★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン”シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”によって管理されていることを知ってしまった主人公が、その得体の知れない巨大な力に反撃していくさまを描く。共演は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のエミリー・ブラント。監督は「オーシャンズ12」や「ボーン・アルティメイタム」の脚本を手掛け、本作が監督デビューとなるジョージ・ノルフィ。
 将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッドはある日、美しい女性、エリースと出会い心惹かれる。しかし、彼女との仲が深まり始めた矢先、彼は突如現われた黒ずくめの男たちに拉致されてしまう。彼らは“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”という謎の組織に所属し、人間たちがあらかじめ決められた運命から逸脱しないよう、超人的な能力で監視・調整を行う集団だった。そしてデヴィッドに、本来出会う運命にはなかったエリースとは今後決して再会しないよう強引に従わせようとするのだったが…。(allcinema)
 
2011年 アメリカ
原題:THE ADJUSTMENT BUREAU
 
操作された《運命》に、逆らえ。
 
監督: ジョージ・ノルフィ 
製作: マイケル・ハケット  ジョージ・ノルフィ  ビル・カラッロ  クリス・ムーア 
製作総指揮: イサ・ディック・ハケット  ジョナサン・ゴードン 
原作: フィリップ・K・ディック  『調整班』
脚本: ジョージ・ノルフィ 
撮影: ジョン・トール 
視覚効果監修: マーク・ラッセル 
プロダクションデザイン: ケヴィン・トンプソン 
編集: ジェイ・ラビノウィッツ 
音楽: トーマス・ニューマン 
出演: マット・デイモン デヴィッド・ノリス
    エミリー・ブラント エリース・セラス
    アンソニー・マッキー ハリー
    ジョン・スラッテリー リチャードソン
    マイケル・ケリー チャーリー
    テレンス・スタンプ トンプソン
    ローレンス・レリッツ 
    スティーヴ・ソーレソン 
    フローレンス・カストリナー 
    フィリス・マクブライド 
    ナタリー・カーター 
    チャック・スカーボロー 
    ジョン・スチュワート 
    マイケル・ブルームバーグ 
    ジェームズ・カーヴィル
 
大好きなマット君。
今回はどんな
アクション物かしら〜?と予告編を観てワクワクしてたんですけど…。
あら?おや?まあ?
てな具合で、ボーンシリーズのマット君を想像していたら、
完ぺきに肩すかしを喰らいます(^^ゞ
どちらかというと、ラブストーリーですよ、みなさん!

人には決められた運命があるといいます。
日々起こる些細なことですら、“調整員”達があらかじめ捜査していることで、
世界は、人類は、そのおかげで正しい方向へ向かっていけるんだというんです。
 
そんなばかな。って思うでしょ?
でもね、これを観ているうちに、
あそこで電車に乗り遅れたのは…?とか
あの時あの人と出会ったのは…?とか
自分の身に起きたことを、つい思い返してしまうんですよ。
もしかしたら、それすらももしかしたら…なんてね(^^ゞ
 
そんな中で、主人公のデヴィッドは、一目ぼれした女性エリースをとことん追い続けます。
3年間、同じ時間の同じバスで通勤する。
タクシーも携帯も繋がらないなら、人海作戦を取る。
それは感動するほどの忍耐力と行動力です。
 
ああ、こんなに想ってもらえるなんて、エリースは幸せ者だな〜って羨ましくなります。
 
でも、事実を知ったデヴィッドは、
エリースのために身を引くことを決心します。
自分と一緒にならなければ、
世界的な有名な振付師、ダンサーになるという、彼女の夢が叶うと。

自分が大統領になると言われてもピンとこなかったのに、
最愛の人の成功をダメにすることはできなかった…。
それもデヴィッドの愛ですよね〜。
 
本当に幸せなことってなんなのかな。
地位や名誉を得ることももちろん幸せかもしれないけど、
愛する人と一緒にいることだって幸せなことだよな〜。
この選択は難しいものがありますね。
 
デヴィッドとエリースが選んだ幸せは、ふたりで一緒にいること、でした。
 
甘い結論かもしれないけど、
だからこれはラブストーリーなんです…って!
 

“調整員”のハリー。
彼の存在が中々憎いんですよ。
愛し合う二人にとっては、本当の意味での“調整員”となっていくのです。
帽子やドアの設定も、この世界観に入り込めると楽しめる設定があちこちに観られます。
NYも観光できるし。

はたしてこの“調整員”や“議長”が何者なのか。
天使だろうと悪魔だろうと、それは観た人の解釈でいいんじゃないでしょうか。
 
原作も気になるところです。
 

派手なアクションシーンなど期待なさらずに。
小粒な恋愛ドラマとして楽しめると良いかと思います♪

閉じる コメント(31)

顔アイコン

kyokoさん。
ポチサンキュウです!

