毎日長崎人 ← 週末長崎人

長崎在住の政策クリエーター・橋本剛による長崎関係モノローグ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

如己堂と乃湯

イメージ 1


 土日も動き詰めだったので、昨日は午後を自主休業?し、ダイアモンド☆ユタカの夏休みレポート取材に同行。原爆投下後も浦上天主堂近くの「如己堂」(にょこどう)で旺盛な執筆活動を行い、43歳で他界した永井隆博士の生涯をたどる記念館と現地保存されている如己堂を訪ねました。

 同館に置かれていた、タイピント印刷さん出版の漫画(長崎原爆の記録)を眺めていると、人々が川に折り重なって死んでいた光景などに混じって、防空壕の入口に転々と「黒くて丸いもの」があるというシーンが出てきました。

 それは、この漫画の元になった手記を書いた方がその直前まで一緒に過ごしていた友人・同僚たちの最後の姿だったそうです。この「黒くて丸いもの」になってしまった人間の姿、というものはこれまであまり聞いたことがなかったので、強い印象を受けました。

 以前このブログでも「影」だけ残った人間のことについて触れたことがありますが、止まった時計、ゆがんだ水筒、(非人道的ですが、それでも原形を留めている)黒焦げの人や馬の死体よりも、「異形のものになってしまった人間の姿」こそ核兵器の反生命性を糾弾しているように思えます。

 しかし暑い日でした。日が陰り始める帰り道、山里中学校前の銭湯「徳乃湯」に寄り道。長崎北高同級生のご実家で、同級生の家に遊びに来ていた高校生の頃以来、30年ぶりです。親父様もお元気そうで何よりでした。

 かつて100軒近くあった長崎市内の銭湯は、今や7軒とのこと(孔子廟横日栄湯、徳乃湯、稲佐、片淵、西山、それと茂木に2軒)。銭湯が決定的に減ったのは、私は内風呂の普及かと思っていたのですがそうではなく、自治体の老人福祉センターや老人憩いの家などの公的施設で入浴ができるようになったことが大きいようです。

 国の制度でこういう公的施設の建設・運営がサポートされているのだとは思いますが、60歳以上の方々を社会の他の構成員と切り離して囲い込む手法よりも、子どもから壮年、高齢者までが分け隔てなく利用できる銭湯のような社会的存在を活かしたほうがよかったように思えます。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


昨日市議会一般質問を終えました。

Yahoo!ニュースや地元TV局(NBC)が報じた質問について、報道のため短くまとめると受け取るほうに少しニュアンスが違って伝わるように感じたので、長いですが記しておきます。

もっとも、長いですけど、これで全体の「1/5」です。

一番ギリギリやったのは市庁舎と市役所の未来の姿についての質疑のほうでした。どこかで記せればと思います。

以下の「市長の海外出張」と「国際会議」は、ひとつながりの質問でした。

-----------------------------------------------

● 市長の海外出張が多いという声をよく市民から聞きます。

● 行くべきではないとはいいませんが、市民には目的や効果が伝わっていないと思います。実は私もよくわかっていません。

● 今期、直近3年間でかまいませんので、市長の海外出張の費用対効果を教えてください。

● 海外の会議にでるばかりではなく、長崎に国際会議を誘致するほうがより重要だと思います。現在、海外の会議に出るほどのエネルギーをかけて国際会議の誘致は行われているのでしょうか。

● 例えば2019年に日本で開催されるG20サミットの関係閣僚会議などは、長崎市でも開催可能なものだと思いますが、誘致には取り組んだのでしょうか。また、今後国際会議の誘致にどう取り組んでいく考えかお聞かせください。

-----------------------------------------------

これに対する答弁は、以下のようなもの。(質問事項ヒアリング時資料から再構成)

● 海外出張は目的や内容を踏まえ効果を十分精査した上で実施を判断。
● 過去3箇年の実績は平成27年度4回、平成28年度2回、平成29年度5回。

【参考】
H27 
①アメリカ(NYとDC、NPT検討会議→注:私が事務局をしていた現代能「長崎の聖母」NY公演にも訪問。田上市長、ありがとうございました(^_^)。私はチーム2020立ち上げで行けず(T^T))
②ドイツ(ボン。ユネスコ世界遺産委員会。明治日本の産業革命遺産決定時)
③アメリカ(セントポール。姉妹都市60周年)
④ベルギー・オランダ(平和首長会議理事会、KLMへのトップセールス)

H28
①シンガポール、ベトナム各市(トップセールス、夜景サミット)
②イギリス(アバディーン、エジンバラ。ワールドカップラグビー事前キャンプ実施調印、友好都市アバディーンとの交流)

H29
①オランダ(ライデン、アムステルダム等)とウィーン(市民友好都市ライデン訪問、NPT)
②香港(トップセールス)
③アメリカ(ニューヨーク)核兵器禁止条約署名式
④ベトナム(ホーチミン、ホイアン。御朱印船寄贈セレモニーとトップセールス)
⑤ノルウェー(オスロ。ノーベル平和賞授賞式出席)

