★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「JUNO/ジュノ」「サンキュー・スモーキング」のジェイソン・ライトマン監督がウォルター・カーンの同名小説を基に、現代人を取り巻く様々な問題をスマートに描き出すハートフル・ヒューマン・ストーリー。リストラ宣告人として全米を飛び回り、煩わしい人間関係を回避して身軽で気ままな人生を送ってきた主人公が、2人の女性との出会いをきっかけに、それまでの生き方や人とのつながりについて見つめ直していく姿を、シニカルな中にも優しい眼差しを込めて綴る。主演は「フィクサー」のジョージ・クルーニー、共演に「ディパーテッド」のヴェラ・ファミーガ、「トワイライト〜初恋〜」のアナ・ケンドリック。
 企業のリストラ対象者に解雇を通告する“リストラ宣告人”の仕事で年間322日間も出張しているライアン・ビンガム。自らの講演でも謳っている“バックパックに入らない人生の荷物はいっさい背負わない”をモットーに人間関係も仕事もあっさりと淡泊にこなし、結婚願望も持たず家族とも距離を置いたまま、ただマイレージを1000万マイル貯めることが目下の人生目標となっていた。だがそんな彼も、2人の女性と出会ったことで人生の転機が訪れる。ひとりは、ライアンと同様に出張で飛び回っているキャリアウーマンのアレックス。同じ価値観を持つ彼女とはすぐに意気投合し、互いに割り切った関係を楽しむことに。もうひとりは、将来を有望視され入社してきた典型的現代っ子の新人ナタリー。彼女は、ネット上で解雇通告を行い出張を廃止する、というライアンの立場を脅かす合理化案を提案、さらには彼女の教育係に当てられてしまう。しかしライアンは、そんな彼女たちと接していくうち、これまでないがしろにしていた人との“つながり”の大切さに気付かされていく…。(allcinema)
 
2009年 アメリカ
原題:UP IN THE AIR
 
あなたの“人生のスーツケース”
詰め込みすぎていませんか?

監督: ジェイソン・ライトマン 
原作: ウォルター・カーン 
脚本: ジェイソン・ライトマン シェルドン・ターナー 
音楽: ロルフ・ケント 
音楽監修: ランドール・ポスター リック・クラーク 
出演: ジョージ・クルーニー ライアン・ビンガム
    ヴェラ・ファーミガ アレックス・ゴーラン
    アナ・ケンドリック ナタリー・キーナー
    ジェイソン・ベイトマン クレイグ・グレゴリー
    ダニー・マクブライド ジム・ミラー
    メラニー・リンスキー ジュリー・ビンガム
    エイミー・モートン カーラ・ビンガム
    サム・エリオット フィンチ機長
    J・K・シモンズ ボブ ザック・ガリフィナーキス クリス・ローウェル
     スティーヴ・イースティン アディール・カリアン  
 
これといってはっきりとしたものが残っているわけではないけど、
なんだか面白い作品でした。
 
リストラを言い渡す“リストラ宣告人”。
仕事第一で、家を持つのは会社がホテル住まいを認めないからで、
もちろん家族もいない。
飛行機でアメリカ中を飛び回り、
ゴールドカードでマイルを貯めるのが生きがい。
そんなライアンが主人公です。
 
そのビジネスマンとしての生き様を描いているのかと思えば、
もっと柔らかいお話しでした。
 
バッグパックに入る物だけが全て。
どれだけ身軽な人生か。
ビジネスマン相手にもそう講演するライアンに、
一瞬、羨ましかったりしました。
 
背負ったものが憂鬱になることってありますよね。
普段は話相手の猫も、
エサの心配しなければいつでも留守にできるのに…。
家賃のいらない我が家も、
あちこち痛みだすと修理に頭が痛い…。
責任ある立場が面倒くさくなるけど、
それで得る報酬もないと困るし…。
 
バッグパック一つで、縛られるモノもなく気ままなホテル住まい。
 
それでも、どんなに面倒でも、
人との繋がりを捨てることはできないかな、やっぱり…。
 
ライアンが、ふたりの女性と関わって知った
振り回されることの心地よさ。
 
家族も、面倒なものじゃなくて、暖かい居場所なんだ。
 
そして関わるからこそ知る、失う寂しさ…。
初めて関わろうとした女性を追いかけてみれば、
“大人の関係”を望む女性だった。
 
いかん、いかん。行っちゃいかんよ〜。
妹の結婚式に、パートナーとして出席してもらったアレックス。
いろんな意味で相性が良く、
ライアンは失いたくないと思ってしまって追いかけるんだけど、
そううまくいくはずがない…。
 
この妹の結婚式の、アレックスとのシーンがとっても素敵。
温もりが伝わってくる映像でした。
だからこそ、うまくいってほしいと思ったけどね〜。
 
 
ライアンも彼の会社も、
つまりは試行錯誤したけど何にも変わらなかった?
という結論ではなく…。
 
はっきりした結論があるわけではないけど、
きっといろんなことに変化が起こったのかもしれないな。
 
背負うものがないのは身軽で良いわけではなくて、
ちょっとくらい重さを感じるくらいが、楽しくていいのかもしれない。
 
そう思わせるラストでした。
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(24)

