★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ちあふれた社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス。原作はヴィカス・スワラップの『ぼくと1ルピーの神様』。日本でもお馴染みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム育ちの青年が語る過酷にして波瀾万丈の生い立ちが、多彩な要素を巧みに織り込みつつスリリングかつ躍動感いっぱいに描かれてゆく。世界中で数々の映画賞を獲得し、ついにはアカデミー賞で作品賞を含む最多8部門を受賞する快挙を成し遂げた。
 インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールがクイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。ジャマールは自らの無実を証明するため、これまでに出された問題の答えは、すべてストリートで生きながら学んだと、その過酷な過去を語り始めるのだったが…。(allcinema)

運じゃなく、運命だった。


製作国 イギリス/アメリカ

監督: ダニー・ボイル
共同監督: ラヴリーン・タンダン
原作: ヴィカス・スワラップ
『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊)
脚本: サイモン・ボーフォイ
音楽: A・R・ラーマン
出演: デヴ・パテル ジャマール・マリク
   マドゥル・ミッタル サリーム・マリク
   フリーダ・ピント ラティカ
   アニル・カプール プレーム・クマール
   イルファン・カーン 警部



連休最終日は水曜日。
これはもう観るしかないでしょ。
ということで、ようやくの鑑賞となりました。

もちろん連休ということもあるでしょうが、やはりアカデミー賞受賞の威力でしょうか。
日ごろにはない観客数でした。


噂どおりの作品なのですが、泣けるような内容ではなかったかな。

スラム街のストリートチルドレンの疾走するスピード感や、ムンバイの街の熱気は、
勢いがあって、こちらもそこにいるように感じるほどでした。

その後の、子供たちの過酷な日々は目を覆いたくなります。

生きるための手段は、誰が教えたというものではなく、
自らが生み出したもので、その生命力は感動に値します。

クイズ番組が主になる後半、その強烈な生命力感に欠けたのが残念でした。



ジャマールとラティカのラブストーリーです。
それなのに、私は全編を通してジャマールの兄サリームに惹かれたのです。

最初は弟をいじめる“いけすかない奴”だったのですが、
二代目頃から、ジャマールとは明らかに違うんだと感じるようになりました。
自分の生き方に正直に、真っ直ぐな目を向けるジャマール。
サリームは弟を大切にしたいと思いながらも、それを上手に表現できない、
不器用さが感じられたのです。

サリームがしてきたことは、生きるための手段だったのです。

確かにラティカのことはあったかもしれないけど、
ジャマールを人買いから救ったのも、最後にラティカを解放したのも、サリームだったじゃない…。


そう思う私には、クイズ番組で頑張るジャマールの影は薄かったです。



クイズ番組を媒体としていなくても、ジャマールとサリームの生き様は語れたでしょうが、
アカデミー賞受賞になったかどうかは…?


スラム街の子供たちの現実的な部分から、
クイズで全問正解して恋人と再会するおとぎ話的な部分まで、幅広い展開でした。

閉じる コメント(38)

顔アイコン

じゅりさん。TBサンキュウです☆
パワー溢れる…。まさにその通りの作品でした!

2009/5/8(金) 午後 10:16 なぎ

顔アイコン

セピアさん。
さすがって、そんな…(^^ゞ
そんなに難しい、社会派の映画というわけでもないので、多くの人が楽しめると思います。
ぜひどうぞ♪

2009/5/8(金) 午後 10:17 なぎ

アバター

サリームの話は本当にせつなかったですね。
映画では後半はジャマールとラティカの恋物語のなっていたので少し甘さが加わりましたね。おかげでスラムの過酷さは薄らぎエンタメとして観やすくなっていたと思います。
しかしインドの勢いを感じる映画でしたね〜
こちらからもTBさせてくださいね♪

