★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ブリッジス主演作「トロン」の続編となるSFアクション。失踪した父が創り上げたコンピュータ・システムの内部世界に入り込んだ青年が、人類の存亡を脅かす敵と死闘を繰り広げる姿を驚異の3D映像でスタイリッシュに描き出す。主演は「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」のギャレット・ヘドランド。共演にジェフ・ブリッジス、TVシリーズ「Dr.HOUSE」のオリヴィア・ワイルド。監督は最先端のCMクリエイターとして活躍し、本作で映画監督デビューの新鋭ジョセフ・コシンスキー。
 デジタル業界のカリスマとして名を馳せたエンコム社CEO、ケヴィン・フリンが忽然と姿を消してから20年。ある日、27歳となった息子サムのもとに、ケヴィンから謎のメッセージが届く。その導きで父の営んでいたゲームセンターへとやって来たサムは、地下で見つけた秘密の部屋からコンピュータ・システムの世界に迷い込んでしまう。息つく間もなく命をかけた危険なゲームを強制されるサム。やがて窮地に陥った彼は謎の女性クオラに助けられ、彼女の手引きによって父との再会を果たすのだが…。(allcinema)
 
2010年 アメリカ
原題:TRON: LEGACY
 
監督: ジョセフ・コシンスキー 
製作: ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー 
脚本: エディ・キッツィス アダム・ホロウィッツ 
撮影: クラウディオ・ミランダ 
プロダクションデザイン: ダーレン・ギルフォード 
衣装デザイン: マイケル・ウィルキンソン 
音楽: ダフト・パンク 
出演: ギャレット・ヘドランド サム・フリン
    ジェフ・ブリッジス ケヴィン・フリン
    オリヴィア・ワイルド クオラ
    マイケル・シーン キャスター
    ボー・ガレット ジェム
    ブルース・ボックスライトナー アラン・ブラッドリー
    ヤヤ・ダコスタ  セリンダ・スワン  ジェームズ・フレイン  エリザベス・マシス 
 
 
お正月って、普段映画館に来ない人も来る時期らしく、
慣れてないお客さんが多いようです。
時間に遅れる人有り、椅子に足が当たる人有り…。
遅れて来ると、ストーリーが見えないからしゃべって確認しちゃうし…。
とくに今年は集中できない状況があって、本当に残念でした。
 
そんなこんなはさておき。
 
公開からずいぶん時間が経ってるので、
ブロガーさんのたちの評価は耳に入っていました。
それでも劇場で観なくちゃね、と思ったんですけど…。
 
まずは、やっぱり続編か、ということ。
ブログラム、とかユーザーとか、
あげくにはトロンって?
なんて?がいっぱいあって、
とりあえずそれを無視して観て行くしかありませんでした(^^ゞ
 
【マトリックス】に近い世界観なんでしょうか。
 
サムが入り込んだ世界が少しずつ見え始めてくると、
自分の置かれた状況がどうであれ、
すんなりゲームに入り込めるサムの順応性には、
生れた時からコンピューターゲームに親しんでいる“今時の若者”を見るようで、
妙に納得してしまいました。
 
冒頭、現実社会でちょっとした冒険をやってしまうサムは、
入り込んだ世界でも、臆することなく同じように冒険してしまう。
その能力を活かせる場を見つけたかのようでした。
 
離れ離れになってしまった父親との物語は、
最新の映像技術で作られた作品にしては、
なんとも古めかしいんですけど、安心してしまいますね(^^ゞ
 
3Dに関しては、観る側が慣れてしまったせいか、
それほどの驚きはありません。
とくに、今作は2Dで撮影されて部分もあります、とコメントも出たりして
なぜ3Dにこだわるのか、やはり難しいテーマですね。
 
それでもCGの技術は素晴らしいです。
見応えあります。
 
 
大きな体験で成長したサム。
現実社会に戻って凛々しくなってましたね。
それにしても、プログラムの彼女を連れて来て、
果たして現実社会で生きていけるの?って思ったのは私だけ?(^^ゞ
 
お父さん役のジェフ・ブリッジスは
【クレイジー・ハート】とは違って凛としたお父さんだし、
サム役のギャレット・ヘドランドは中々好みだし♪
クオラ役のオリヴィア・ワイルドはこれから注目したいかな。
 
