水海道造形教室

[ リスト | 詳細 ]

水海道造形美術研究所が開いている絵画・工芸の教室です

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

11th 水海道造形教室展の詳細UPしました。
例年開催しております水海道造形教室展も早いもので、11回展を数えることと
なりました。昨年(2013)12月12日(木)〜15日(日)の4日間 水海道生涯学習センターで開催いたしました。多くの方々にお出かけいただき感謝申しあげます。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
SHOPの面積を50%増しにしましたので、好評でした。
イメージ 4
 
本年作品の一覧です。次のサイトからお入り下さい。
イメージ 5
 
 

開く コメント(0)

水海道造形教室Blog(http://nagataya-blog.nagataya.jp/)での紹介とダブりますが、
こちらのサイトにも載せたいと思います。
当教室の講師である息子がこの春から母校東京藝術大学油画科の美術研究助手になり
多忙さ故にblogの描き込みが少なくなってしまいました。
親父である私が老骨にむち打って頑張って参ります。
よろしくお願いいたします。
 
今年の夏は本当に暑いですが、教室メンバーは頑張っています。!!
 
初めての経験の牛骨を含んだモチーフを30号に。
描き込みも大分進んできました。
バックの彩もいいですね。描写力のある方ですから、
高度な完成度が期待出来ます。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
狐の頭骨のデッサン。いい感じです。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを元に、物語性を加えての油彩の表現をスタートです。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絵具による直接のデッサンも良い感じですネ。
完成が楽しみです。
 
 
現代の建築は冷たい感じがありますが、
それはそれで面白いかと。
守谷駅の風景らしいですが、おしゃれな画になるかも。期待が弾みます。イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中学2年生の鉛筆自画像です。
とても秀逸な出来映えですね。
彩もとても素敵です。良い成長が見えますネ。イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナイーブな感性がとても良く表現されています。
真逆光に近い光の取り方で、
とても難しい制作に取り組んで居られるので大変です。
良いかんじですね。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
競作は互いに大変ですが、作風が全く違いますので
それぞれが余り意識しないですむでしょう。
いつもの素敵な絵画表現に、この一枚も加わるでしょう。
完成が楽しみです。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎年、水海道造形教室では、年末に水海道学習センター第一展示室で教室展を
開催して来ておりますが、今年はメンバーが比較的 大作に取り組んでおりますので
充実した展示会になると思っております。BlogでもNEWSを載せてまいりますが
今年は12月12日(木)〜15(日)に開催いたします。是非お出掛け下さいませ。
 
頑張って取材をします。
ご期待下さい。
 
 
水海道造形教室
常総市水海道本町2618 TEL0297-22-0414
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

水海道造型教室のお知らせ
しばらくご無沙汰してしまいました。
今年は本当に暑い夏です。しかし、教室のメンバーは頑張っています。
 
〝氷にガラスのうさぎ〟面白いモチーフです。
もう少しで完成になるのでしょうか。楽しみです。
イメージ 1
 
 
30Fのキャンバスは描き応えがあります。これからどのように進んで行くのか興味津々です。描写力の付いてきている生徒さんですから楽しみです。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり30Fの作品です。
生徒さんの明るい性格とおりに、画面が華やかで、素敵なベネチア風景
になっています。完成にはもう少しかかるでしょう。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逆光線の難しい題材ですが、頑張られています。
ナイーブな感性がすでに画面に溢れてきています。
どんな完成になるでしょうか。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さなモチーフの拡大表現はなかなか大変です。
良い小品になりました。もう少しで完成でしょうか。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中学生の描写力としては、極めて秀逸です。
しっかりした物と物との関係の表現にも、豊かなものが感じられます。
完成まではもう少しでしょう。期待しています。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大人の感性表現でしょうか、出自でしょうか。描き出しはやはりそうでしょう。
どんな完成に持っていくのでしょうか。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頭骨のデッサンは始めての経験だそうですが、さすがに素敵な感性が
見えています。もう少しで完成でしょう。いいですね。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メンバー全てをなかなか紹介出来ませんが、頑張って取材して
参ります。乞ご期待!!。
 
水海道造形教室
常総市水海道本町2618 TEL0297-22-0414
 
 

開く コメント(0)

「趣味で絵を描いているのですが、発表会等展示するときに、額縁の負担が大きくてね」と
よくお聞きします。そうですね。確かに。そこで一寸提案してみます。
イメージ 1
①ⅰ材料の調達は材木店等で裁断し、販売している檜、松等を選択して、キャンバスの大
   きさから計算して買い求めて下さい。幅3センチ、厚1センチ、長さは適宜。
  ⅱ曲尺を使用して、正確に切断して下さい。
  ⅲ接着は木工用ボンドを使用し、少し錐もみして、細釘で止めます。
②ⅰ幅木の購入調達も材木店等で、幅、形を選んで購入して下さい。長さはキャンバス枠
   より当然大きくなります。幅の寸法を考慮して、購入長さを計算して下さい。
  ⅱ止型定規(45度計測用)を用いて、正確に線引きし、細目鋸で当木倣いをし切断します。
  ⅲ接着は木工用ボンドを使用し、真田紐等でしっかりと締めて接着します。
③ⅰ枠と縁の接着は、枠に6ミリくらいの穴をドリルで開け、木ネジでしめつけます。

水海道造形教室
常総市水海道本町2618 TEL0297-22-0414

開く コメント(0)

絵画・工芸<漆芸、彫金、陶芸(随時開催)、アクセサリー>生徒募集
 
水海道造形教室では絵画・工芸を学びたい方を募集しております。
 
絵画は、学習センター創作室で、工芸は講師自宅教室で講座を開いております。
 
お申込みは随時受け付けております。
 
入会金:無料 
 
講習料:1回\2000 受講時間:約3時間(規定=2時間)
     休憩時間に手作りケーキ等で歓談していただいております。
 
講師:東京藝術大学卒及び同大学院修了出身 三名で対応しております。
 
内容:○絵画 < デッサン(鉛筆、木炭、その他)、水彩(各種)、油彩、>
    全くの基礎から、懇切に指導いたします。上達の肝はやはり基礎です。       
 
        ○工芸 < 漆芸 アクセサリーから日常使用する什器まで幅広く指導します。>
            < 彫金 アクセサリーから小物まで  幅広く指導します。>          
体験入会(一回=無料)にも対応いたしております。
 
イメージ 1
  
イメージ 2

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事