ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

「個人が社会のルールを違約した時には懲罰を与えて、しっかり遵守したときには、奨励策を与える制度を作り、それを全面的に機能させる」と明記されています。まず具体的な「奨励策」については、2018年6月から国家発展改革委員会が中心となり、検討しています。

「高い社会信用格付けを持った人には、役所、国営企業などにおいて、公的な手続きが簡素化されて、さまざまな便宜を受けやすくなります。たとえば、「銀行などのローンが、迅速に優遇金利で借りれる」、「内外の旅行手続きや、様々な事前審査が簡素化される」、「事前の保証金支払いも免除される」、「迅速に病院の診療が受けられる」などです。

中国では、公的機関での手続きは煩雑で、長時間待たされたり、若干の不備で何度も往復を余儀なくされるのが、日常です。が、高格付けの信用の人は、優先的に審査を受けたり、ネット上で手続ができます。一方、「懲罰」に関しては、比較的早い段階から試験運用が始まっています。中国では「法律で定められた義務を履行できる能力を持っているのに、履行しない人」を「信用失墜被執行者」の烙印を押し、中国語で借金を踏み倒す人のことを指す「老頼(ラオライ)」と俗称で呼ばれています。

(つづく)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事