★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。バレエに全てを捧げるヒロインが新プリマの座をめぐり、自分とは対照的で勝気な新人ダンサーをはじめ熾烈な競争を繰り広げる中、次第に精神的に追いつめられていく姿をスリリングに描き出す。主演は、その迫真の演技が絶賛され、みごと自身初となるアカデミー賞主演女優賞にも輝いたナタリー・ポートマン。共演にヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー。
 ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の期待を一身に背負い、バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。そんな彼女に、バレエ人生最大のチャンスが訪れる。長年バレエ団の象徴的存在だったプリマ・バレリーナ、ベスの引退を受け、新作の『白鳥の湖』のプリマにニナが抜擢されたのだ。しかし、白鳥の湖では純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない。優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練として立ちはだかる。対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイに理想的な黒鳥と言わしめた新人ダンサーのリリー。彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまうニナだったが…。(allcinema)
 
2010年 アメリカ
原題:BLACK SWAN
 
純白の野心は、
やがて漆黒の狂気に変わる…
 
監督: ダーレン・アロノフスキー 
製作: マイク・メダヴォイ  アーノルド・W・メッサー  ブライアン・オリヴァー  スコット・フランクリン 
製作総指揮: ブラッドリー・J・フィッシャー  アリ・ハンデル  タイラー・トンプソン 
             ピーター・フラックマン  リック・シュウォーツ  ジョン・アヴネット 
原案: アンドレス・ハインツ 
脚本: マーク・ヘイマン  アンドレス・ハインツ  ジョン・マクラフリン 
撮影: マシュー・リバティーク 
視覚効果監修: ダン・シュレッカー 
プロダクションデザイン: テレーズ・デプレス 
衣装デザイン: エイミー・ウェストコット 
編集: アンドリュー・ワイスブラム 
振付: バンジャマン・ミルピエ 
音楽: クリント・マンセル 
音楽監修: ジム・ブラック  ゲイブ・ヒルファー 
出演: ナタリー・ポートマン ニナ・セイヤーズ
       ヴァンサン・カッセル トーマス・ルロイ
       ミラ・クニス リリー
       バーバラ・ハーシー エリカ・セイヤーズ
       ウィノナ・ライダー ベス・マッキンタイア
       バンジャマン・ミルピエ 
       クセニア・ソロ 
       クリスティーナ・アナパウ 
       ジャネット・モンゴメリー 
       セバスチャン・スタン 
       トビー・ヘミングウェイ 
 
公開から2週間。ようやく観に行ってきました。
 
アカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。
受賞は納得の、迫力ある演技で圧倒されてきました。
 
 
白鳥は完ぺき。白鳥だけなら君が主役だ。
だが、黒鳥はだめだ。
と言われたニナ。
それでも最初は仕方ないと思っていたようです。
そのくらい真面目で繊細で、臆病な女性でした。
振付師のトマに誘われてもどこかおどおどして、処女?と尋ねられるくらい。

そのニナに少しずつ変化が起こります。
ニナは全てのものに敏感で感じやすく、全てを受け止めようとしてしまう。
そういうタイプの女性だったようです。
 
超過保護な、元ダンサーの母親。
憧れていた先輩ダンサーの引退。
そして突如現れた、自信家で奔放なダンサー、リリー。
芸術の世界ですから、他人を押しのけても、という強い思いを持った人間の集団にいて、
ニナはあまりに繊細過ぎたのです。
 
白鳥は良いけど黒鳥はだめだと言われ、真面目なニナはそれを正面から受け止め、
多分元々心が弱い女性だったのでしょう。
自傷行為を続けていたことは、母親との会話で表わされています。
そんなニナは、完壁であることを望み、完璧を目指し、
そして自分を追い込んでいく…。
 
現実と妄想の入り混じった世界。
どこまでが現実なのか、ニナと同じ世界にいるような錯覚を覚えます。
 
物語としては特にサプライズがあるわけではなく、
こういう世界にありがちな展開だし、結末もさほど驚くべきものではありません。
とにかく、ナタリーの演技が全てです。
 
純粋な白鳥の部分に垣間見える黒鳥の激しさ。
白鳥の脆さ…。
狂気の表情。
大いに感動した、濃密な時間でした。
 
ニナと対照的で奔放なリリーを演じたミラ・クニスも素晴らしい。
良く似たふたりなんだけど、とても挑発的な目が印象的でした。

ただ残念だったのは、アップの映像ばかりで、引きのシーンが少ないこと。
ナタリーがこれだけ頑張って踊っているのに、それを見せる部分が少ないんです。
白鳥から黒鳥、そして失意の白鳥まで…。
観客と一緒に拍手するほどの感動がほしかったです。

閉じる コメント(42)

