日本には言論の自由と表現の自由は無いのか!

ブログ訪問された人へ、心から感謝申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

安保法案 国民が知らない数百兆円の公金横領 最高裁はなぜヒラメ裁判官を作るのか? 日本の資産を官僚と組んで流出させて見返りを得るための巨大背任、公金横領 隠蔽で闇に葬る ベンジャミン・フル

●裁判をされる方への警鐘 裁判所犯罪の被害にあわないために 95%が裏マニュアルの八百長裁判です日本の最高裁と検察は影の政府である日米合同委員会という米軍組織に占領国、植民地政策で完全支配されており、日米合同委員会は特別会計という国家予算を収奪する目的のために運営されています。そして年間何十兆円という裏金作りを司法官僚、行政官僚が行い、不正に海外に送金されています。この事実に気づいて告発しようとした石井紘基さんは「日本がひっくり返るような疑惑を追求する」といった直後に殺害されました。https://www.youtube.com/watch?v=zsSFj...https://www.youtube.com/watch?v=Ys7A4...https://www.youtube.com/watch?v=64cK8...https://www.youtube.com/watch?v=JU-A-...日本の警察庁、検察庁、最高裁はこの犯罪一味であり、ほぼ絶望的です。こんなところに期待しても絶望しか返ってきません。一部の家裁と地裁に良心的な裁判官がごく一部いるだけで95%は、金融資本と米軍に従うよに仕組まれたヒラメ裁判官(日本人の人権を剥奪する占領執行官)です。ヒラメ裁判官とは内容など関係なく、上の判決方針ばかりを気にして判決する裁判官で、八百長詐欺師です。最高裁事務総局の判決統制は日米合同委員会で決まります。このカラクリは裁判官たちでも知りません。そしてそれを従わせるかどうかの判定で司法官僚 裁判所の権力者たちの評価も決まりますから、逆らえば、最高裁事務総局が猛烈な報復の刃が返ってきます。裁判という形式を整えたやりとりは茶番セレモニー劇場であり、判決は実際には内容は関係ありません。こじつけの論理で判決を書いているだけです。最高裁事務総局は名前こそ、裁判所を名乗っていますが、その正体は完全に米軍組織であり、占領植民地政策のための米占領軍総合指令本部であり、そのインチキの判決基準は米軍の占領、植民地政策方針によって決め、厳しく司法官僚はプレッシャーをかけられて統制されています。三権分立、裁判官の独立など100%存在しません。占領植民地である日本でそのような期待をすることは夢見る家畜のオメデタイ幻想にすぎません。一市民が斬る!!最高裁の黒い闇―国家の謀略を追った2000日の記録 http://saikousaimondai.com/wp-content...では、ほぼ絶望的な裁判所の実態でどうすればいいか?日本の裁判は八百長裁判ではあるけれど、究極の必殺技があると言うことです。この必殺技は本来は勝ってはいけない人間まで勝たせざるを得なくなるのでここでは書きません。この方法で一審、二審が完全敗訴の事件も最高裁では二審までと違い、誰がどういう意見を言ったかという詳細まで示されますが、5人全員一致で勝訴させている方法があります。その人はある必殺技を仕掛けたのです。最後は請求の8割の勝訴です。●警察、検察の腐った実態 正体は米占領軍総合指令部の執行所警察官、検察官は、そもそも日米合同委員会が決まった占領、植民地政策、密約での方針以外の予算が出ないので良心的に動くことは不可能です。現実を見抜き、こんなところには一切就職しないことです。検事総長は最も日本人を冷酷に収奪し、殺すために選ばれており、米軍に忠誠を誓った忠犬ハチ公が日米合同委員会によって選ばれます。これらの事実は以下のリンクで実際に第三者の多くの情報によってご確認できます。そのため、警察官、検察官、裁判官はおかしな人間だけが残るような組織になっており、日本でもっとも腐った組織になっています。https://www.youtube.com/watch?v=y3zEE...詳しくは他の動画をご覧ください。「最高裁事務総局」の動画https://www.google.co.jp/search?num=1...

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事