 
状況が見えなかった前半より
後半に向かって盛り上がって行きました。
う〜ん。やっぱり1982年版を観なくちゃいけませんね。
 
 
 
 
 

閉じる コメント(17)

顔アイコン

私たち年配には、ちょっときびしかったですねー。
この3Dのよさがわかりませんからね。
テレビゲームなんてしたことありませんから、
アバターのようなきれいな画像のほうが良いですね。

2011/1/3(月) 午後 5:25 じーさんの日記

なるほど!
マトリックスのときは、で出し、よくわからなくて
ついていけなかったです!
2回目みたことは良くわかりましたが!
これもそんな感じするなぁ〜僕が、見たら!

2011/1/3(月) 午後 5:28 hakata

顔アイコン

Gさん。
テレビゲーム世代にはたまらない映像だったでしょうね。
私もどうも…(^^ゞ

2011/1/3(月) 午後 5:36 なぎ

顔アイコン

前のは観てないですが、3D映像とはいえ、目に優しい映画でしたね。内容も割とスムーズに入っていけましたよ。

2011/1/3(月) 午後 7:13 mossan

顔アイコン

もっさんさん。
目に優しく、内容もスムーズ。
さすがディズニー映画というところでしょうか♪

2011/1/4(火) 午後 5:17 なぎ

顔アイコン

内緒さん。
【相棒】お好きでしたよね(^^)
今度の連休には行きたいな〜と思ってます。

2011/1/4(火) 午後 5:17 なぎ

顔アイコン

はかたさん。
コメ返信、見落としてしまってすみません!
マトリックスと近いと思いますよ。でもマトリックスより分かりやすいかな(^^)

2011/1/4(火) 午後 8:51 なぎ

父子愛を描くところはディズニーらしいティストでしたね。
ジェフのCG若返りも見どころでした。自然な共演も良かったと^^
トラバ、お返しさせて下さい。

2011/1/4(火) 午後 10:25 くるみ

顔アイコン

くるみさん。TBサンキュウです☆
CGの技術って凄いですよね〜。
若返ることもできちゃって、これからどんどん取り入れられるんじゃないでしょうか。

2011/1/5(水) 午後 8:21 なぎ

はじめまして

主演の3人は良かったですよね

2011/1/9(日) 午前 10:53 ryane

顔アイコン

ライアンさん。
訪問&コメサンキュウです☆

キャストはよかったと思いますよ(^^)v

2011/1/9(日) 午後 5:29 なぎ

アバター

昔の前作もイマイチ解かりにくいというか私は退屈だったのですが(笑)あの当時にこの設定というのはやはり話題性があったのは納得ですね。
新作も映像は綺麗だったけれど、いまひとつピンとこないところもあったりして、やはりこういう世界観ってダイレクトにわかりにくいですね〜嫌いじゃないんだけど。。^^;
遅くなってすみません。TBさせてくださいね♪

2011/1/10(月) 午後 9:44 choro

アバター

そうですね。やはり前作を見てるのと見てないのとでは感覚が違うでしょうね。
やっぱり人間臭くなってくる後半の方が盛り上がりますよね。
なんだ結局焼きもちやん!とか思って笑っちゃいました( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
こちらもTBさせてくださいね。

2011/1/11(火) 午後 9:23 木蓮

顔アイコン

Choroさん。TBサンキュウです☆
現実と仮想世界に慣れてないというのが大きなポイントだと思いました。年寄りには辛い…って感じでしょうか(^^ゞ

2011/1/13(木) 午後 9:36 なぎ

顔アイコン

もくれんさん。TBサンキュウです☆
人間臭いってその通りでしたね〜。単なる焼きもちでも、その方が断然面白いです(^^)

2011/1/13(木) 午後 9:39 なぎ

本当ですね、さすが創造主の息子なだけあって、順応性抜群でしたね!!
この手の映画好きなので、楽しめました♪
TB,お返しさせて下さい☆

2011/7/1(金) 午前 1:43 A☆co

顔アイコン

Acoさん。TBサンキュウです☆
若い人のほうが順応できて、楽しめるんでしょうね(^^ゞ

2011/7/2(土) 午後 6:27 なぎ

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事