全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

<H1>出版の未来、学術出版の未来 その1</H1>


デジタル化、インターネット化によって出版はどう変わるのかということ、そうした環境の中で、どう生き延びるかというのは、ひつじ書房をスタートさせてから、ほとんど最初から大きな問題だった。現在、ひつじ書房の考えは、ネットも紙も両方を組み合わせた出版というものを目指している。棲み分けではなくて、棲み合わせという考えで出版の仕事をしている。

紙のメディアとしての特性を最大限にいかしつつ、ネット・デジタルのメディアとしての特性をも生かして、出版を行っていくという考えです。いたって、奇をてらわない、地道なものだ。自然体といってもいい。しかし、かなり、サバイバルを考えていて、考えすぎているけらいもあって、やり過ぎといえないこともない。あれもこれもやろうと手を出しながら、反省しつつ…。

1990年に創業した。80年代のお終い頃にパソコン通信というのがあって、PC-VANとか何だかいろいろな電機メーカーが、独自のネットワークを作っていた。PC-VANは、NECだが、富士通が日商岩井と組んでやっていたのが、Niftyserveであります。この時期、Niftyserveの使い方の本が書店には高く高く平積みされていた。そもそも、厚かったんですね。そして、いろいろなフォーラムという趣味や実益を兼ねたグループがあって、そこにアクセスして、情報を交換したり、趣味のことを話し合ったり、喧嘩したりしていた、というわけです。

今で言うとMixiのコミュニティのような感じですが、たぶん、ずっと活発だったと思います。Mixiとの違いはアクセスするのにお金が掛かったことです。パソ通はお金のかかる遊びだったのですね。アクセス料金の他に電話代も掛かりました。そうなんですね、電話、ADSLじゃないですよ、音声電話回線を使っていました。たぶん。フォーラムを作るのには、事務局の承認が必要でした。フォーラムの責任者になるのにも、事務局の承認が必要で、承認されるとアクセス量(おもに、ユーザーが接続している時間ですね)に応じて、お金が支払われていました。wndowsのフォーラムなんかは、主催社になると年間数千万手に入ったという話しでした。

私は、その中で言語のフォーラムと印刷のフォーラムと出版のフォーラムに入っておりました。もちろん、運営側ではなくて、一会員としてアクセスして、たまに質問やら雑談やらを書き込んでいたにすぎません。言語のフォーラムではロシア語の印刷方法を聞き、その結果、マックを導入することになり、(windowsマシンではロシア語がでなかったので)、DTPをはじめて、それで印刷フォーラムのお世話になり、本のことについては、出版関係のフォーラムのお世話になっていました。

そのころは、インターネットが全く普及していない時代で、絶版になった本などを共有しようというシェアテキストフォーラムというものにも少しお世話になっていました。古瀬さんはお元気なのでしょうか?

その時代はメールを送ろうにもNiftyserveの中でしか送れず、違うパソ通の人にはメールを送れなかった、という時代です。




続く

学術書の編集者の募集をします。

最初は、アルバイトとして半年ほど働いてもらい、それから社員として登用します。アルバイトの半年間は、どの業界でもそうだと思いますが、その業界で生きていけるかどうかを判断したいからです。まずはの一人前になるためには2年は必要です。2年間そのためにいろいろなことを経験してもらうことになるので、その2年間をお互いに無駄にしないことができるのかどうかをアルバイトの期間にみたいと思っているのです。早ければ3ヶ月となり、もう少し様子を見たいと思う場合は、半年で終わらないかも知れません。

ひつじ書房では、編集者見習いを募集します。年明けから、忙しくなりますので、できれば、1月から来ることができると助かります。

本を作って、売る側に回りたいという気持ちがある方なら、会社の組織構成から、20代の方を希望しています。出版については未経験で問題ありません。2009年3月卒の卒業見込みの方も含めて、ご応募ください。やる気と粘り強さがあれば、その人のペースで、一から仕事を教えますので、出版そのものの経験は、不要です。

編集だけではなく、売ったり、作ったり、宣伝・広報したり、出版全般の仕事をします。

情報はひつじ書房のホームページをご覧下さい。



                            担当者 松本功

開く トラックバック(7)

イメージ 1

日本語とジェンダー、在庫あります。

アマゾンで、在庫無し表示になってしまう本がある。オンライン書店といえば、アマゾンだから、たいへん困ってしまう。アマゾンの場合、法外な値段を付けたマーケットプレイス(古本屋さん)があって、間違って買ってしまうとかなり申し訳ないことになる。

http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/4894762749/ref=dp_change_lang/249-3199299-4019547?ie=UTF8&language=ja%5FJP

ブープルにてご注文下さい。

http://www.boople.com/bst/BPdispatch?nips_cd=9980866616

開く トラックバック(12)

千住の永見

イメージ 1

千住の永見に飲みに行った。先生に連れて行ってもらったのだが、実はここの店は東武線通勤者にはなじみのある店なのである。東武鉄道の戸袋のそばに「千住の永見」の広告が貼ってあるものだから。

飲み屋の宣伝が貼ってあるということはめずらしく、どっちかというとどうせおいしくないのじゃないのかという印象であった。ところが、おいしい。気安い、悪くない店であった。

HPを見ると千寿七福神を創設したり、永見の親父は結構、いいこともやっている。今風ないい方をすると町おこしもやっているという感じ。

千住揚げです。

めん蔵みそとんこつ

イメージ 1

カップ麺。「めん蔵みそとんこつ」

なかなか、いけると思いました。スープが気に入りました。軽めの味噌味ととんこつが合っているように感じました。

山形市とのことなので、今度行ってみたいと思います。ぜひに。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事