2009/5/8(金) 午後 11:18 choro

顔アイコン

Choroさん。TBサンキュウです☆
内容の幅広さをうまくまとめていた、というんでしょうね。
記憶に残る一本になりました。

2009/5/8(金) 午後 11:27 なぎ

アバター

おぉ、もう早くも鑑賞されたんですね。
ストーリー的には面白そうな感じがするんですが。。。
私も機会があれば観たいですね。

2009/5/8(金) 午後 11:59 ピロシキ

顔アイコン

pirosikiさん。
観てる最中はもちろん、時間が経っても印象が薄れない作品です。
時間があればぜひ劇場で^^

2009/5/10(日) 午後 4:26 なぎ

演出はよくできてましたね。
今朝、原作者のインタビューを新聞で読みましたが、色々端折ってかつマイルドになっているようです。
私はミルクの方がよかったと思いますが<まだ言ってるw
TBさせてもらいますね。

2009/5/11(月) 午後 4:15 yuki

顔アイコン

ゆきさん。TBサンキュウです☆
やはり原作とは違うようですね。原作も気になりつつ…。
私もミルクが良かったですw

2009/5/11(月) 午後 10:17 なぎ

3つの場面の構成が見事でしたね☆ 確かに。。。。イザと言う時兄サリームでしたね♪ TBさせて頂きます☆ ポチ凸

2009/5/23(土) 午後 10:43 wakuwakuwakappchan

顔アイコン

wakaさん。TB&ポチサンキュウです☆
構成は素晴らしかったと思います。
サリームあってのジャマールでしたもんね。

2009/5/24(日) 午後 10:40 なぎ

サリームとジャマールの兄弟のことは丁寧に描かれていましたね。
スラムという場所が本当にどんなところなのかは想像の域を超えませんけれど、場所からして、生と死が隣り合わせの混沌としたところ、というイメージを持っています。
光と影、生と死・・・そういうものの象徴のような2人だったのかな、という印象もあります。
とにかく映像には圧倒されました。トラバさせて下さいませ♪

2009/6/3(水) 午後 10:53 恋

顔アイコン

恋さん。TBサンキュウです☆
なるほど!光と影、生と死を象徴していた兄弟!
本当にそうだと思います!

2009/6/6(土) 午前 9:19 なぎ

顔アイコン

面白い構成だったし、見ていて飽きなかったです。
発展著しいインドの中にはまだまだこんなにもスラムがあってそこから生き抜くために毎日を必死に過ごしている子供達がいるからこそこういうすばらしい作品ができたわけですが、そう考えると見る僕らも心してみないといけないなと感じました。
TBさせてください。

2009/6/22(月) 午前 7:34 かず

顔アイコン

かずさん。TBサンキュウです☆
構成の面白さで、ぐいぐい引っ張って行きましたね。
世界に目を向けなければいけないと思いました。

2009/6/23(火) 午後 10:30 なぎ

いくつかの場面を交互に描くこの手法が面白かったです。
サリームは不器用ながらも弟を大切に思う兄なんですよね。
ラストで実感しました。
TBお返しさせて下さいね!

2009/6/30(火) 午前 7:41 ゆき

顔アイコン

ゆきさん。TBサンキュウです☆
スラムの息苦しさからジャマールの一途な想いまで、
幅広さが印象に残ってます。

2009/6/30(火) 午後 10:59 なぎ

メッセージ性も高かったですが、前向きなインドのパワーを感じましたね。
TBさせていただきます!

2009/12/23(水) 午後 11:07 takutaku!

顔アイコン

takutakuさん。TBサンキュウです☆
パワーは感じましたね〜!

2009/12/26(土) 午後 11:42 なぎ

アバター

やっと観ましたー。
兄サリームは環境からか、ずる賢く、時に残忍にと悪の道に進んでいくのですが、弟を想う気持ちはずっと持ち続けていたのでしょうね。。
それが彼の最後の行動になったと思います。
いい作品でした。TBしますねー。

2010/10/16(土) 午後 3:58 ピロシキ

顔アイコン

ピロシキさん。TBサンキュウです☆
今思い返しても、兄の行動が強く印象に残っています。
力強い作品でしたね。

2010/10/16(土) 午後 8:25 なぎ

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事