● 出張旅費総額は約980万円。

● 用務は、NPT(核拡散防止条約)再検討会議等平和関連会議への出席/姉妹都市・市民友好都市への親善訪問/外国人観光客誘致のためのトップセールス等

● 平和関連会議では被爆都市の長として出席し核廃絶への取組を加速させるきっかけにつながる。

● トップセールスは各地の旅行会社で新しい旅行商品を造成、誘客につながる。

● 今後とも精査し効果を高めるよう取り組む。

● G20サミットの開催では長崎市は関係閣僚会議の誘致活動を行っていない。

● 運営誘致の専門事業者からは、MICE施設と高級ホテルを備えた交流拠点施設が整備されることが施設要件と言われている。

● また、県と協働し早めに政府に働きかけ情報収集の上誘致可能な会合を見極めて対応することで開催地に選ばれる可能性が高まるとの意見。

● 長崎でもこれまでパグウォッシュ会議やUNI世界大会など国際会議を実施。

● しかし、施設面の問題から分散会場とならざるを得ないことなどが要因で開催頻度は低い。

-----------------------------------------------

これに対し、私からは、再質問として、以下のような事項を問いかけ。

● 海外出張は行っていいと思います。せっかく海外に行くなら、国際会議の誘致につながるような働きかけをすべきです。

● NPT再検討会議か何かで議会中に海外出張するというとき、議会運営委員会で「国連事務局や日本代表部に行くなどして色々働きかけをしてきたらどうか」と提案しましたが、何かやっているのでしょうか。

● (MICE施設に関する長崎市役所の資料に書いているとおり)国際会議の誘致は行政が頑張る必要がある事項。他方、旅行商品の造成のトップセールスはわざわざ市長がやらなくてもよいのでは?

● 施設の整備がないと国際会議が誘致できないというのは事実に反する。G20の関係閣僚会合は、例えば愛媛県松山市(=都市規模として長崎市と同じ中核市レベル)でも開催されます。

● メイン会場と想定されている「ひめぎんホール」は高級ホテルとセットになっているわけではないですし、そもそもこのホールで開催するかどうかも確定していません。

● むしろ、会場とは関係なく、開催地が決まっています。これは首長のリーダーシップによりひっぱってくるものであり、MICE施設がないから(選考に)ひっかからないのだという認識は事実と反していると思います。

● NYの国連本部で、公海における生態系の条約会議が始まっています。

● 温暖化に関する会議は京都で開かれ「京都議定書」ができました。

● 遺伝子組み換えについてはコロンビアのカルタヘナで開かれ生物多様性条約の「カルタヘナ議定書」ができました。

● (海から生まれた都市である)長崎でこの条約会議が開かれ、合意されれば、それは必ず「長崎議定書」と呼ばれ、世界中に知られることとなります。ぜひ取り組んで頂きたいです。

● 市長の海外出張での誘致活動が成功することを祈ります。

-----------------------------------------------

最後は早口ではしょっていったので何言ってるのかわからなかったかもしれません。真意はこういうことです。

確か市長からの答弁は「海外出張は目的を持って行っているので、その目的に専念したい」というような回答だったように思いますが、私はせっかく遠地まで行くなら、可能性がありそうなところを行脚してもいいのにな、と思います。

今年行ったはずのイタリアではローマ教皇に謁見してますが、ローマには国連食糧農業機構
(FAO)の本部があります。こことか働きかけをしてもいいように思います。

余談ですが、先日長崎に来られた徳川宗家19代目の徳川家広さんもかつてここに勤務しておられました。

海外出張自体は問題だと思っていません。むしろ、海外出張はばんばん行っていいと思います。

そもそも、被爆関係でなくても、国境地帯の都市なのだから近隣に外国都市が多いので、東京出張と同じくらい上海香港シンガポールがあってもおかしくないと思います。

問題はその成果がみえにくく、費用負担をしている市民に伝わってないことだと思います。

-----------------------------------------------

今議会ではMICE施設に関することを本会議で聴けない仕組みなので、議会での議論では触れませんでしたが、担当の方々に述べたこと。

● MICE施設の建設は長崎の未来にとって大事だと市役所が力んでも、市民は懐疑的。

● そんな中、目の前の国際会議の誘致すら動いていないなら、MICE施設が必要だと感じないはず。

● 「国際会議の誘致に頑張ったけれど、施設要件で先方からダメ出しを受けた、それが何度も続いた」というような「事実」の積み重ねがあって、初めて市民に「どうやら施設は必要そうだな」という理解が広がり、市民の負担による施設建設が可能になるのではないか。

-----------------------------------------------

長崎のMICE施設については、驚くほどほとんど議論がないまま、是非が間もなく決まろうとしています。

環境経済委員会に所属する10人の議員による来週月曜から4日間(うち何日間がMICE施設になるかは不明)の論議が実質的に今後を決定します。

(環境経済委員会のメンバー表はこちら。総務委員会、教育厚生委員会の次に出ています。)

この記事に

開く コメント(1)

