徒然なる all over the World

書庫の◆マークが南ア、★が米国、●がその他の外国、○が日本関連記事となっております。

クジラ漂着劇 空・海模様180 (10月29日〜31日’18)

クジラが漂流しているのが発見されたのが 10月28日(日)
偶然にも、我々はアムシュロッティのビーチで漂っているクジラを見かけたのだが (その様子は こちら)、道路がそばに走っていないアムシュロッティのビーチの南の方に流されて行ってしまった。
もともと、10月28日にスタンガーの沖で発見され、沖まで曳航され遺棄されたのだが、あいにく風が非常に強く、また岸沿いまで押し戻されて漂っていたのを我々が見ていたということが翌日の新聞でわかった。

10月29日(月) 朝6時半頃

イメージ 3

プロムナードを歩いていると、海岸にプカプカ何かが浮かんでいる。気付いている人もあまりおらず、プロムナードから見る限りでは、クラゲか何かかな?と思っていた。

イメージ 4







ちょうど、埠頭の近くを漂っていたので、埠頭から見下ろすと、クラゲではなく、巨大な巨大な腸???





この日の朝、アムシュロッティの南のビーチに打ちあがっているのが発見されていた。

イメージ 2
イメージ 1






















漂着した海岸には、道路がそばにない為、砂浜が走行可能な車両しかそばまで行くことが出来ない。その為、海岸で運搬しやすいように切って、道路沿いのトラックまで運び、処理することとなった。
しかし、日没に伴い、作業は中断して翌日に持ち越された。


イメージ 5
10月30日(火) 
6:40AM

プロムナードを歩くと、波間に何かが浮いているのが見え、埠頭からもギャラリーが。
前日に解体しかけていたクジラは、また強風と満潮の為に、尻尾などがカットされた状態で、波にさらわれ、再び海を漂流し、なんとなんと、アムシュランガビーチまでやって来ていた!!

イメージ 6







こともあろうに?よほど目立ちたがり屋さんだったのか?アムシュランガのピアと灯台との間、5つ星ホテルのビバリーヒルズホテルの前に漂着。

結局、この日もアムシュランガビーチでの作業は進まず、持ち越され、周囲には結構強い匂いが漂って存在感を現していたとか。。。










イメージ 7
10月31日 






6:05AM










イメージ 8




前々日にアムシュロッティのビーチで解体すべく背中に背開きのように切れ目を入れた状態で漂流していたので、相当お肉は食べられてしまったのか、ずいぶんしぼんでしまった状態だったが、、、
左側には口らしきものや、アムシュロッティで切断された尻尾の断面なども見える。






イメージ 9






5PM頃、解体を終えて、パーツが未だ残っている海岸を綺麗に掃除していた。
昼間は出かけていたので、その解体の様子などを見ていなかったのだが、見ていた友人曰く、チェーンソーなども活躍していたとのこと。






イメージ 10





巨大なあばら骨







イメージ 11

巨大な骨が置かれていて、これひとつを乗せるのにも3人がかり。トラックの荷台がこれでいっぱいになった。
クジラの肩甲骨。
大きなヒレを動かす肩?の辺りにある。

イメージ 12









イメージ 13







体長15メートル、重さ約20トンの大人だったとのこと。

アムシュロッティのビーチで、死因について検証されたが、既にサメなどに食べられている部分が多く、死因を特定することは出来なかったのだそう。
また、漂流しているとサメなどが寄って来ることから、ビーチは遊泳禁止となっていたが、漂着後も勿論、遊泳禁止。
しかし11月5日になっても、未だクジラの脂などが海上を漂っており、通常よりも多くのサメなどが来ていたことから、遊泳禁止が続いた。



このクジラが漂流しているのが発見された10月28日からこの騒動が始まって、撤去される31日までの4日間、ほぼ毎日同じクジラを見ることになった。
私の南ア滞在のクジラ観察は、4年前の8月初めて漂着したクジラを観に行った時から始まって(その様子は こちら)、今回の漂着事件までと、漂着クジラに始まって漂着クジラに終わったような・・・

その他の最新記事

すべて表示

アムシュランガの北、アムシュロッティ (アムドロッティ) Umdloti のビーチに車を停めて海を見ていた時なのだが、やや北の方の海にじっとしいる何かがあった。 船体が黒くて、上に白い荷物か何かを乗せたボートが停泊しているのかと思った ...すべて表示すべて表示

Doppio Zero

2018/11/15(木) 午後 4:29

サクッとお昼を食べに。 海老のパスタを R116 クリーミーなマスカルポーネソース。麺はフェットチーネを依頼。 結構しっかりお味がしていける。 以前このお店に行った時の様子は こちら ...すべて表示すべて表示

南半球の南アでは、10月は春。 鮮明な色合いの空に生えつつ水平線からくっきりと昇る冬の太陽とは異なり、まるでモネのような色合いとなる。 10月24日 水平線の辺りに雲があるが、昇りかけの太陽はやはり ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事