ふげつの近況報告

ちょっと書きたくなりました

陶芸祭りに出ます

越前焼 陶芸祭り に出店します
とき  5月26日(土)〜28日(月)
ところ 越前陶芸村 茶苑内にて
 
今年も恒例の陶芸祭りが開催されます。
弊社も、茶苑にて販売いたしますので、遊びに来て下さい。
 
何年前だったか忘れましたが、陶芸祭りの日に台風がきて、
大変な時がありました。今年は、お天気がよさそうです。
楽しく過ごせるといいなあ〜・・・と、思います。
 

この記事に

開く コメント(0)

樹脂製茶せん

樹脂茶せん

樹脂茶せんを考案し、製造しはじめて3年・・・

竹のようなしなやかな穂先、
穂先が切れず、丈夫で繰り返し使える茶せん
簡単に分解して根本まで洗うことができる構造
などなど・・・職方と検討しながら、樹脂で出来る最高の茶せんをめざし
製品化してまいりました。

10日程前、問屋から中国産の同じような茶せんが販売されているとの
連絡が入りました。
なんと・・・残念な事です。
その茶筅は、同じような構造でも樹脂はかたく、心が見えません。
二番煎じは得とか言われる方もいらっしゃいますが・・・
ものつくりをしている者にとっては、ただただ悲しいことです。

産みの苦しみは、並大抵ではなかったので、ショックはありますが、
ふげつの樹脂茶せんは、自信をもってお届け出来ると、確信しています。

この記事に

開く コメント(0)

風炉替え

風炉の取り替え
 
茶会を控え、風炉の灰を取り出さなければいけなくなりました。
鬼面風炉の灰は足の部分に灰が入り込み、取り出すのに時間が
かかります。出来るだけ足に入り込まないように灰を入れたつもりなのに
取り出すと、しっかりと入っています。(ガッカリ)
少しの灰なので、あきらめれば良いのだけど、ついつい勿体なく思い、
筆でかきあげながら取り出しました。
 
風炉を変える度に灰を入れ替える・・・結構面倒なことです。
 
例年この時期になると、しめし灰を作りますが、今年は昨年の灰が
まだあるので、作らないでおこうと思います。作らないと決めると、
内心、楽です。これではダメなんですが、少しづつ歳を重ねると、
体が重たくなり、動きがのろくなります。
簡単に出来たことが・・・時間がかかり、
楽しんでしてきたことが・・・苦痛に思うようになる
今日の心境です。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

愛犬

 愛犬 = プー
 
可愛い・・・可愛い  うちの愛犬=プーさん  16歳
終末期をむかえています。
 
自分の力で立てなくなって3日目
横たわりながら、私の顔を見るとしっぽを振り、
顔をあげる・・・愛しいプーさん
スポイトで水を飲ませ、ありがとう・ありがとう・・・と言って
頭をなでると、静かに目を閉じます。
明日までもつだろうか??
 
生あるもの、死に向かい生きている
七夕の夜、良いところに召されますように
只々祈ることしかできない無力な私です。
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

九州豪雨 
 
亡くなられた方へ、ご冥福をお祈りいたします。
行方不明の方は一刻も早く救助されますように・・・
 
豪雨になると、平成16年7月18日(日曜日)の福井豪雨を思い出します。
 
豪雨の日
朝7時・・・雨が強いなあ〜、こんな雨の日に部活をするの??と
言いながら弁当を持って娘を中学校まで車で連れて行きました。
雨の強さがあまりにも長く続くので、工場の裏山の谷川を見に行き、
じっと川を眺めていると、急に泥水が流れだし、見る見るうちに
小さな川が溢れ、道に泥水が流れ出します。
山が川となっていく様子に、慌てて工場に水が入らないように
工場の周りに置いてある材料を運び、積みますが、材料の隙間から
水が溢れ出てくる・・・工場にあった布やじゅうたんを持ち出し
材料を覆い水が入らないようにしました。
道を川になるようにしたので、工場への水の浸入は最小限に
することが出来ました。火事場の馬鹿力とでもいうのでしょうか・・・
必至の時には普通では考えられない力がでるものです。
 
九州豪雨をテレビで見ながら、自然の前では人間の力は無力で
只々通り過ぎるのを待つしかない・・・
 
なぜ、近年このような豪雨が多いのか?
一人一人が考えてみなければいけないのではないでしょうか?
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事