イメージ 1


昨日から長崎市議会は一般質問が始まりました。

MICE施設関係は予算案が環境経済委員会で審議されるので本会議では論じないことになっています。

ですが、様々な質問を聞いていると、言葉の端々に、各議員が気にしているのを感じます。

ところで、MICE施設についての課題は、MICE施設の是非とか経済性だけを論じても結論が出にくいものです。

① MICE施設単体でみたときの経済性

→ これは黒字にはならないことがわかっていますが、元々公的資金を投じるのは黒字にならないけれど必要な施設=市民会館や運動場=ですから、これはどういう大義名分があるかに尽きます。

② MICE施設が他の施設と重複しないか

→ 投資の効率性:三菱重工幸町工場跡地のアリーナとの重複がこれに当たります。

③ (②で重複する場合)交流拠点施設としての緊急度・重要度

→ 忘れ去られていますが、元々交流拠点施設用地の使い道については、

・食の発信基地
・歴史文化
・子どものための施設
・教育機関誘致(サテライトキャンパス)
・MICE施設

などを比較検討し、市役所のほうでMICE施設と決めた経緯があります。

MICE施設に重複が生じ緊急度が下がったら、「他の案のほうが良かった」となるかもしれません。

④ 中長期的財政への影響

→ MICE施設は通常管理費用の公的負担がないので、おそらく新市庁舎などと比べると「単体で見たときの財政への影響」は限定的。

ただし、新市庁舎などと合わせた大型公共事業全体では、相当な影響が出てくると思います。

ざっくりみても、こういった①〜④という異なった論点があります。

①はどう説明するかの話(私は市民利用を主軸に据える部分を作るしかないと思っています)、

②と③は今回の三菱重工幸町工場跡地の都市開発を受けて、ちゃんと第三者的に再評価しないといけないことだと思います。

MICE施設の是非は横に置いておくと、長崎市の財政にボディブローのように効いてくるのは、今注目が集まっているMICE施設よりも新庁舎だろうと予測しています。

こういうふうに他の争点に隠れて見過ごされながら進む案件が一番リスクがあります。

将来人口予測(人口激減)に反して、現在の職員が全員入り、市民が証明書発給を待つスペースを広げるなど、昭和の延長のような発想でつくられるので、将来時点から見てかなり過剰なものができあがります。

今年の臨時国会に政府が「デジタルファースト法案」を出す方針です。

「市民が市役所の受付で住民票の発給を待つ」というのが牧歌的な昔の話になるのがもうすぐ目の前まで来ています。

こちらは、税収が順調に伸びたとしても、人口減少で「基準財政需要額」が減り「標準財政規模」も減ります(これは総務省が基本は人口をベースに、必要額を定め、割り出します)。

この結果、国から来る「交付税交付金」の額(これは基準財政需要額から基準財政収入額=税収見通しの一定割合=を引いた額だと思えばだいたい正しいです)が減少し、使えるお金は減ります。

長崎市の人口は現在の42万人から2040年には30万人ちょっとまで減ると予測されています。

そうなると、現在の秋田市とかと同じ水準なので、現在の長崎市より、一般財源(基本は税収+交付税交付金の合計)が毎年約300億円ぐらい減ることとなります。

長崎市役所は職員数は将来にわたって減らないと主張し続けているので、収入が激減する中で職員数だけは横ばい(人口当たりの職員数は激増)。

全体収入が減る中で人件費が重くのしかかってきます。おまけに庁舎は大きく作っているので、維持管理費が余計にかかります。

MICE施設をめぐる話が盛り上がっており、それはそれで議論を尽くさないといけないのですが、より深刻な問題を見過ごしてはならないと感じています。

【新庁舎基本設計】

この記事に

開く コメント(1)

イメージ 1

長崎空港から出島オラニエ祭に直行。例年この日はオランダ王室にちなみオレンジ色のものを身につけているとフリーで出島に入場できます。

ですが!

窓口で「今年からその仕組みはなくなりました」とのこと!そんなの市議会にいる私ですら知らないぐらいだから、ほとんどの人は知らないのでは?私が不勉強なのかもしれませんが…。

出島で待ち合わせ予定だったダイアモンド☆ユタカたちはオレンジ色の服で来てましたが、それを聞いて入場を断念。同じように諦めた方々、けっこう多かったのでは…。

聞くと、広報ながさきでは周知してたそうです。しかし、ぱらぱらっと広報紙をみていてもよくわからなかったのが正直なところ。

せっかくオラニエ祭はオレンジ色でフリー、が浸透し始めたところだと思ってたので実に残念。これは再開すべきです!それに、出島は広報ながさきで市民に周知すれば足りるものではなく、全国区の観光地として特段の配慮が必要だと思います。(オレンジ色のものを身につけて来場したリピーター観光客がいたら、さぞかしがっかりしたことでしょう。)

私は年間パスポート(入場料より300円高いだけです)があったので通り抜けました。会場でお目にかかれたオリーブ研究会の皆さん、ありがとうございました!

この記事に

開く コメント(0)

(場所取り)

場所取り

この記事に

開く コメント(0)

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事