顔アイコン

バレエのことはよく知らないので、精神的に弱い女性が壊れていくホラーとして見応えがありました。ナタリー・ポートマンの幸薄そうなヒロインぶりは見事でしたけど、それがオスカー取っちゃうってのもすごいですよね。TBさせてください。

2011/5/29(日) 午後 8:53 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

人魚姫さん。
勝手な感想なんで、人それぞれいろいろ感じることはあると思いますよ。
ナタリーは本当に迫力ありましたね〜。

2011/5/29(日) 午後 8:59 なぎ 返信する

顔アイコン

きゅさん。TB&ポチサンキュウです☆
観客になりたかった、と言うラストでしたね〜。
あ、ママの狂気も怖かったです(>_<)

2011/5/29(日) 午後 9:01 なぎ 返信する

顔アイコン

もっさんさん。
そうなんですね。ブログもいろんな種類がありますもんね。

2011/5/29(日) 午後 9:03 なぎ 返信する

顔アイコン

kyokoさん。
ストーリーとしては最高に面白かったんですけどね〜(^^ゞ

2011/5/29(日) 午後 9:04 なぎ 返信する

顔アイコン

Choroさん。TBサンキュウです☆
繊細さと図太さ。どんな世界でも必要なのかもしれませんね。

2011/5/29(日) 午後 9:06 なぎ 返信する

顔アイコン

もくれんさん。TBサンキュウです☆
焦り…。そうでしたね〜。焦り続けていって壊れて行った…。
そんなフプリマの姿が痛々しかったです。

2011/5/29(日) 午後 9:07 なぎ 返信する

顔アイコン

福さん。
ホラーチックなところがあるから、好みかもですね(^^)

2011/5/29(日) 午後 9:08 なぎ 返信する

顔アイコン

onemuさん。TBサンキュウです☆
本職からみたら有り得ないことでも、ドラマとしてはとても優れていたと思います。
ナタリーも訓練したようですので、引きのショットはやっぱり観たかったです♪

2011/5/29(日) 午後 9:21 なぎ 返信する

顔アイコン

einhornさん。TBサンキュウです☆
バレエの世界を通して描いてましたけど、一人の人間のドラマとして見応えがありました。

2011/5/29(日) 午後 9:40 なぎ 返信する

顔アイコン

こんばんは。
ナタリーポートマンが好きなので
以前から観たかった作品でしたが
ようやく昨日観ました。
気味悪く感じる場面も結構ありましたが
総じてキャストの演技が良くて、
ナタリーの女優としての幅の広さも感じる作品でした^^
私もナタリーの踊りもっと観たかったです。

2011/6/5(日) 午後 9:59 ディンドン 返信する

顔アイコン

でぃんどんさん。
ナタリーはどんどん実力をつけて行きますよね。
これからも目が離せません(^^)

2011/6/8(水) 午後 2:10 なぎ 返信する

身体作りに、バレエのレッスンに、演技に、大変だったでしょうが、本当に、ナタリーが素晴らしかったです。
ストーリーも見ごたえがりましたね。
ミラ・クニスもセクシーでかっこいい女性っていう印象で、アクション映画なんかも似合いそう、って思いました。
TB,お返しさせて下さい☆

2011/7/6(水) 午前 0:32 A☆co 返信する

顔アイコン

Acoさん。TBサンキュウです☆
ナタリーの、文字通り代表作になりましたね(^^)

2011/7/6(水) 午後 0:58 なぎ 返信する

顔アイコン

凄いの一言でした!
迫力も、演技も全てに圧倒されたという感じです。
これは今年通して記憶に残る作品になるな〜。
TBがなぜだかできないので、またトライします!

2011/7/31(日) 午前 10:59 かず 返信する

顔アイコン

かずさん。
TBなぜでしょうね…??
記憶に残る作品であることは間違いないですね!

2011/7/31(日) 午後 9:34 なぎ 返信する

繊細だから完璧に演じれる「白鳥」
振付師も「黒鳥」はある程度で妥協点にあったでしょう
自分を追い込んで追い込んで(←反復するな俺(笑))あれは?
最後は死ですか?がが〜ん!TB&ぽち

2011/9/9(金) 午後 11:22 pony 返信する

顔アイコン

ポニーさん。TB&ポチサンキュウです☆
最後でしょう。どうなんでしょうかね〜。死だとするとあまりに悲しいですね。

2011/9/12(月) 午後 1:28 なぎ 返信する

顔アイコン

怖いけど気に入ってる映画です

ナタリー・ポートマンよかったです(*^_^*)

2014/3/10(月) 午後 10:11 [ akira ] 返信する

顔アイコン

akiraさん。コメントありがとうございます
ナタリーはほんとに凄い演技でしたね。

2014/3/17(月) 午前 11:14 なぎ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事