顔アイコン

個人的にかなり好きな作品でした〜
タッチといい、ストーリーといいかなり好みで。。
好みと言えばアナ・ケンドリックもかなり好みではありますが^^
いろんな人の心の痛みを映し出し、それをそっと癒すような。
(癒されない部分もあったけど)いい作品です。
TBさせてくださいね。

2010/11/24(水) 午後 2:31 SHIGE 返信する

顔アイコン

私もシングルオヤジとして、ライアンの人生は他人事じゃないのですが、どういう選択をしても、寂しくなるときはあるだろうなあって勝手に割り切っています。ラストで主人公が変わるかもしれないという余韻がありますけど、40過ぎてから、人間変わるのは難しいよなあって知ってるだけに、苦味の方が先にたってしまいました。TBさせてください。

2010/11/24(水) 午後 8:50 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

ポニーさん。TBサンキュウです☆
こういう状況は、どちらの立場も辛いですよね。
そんな人が側にいたら、声の掛けようがないです、きっと…。

2010/11/24(水) 午後 9:18 なぎ 返信する

顔アイコン

takutakuさん。TBサンキュウです☆
ラストはよかったですね。
明快なものがなくても、なんだかほっとしたのは私だけでしょうか…(^^ゞ

2010/11/24(水) 午後 9:19 なぎ 返信する

顔アイコン

恋さん。TBサンキュウです☆
音楽も良かったですね〜。
重いテーマなのに、軽妙に描いてあって入りやすかったです(^^)

2010/11/24(水) 午後 9:21 なぎ 返信する

顔アイコン

kyokoさん。
そうなんですよね〜。
身軽なだけは、人生面白くないでしょうね(^^ゞ

2010/11/24(水) 午後 9:23 なぎ 返信する

顔アイコン

SIGEさん。TBサンキュウです☆
そうそう、癒される部分もあり、そう甘くもないんだよ、と言う部分もあり、私もかなり好きな作品でした♪

2010/11/24(水) 午後 9:24 なぎ 返信する

なるほど、なるほど、と言ってはみたけど、
観てみないと、わかんない!ようなわかるような!

寒くなりました!
今週もあと2日、ガンバしかないか!

2010/11/24(水) 午後 9:25 hakata 返信する

顔アイコン

einhornさん。TBサンキュウです☆
確かに、40過ぎてそう簡単には変わらないとは思いますけど、
それでも何かしら今まで見なかった?見えなかった?ものが見えるようになったのはよかったかもね、と思いました(^^)

2010/11/24(水) 午後 9:25 なぎ 返信する

顔アイコン

はかたさん。
これは言葉にできるものではなくて、観ないと分からない感覚的なお話しだと思います(^^)

今週末はもっと寒くなるらしいですよ〜!

2010/11/24(水) 午後 9:27 なぎ 返信する

顔アイコン

ジョジクルは特にファンと言うわけではないのですが、ヴェラ・ファーミガが好きなので、観にいった作品です。彼女出産直後と言うこともあって、結構ふっくらして、それがまた大人の魅力になっていました。
TBお願いします。

2010/11/25(木) 午後 1:47 オネム 返信する

顔アイコン

onemuさん。TBサンキュウです☆
女性ふたりは、対極の魅力を発揮してましたね。
ジョージ・クルーニーは、時として女性陣の演技の引き立て役に回ってた感じもあって、それはそれで効果的な演出だったようです。

2010/11/25(木) 午後 10:43 なぎ 返信する

アバター

そうなんですよね〜
人間何も背負うものがないのは楽かもしれないけれど、やっぱりちょっと寂しいというのがホンネではないでしょうか。
ほどほどに重さを感じられることが生きがいに繋がるのかもしれませんね。
地味ながら面白い映画でした。
遅くなってごめんなさい。TBさせてくださいね♪

2010/11/27(土) 午後 10:57 choro 返信する

顔アイコン

Choroさん。TBサンキュウです☆
生きがいを感じられる重さ、これが一番なんでしょうね。
お気に入りの1本になりました(^^)

2010/11/28(日) 午後 5:18 なぎ 返信する

顔アイコン

これ好きな作品です。
ダンディなジョージ・クルーニーにしびれました〜
安易にハッピーエンドでないほろ苦さも好きです。
TBさせてくださいね。

2010/11/28(日) 午後 8:42 Swan 返信する

顔アイコン

Swanさん。TBサンキュウです☆
ダンディでしたね(^^)
現実離れしているようでどこか現実的で、気に入りました。

2010/11/29(月) 午後 9:26 なぎ 返信する

いかにもジョージ・クルーニーが作ったというような作品でした。まあ決して大きく評価されるものではないですが秀作にはなるものでしょう。人の生き方の本音というのが見られた様な作品でした。トラバさせてくださいね。

2010/12/6(月) 午後 9:41 いっちー 返信する

顔アイコン

いっちーさん。TBサンキュウです☆
じわっと心に沁みる作品でした。確かに大きく評価されるものではないでしょうけどね。

2010/12/8(水) 午後 10:08 なぎ 返信する

結婚式のシーンよかったですね。やっぱりぬくもりがないとね。
クルーニーはおしゃれでかっこよかった〜
TBさせてくださいね。ポチ☆

2011/9/12(月) 午後 6:49 きゅ 返信する

顔アイコン

きゅさん。
結婚式のシーンは、とっても印象的でした(^^)

2011/9/12(月) 午後 9:33 なぎ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事