のんちゃんのつれづれ

「福岡演劇の今」<http://f-e-now.ciao.jp/>の管理人のblogです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

アーサー・ミラーの代表作のひとつで、不法移民の問題を扱った1955年の戯曲。
不法移民の従兄弟家族を受け入れた男が、溺愛する姪がその移民の1人と恋に落ちたために引き起こす悲劇を描く。

 演出のイヴォ・ヴァン・ ホーヴェが、2015年ローレンス・オリヴィエ賞最優秀演出賞を受賞した舞台。主役のエディをマーク・ストロングが演じる。

ギリシア悲劇のような(ちゃんとコロス役の弁護士もいる)みごとな構成の戯曲を、まったく過不足のない演出で見せる。
観る前にも観たあとにもよけいな解説は一切要らない。そういう舞台だ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事