・・・・・・・・・・・

 明治大帝へ忠義を尽くした乃木大将に愛情を注がれて育ち、先の大戦では、まさに自らの御命を懸けて占領軍から日本国民をお守りくださった先帝陛下のお誕生日は、そのお人柄を讃えるかのような日本晴れの澄み切った青空です。

 昭和の日の良き日に、国旗日の丸を天高く掲げましょう。

開く コメント(8)

大阪から“ブツ”が届きました^^

 ブログ友で、大阪府在住の憂国の志士である、鉄人軍団様から“ブツ”が届きました。

イメージ 1

画像は拡大しよります(鉄人さん風^^)

 どきどきしながら箱を開けると・・・

イメージ 2

 wwwwwww
 かみさんは「ヤダ〜〜〜」、なんてカマトトぶったりなんかしてるw

 鉄人さんの記事で見掛けたなぁ^^
 お約束の包装。
 このあと『20のまちがいさがし』を真剣にやっているおやぢw

 どきどきしながら包装を除けると、

イメージ 3

 旬の「タラの芽」と、河内産ワイン、河内もなかの豪華詰め合わせ。

 そこらへんの農産物直売所や野菜村あたりじゃ手に入らないタラの芽はもちろん、飲んだことがない河内産ワイン、大阪府認定の「名品」である河内もなかと、大変ありがたいものをいただきました。鉄人様、本当にありがとうございました。

 明日の晩あたりは、ワインでもやりながら、季節の味を揚げたての天ぷらでいただきましょう^^

 ブログでお知り合いになった友の御厚情に感謝しなければなりません。
 「恩を受けては忘れんようにし」といいますが、これはお返しが大変だぁ^^

・・・・・・・・・・・・

【追記】

 勤務先から帰還後実食、追加報告です^^

イメージ 4

 先ずは、一個だけ残っていた(残してくれていた)大阪府認定品の河内もなか。
 ぶどうのほのかな味がして、甘さ抑えめで酒飲みにはいいですねぇ。

 そして、メインのタラの芽の天ぷらです。

イメージ 5

 かみさんが揚げた、ころもが極少、素揚げが素材の味を最大限引き立てていましたよ^^

イメージ 6

 我が郷土の北部、猟場でもある大子町ではコシアブラやタラの芽は4月下旬が旬ですが、それらに負けないプリプリ美味しいタラの芽です。
 我が父親も絶賛していましたので、間違いありません。

 河内ワインは飲みきれませんので、月末に予定しているBBQの時に皆でいただきたいと思います^^

 改めて、結構なものをいただき、鉄人軍団様には感謝申し上げます。
 とっても美味しくいただきました^^

開く コメント(12)

奉祝 紀元節


奉祝 紀元節

イメージ 1


 *******

 長い歴史の中で、我が国は、幾度となく、大きな困難や過酷な試練に直面しましたが、その度に、先人たちは、勇気と希望をもって立ち上がり、たゆまぬ努力により今日の平和で豊かな国を築き上げ、自由と民主主義を守り、人権を尊重し、法を貴ぶ国柄を育ててきました。国民一人一人のたゆまぬ努力の礎の上に、今日の我が国の発展があります。

 私たち今を生きる世代には、こうした先人たちの足跡の重みをかみしめ、困難な課題に対しても未来志向で乗り越えていく努力を積み重ねながら、この尊い平和と繁栄を次の世代に引き継いでいく、日本、そして、世界の平和と繁栄のために能う限りの力を尽していく大きな責任があります。

 伝統を守りながら、同時に、変化をおそれることなく、より良い未来を切り拓いてまいります。「建国記念の日」を迎えるに当たり、私はその決意を新たにしております。

平成29年2月11日

・・・・・・・・・・・・

 2677年の歴史ある日本に、日本人として、今日の日も生き永らえていられるのは、幾多の苦難を乗り越えて良い国をつくってこられた先人と、その時々にあって、すべての民を慈しむ天皇陛下がおられたからです。

 我が国の首席宰相が述べられるように、偉大な先人に恥じないようにと思い、そして天皇陛下に感謝を捧げながら、紀元節の良き日に日の丸を掲げます。

開く コメント(4)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事