ここから本文です

書庫全体表示

大手銀行は、世間から批判の矢面に立たされましたが、「そのリスクも、織り込み済みだった」と、奥は回想しています。結局は、政府が全面的に支援して、東電を救済する再建計画がまとまり、大手銀行が債権放棄させられるリスクは、なくなりました。

東電が、国際競争力が保てる価格で電力供給できなければ、我が国の産業界は、生き残れません。「東電の社会的責任を全うさせる」という、大義のために、三井住友をはじめ、大手銀行は大きなリスクをとることを決断しました。リスクをどうとるかの経営判断力が、まさに経営者の価値を決めます。奥の「私の履歴書」は、「経営者を測る価値判断基準は何か?」を考えるための事例研究に最適でした。

それではまた。

山内一三 記

(弁護士山内良治 兄からのサンデイ毎日「日経新聞「私の履歴書 奥正之」にみる、グローバル時代の経営の意思決定の価値」その2 終わり)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事