よもやま日記

季節の花や、出来事、郷土の歴史等をUPしてゆきます。

全体表示

[ リスト ]

木曾谷を支配していた木曾氏が、旭の地を支配するようになったのは、今から約400年もの昔である。其の支配期間はきわめて短いものだったが、いまだに其の面影を伝える遺跡や遺墨があり、旭の地名の由来ともなって市民生活に溶け込んでいる。
この戦国武将木曾義昌公にまつわる1ページを御覧下さい。

イメージ 1

  木曾義昌公の銅像(千葉県旭市網戸、木曾義昌公史跡公園)

木曾義昌の栄光


木曾義昌は、天文9年(1,540年)木曾福島城主木曾義康の長男として誕生、幼名を宗太郎と呼ばれていた。

当時、木曾の豊富な美林と交通の要所を押さえていた木曾氏ではあったが、その弱点は、山国であったために水田と領民が少なかったことである。水田と動員兵力を確保するためには、松本平や三河地方への進出が課題であった。しかし、周辺隣国はいずれも強国であったので、義昌の生涯の大半は、隣国との駆け引きと戦いに明け暮れた日々であった。

弘治元年(1,555年)隣国の武田信玄が来襲してきた、木曾氏はこの戦いに敗れ、義康の娘 岩姫 を人質として武田氏に渡した。木曾氏は源義仲の流れを汲むと称する木曾の名族であり、美濃と信濃の国境の重要地域を押さえていたため信玄は、義昌に三女の 真理姫 を娶わせて親族衆として遇し、木曾氏は武田氏の力を背景に次第に支配力を木曽谷に確立していった。

その後、信玄の時代は忠実な家臣として活躍したが、その子武田勝頼とは仲が悪く、義昌は武田氏から命じられる軍役負担の尋常ならざる重さと、勝頼の人望の無さから、織田信長の誘いに応じ、織田信忠(信長の長男)に弟の上松義豊を人質として差し出し、織田氏に寝返った。

義昌に不信感を抱いていた勝頼は、義昌の謀反を知らされると、これに激怒し従兄弟の武田信豊(信玄の弟・武田信繁の子)を先手とする木曽征伐の軍勢5000余を先発として差し向け、さらに人質の岩姫を見せしめのため処刑した。そして勝頼自身の軍勢1万5000余も出陣し、木曾に攻め込んだが、義昌は織田信忠の援軍を得て、鳥居峠で武田の軍勢を撃退した。

其の年勝頼は、織田信長の軍が甲斐の国へ攻め入ったため、新府城を捨てて天目山に走り、そこでさしもの武田氏は滅亡してしまった。

義昌は織田信長より、深志城(後の松本城)を与えられ、信濃の国筑摩、安曇の領主として君臨することになった。ようやくにして水田の広がる松本平を手中にした義昌は、信濃の豪族としての道を歩み始めたかのように見えた。

ところが其の年6月、後ろ盾と頼んだ織田信長が明智光秀のために本能寺で打たれてしまい、義昌は反対勢力によって深志城を落とされて木曾へと追い返されてしまった。

そこで義昌は、木曾を確保するために打った手は、徳川家康と誓詞を交わして徳川氏の陣営に加わることだった。しかし新興勢力の羽柴秀吉の将来性を買ってか、徳川氏との誓詞を破って羽柴氏の陣に加わり、小牧山の戦いには徳川氏に敵対して、徳川氏の軍勢の移動を阻止した。

やがて、羽柴氏と徳川氏が和睦をし、羽柴秀吉は天正14年(1586年)1月、太政大臣になり豊臣秀吉と称し、全国支配を成し遂げた。秀吉は関東、信濃を徳川家康に譲ったために、義昌は徳川家康の傘下に入らざるを得なくなった。
ここから木曾氏の悲劇が始まった。

木曾義昌悲劇の晩年


木曾義昌と同時代に歴史の舞台に登場した人々のうち、最後の勝利を得たのは徳川家康である。武田信玄は戦野に倒れ、その子勝頼は天目山で自刃し、織田信長も本能寺で自刃してしまい、豊臣秀吉の子秀頼は大阪城の炎の中で滅亡してしまう。
木曾氏も又、その子義利の時に廃絶されてしまった。

天正18年(1590年)秀吉は小田原城の北条氏を征服して全国統一を果たした。この小田原城攻略に木曾義昌は病床にあり参加せず、代理として14歳の長男 仙三郎義利を参加させた。だが、義昌の不参加は疑惑の目でみられ、秀吉や家康の不信を買ったのがやがて廃絶される原因の一つとなったのであろう。

豊臣秀吉の命により徳川家康の配下に組み込まれた義昌は、天正18年、下総国阿知戸1万石(現千葉県旭市網戸)へ移封され、木曾谷の領地は召し上げられてしまった。

この地方を治めることになったが、山国から潮騒の地への移転である。当時の阿知戸は椿の海の水際の葦の茂る低湿地で、山林の木曾とは正反対の地、ここに移されておそらく義昌は途方にくれたに違いない。阿知戸1万石は明らかに大きな左遷である。

義昌は、天正18年12月、下総国三川村(現旭市三川)の福蔵寺に入り、一部の将兵は東園寺に入った。そして翌年千葉氏家臣の廃城だった阿知戸城を修復して移った。南東と南西に重臣の屋敷を配置して、城の南には市場が開けるように町づくりが計画された。

文禄2年(1,593年)木曾から禅僧悦堂が来て、城の東一角に東漸寺を創建して木曾家の菩提寺とした。ここに義昌と夫人万里姫の供養墓がある。(後に真言宗に改宗。)

イメージ 2

東漸寺正門

イメージ 3

東漸寺この右奥に供養搭がある。

イメージ 4

東漸寺にある木曾義昌公の供養搭、右は木曾家代々、左は夫人万里姫の供養搭と思われるが確証はない。

その後義昌はおそらく病気のために家督を嫡子義利に譲り阿知戸城で晩年を送ったのであろうが、文禄4年3月17日波乱に富んだ生涯をこの地で終った。

思えば武田信玄、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉らの戦国英雄に囲まれ、耕地の少ない木曾谷を地盤にして様々な策を講じながら勢力の保持を図って生き、遂には追い詰められて下総の地で世を去らなければならなかったのは残念であったろう。
結局、義昌は下総国阿知戸城で失意のうちに世を去り、椿の海に水葬されたのである。

木曾から来た戦国武将(2)へ続く

閉じる コメント(2)

顔アイコン

義昌公はまさに、波乱の生涯を旭で終えられたのですね。
悔しい思いで晩年をすごされたこと、残念です。
こうして、歴史の一ページを垣間見ることができると、本当に感慨深いです。勉強になります!

2007/8/23(木) 午前 0:12 [ aju*i*an*110 ] 返信する

顔アイコン

お早う御座います。遠いスウエーデンからのコメント有難う御座います。旭の歴史の1ページ御覧下さいまして有難う御座いました。此れからも時々更新いたしますので是非お立ち寄りください。お元気で!

2007/8/23(木) 午前 9:23 nagarebosi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事