2011/6/9(木) 午後 10:47 なぎ 返信する

顔アイコン

きゅさん。TB&ポチサンキュウです☆
私も好きでしたよ〜!
こんな風に、誰かに想われてみたいです(^^ゞ

2011/6/9(木) 午後 10:48 なぎ 返信する

顔アイコン

なるほどラブストーリーなんですね。確かにラブストーリーだと押し切って、全てのツッコミを拒否するのが正しい見方のような気がしてきました。どうも、オヤジは素直になれなくて、マット・デイモンこんな映画も出るんだあって思っちゃったのですが。TBさせてください。

2011/6/11(土) 午前 0:33 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

einhornさん。TBサンキュウです☆
そーですよ!これはラブストーリーとして押し切ってください(^^)

2011/6/11(土) 午後 9:10 なぎ 返信する

改訂版の原作が最近出されて、編者によると原作とは違うそうで、「翻案」あるいは「原案」程度ではないかと私は推測しています。
それでも、NEXTのあのオチよりはずっとマシでした(見てない人のために秘密wに)
逆TBさせてもらいますね。

2011/6/11(土) 午後 11:04 yuki 返信する

顔アイコン

ゆきさん。TBサンキュウです☆
まったく原作と同じと言うのもありだし、原案くらいでもありだし、いろんな解釈がある方が楽しいかもしれませんね♪

2011/6/11(土) 午後 11:09 なぎ 返信する

顔アイコン

>愛する人と一緒にいることだって幸せなこと
確かに甘〜い選択ですよね。でもロマンチックでいいですね!
予想とは違ったけどまぁ〜ラブもので何とか成立したって感じでしょうか(笑)こちらからもTBお願いしますね。

2011/6/16(木) 午前 8:24 dance 返信する

顔アイコン

danceさん。TBサンキュウです☆
そうそう、ロマンチックなお話し、ということで良しとしましょう♪

2011/6/19(日) 午後 3:45 なぎ 返信する

顔アイコン

こんなにラブストーリーだとは思いませんでした(笑)
でも恋愛ものとして見る分にはテンポも良くてけこう楽しめちゃいました。
TBさせてくださいね。

2011/6/20(月) 午後 9:16 Swan 返信する

顔アイコン

Swanさん。TBサンキュウです☆
ですよね〜。
ツボにハマれば、けっこう楽しめちゃいますよね(^^)

2011/6/20(月) 午後 9:21 なぎ 返信する

今回はアクション物ではなかったですね。でもそれなりには楽しむことは出来た作品です。ただおかしいなと思えたところはありましたけれどね。運命にどうしても逆らおうとするデヴィッドの執念は凄かった。トラバさせてくださいね。

2011/6/21(火) 午後 11:17 いっちー 返信する

顔アイコン

いっちーさん。TBサンキュウです☆
そうそう、デヴィッドの執念には頭が下がるし、
そんなに愛してるんだ〜って羨ましかったです♪

2011/6/22(水) 午後 7:17 なぎ 返信する

アバター

なかなかこういう恋愛ものって最近ないですよね。
新鮮だし良かったです!
NYって、近代とレトロがうまくマッチした街ですよね。
その辺も映画に合ってましたね。
TBさせてくださいね。

2011/6/25(土) 午後 1:02 木蓮 返信する

顔アイコン

もくれんさん。
NYの雰囲気も、映画を盛り上げてたのかもしれませんね(^^)

2011/6/26(日) 午前 10:41 なぎ 返信する

顔アイコン

意外と恋愛要素が強かったですね!
観た感じたのは「運命のボタン」のような何とも言えない感じでした(笑)
TBお願いします!

2011/8/27(土) 午後 8:42 かず 返信する

顔アイコン

かずさん。TBサンキュウです☆
はっきりいって、恋愛映画でしたね。

2011/8/28(日) 午後 10:06 なぎ 返信する

こんばんは♪調整員ポニーです。今日も微妙に凪さんの運命を
微調整しときました〜
本当は、あの日君たちふたりが歩く道には金魚屋があっんたけど
移動して映画に向かわせたのだよ(笑)今後もブログを見て調整局は
ひそかに動きます(爆) ロマンス映画はハッピーエンドがいいね♪
TB&ぽち

2011/9/26(月) 午後 6:10 pony 返信する

顔アイコン

ポニーさん。TB&ポチサンキュウです☆
調整ありがとうございました(^^)v
ハッピーエンドは大好きです♪

2011/9/28(水) 午後 2:06 なぎ 返信する

顔アイコン

議長と調整員は、たぶん…神様と天使たちですよ!
だってデヴィッドは大統領に、エミリーはバレリーナになれたんですから。
まあ、こういう描き方では、夢も希望もないですが…
これがフィリップ・K・ディック流ということです。

2016/2/6(土) 午後 1:02 やっくん 返信する

顔アイコン

> やっくんさん TBサンキュウです☆

神様と天使でも、充分にロマンティックですよ(^^)

2016/2/12(金) 午後 10:22 なぎ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事