★ひっくり返ったおもちゃ箱★

お引越し先⇒https://nagitoybox.blog.fc2.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 「エスター」「アンノウン」のジャウマ・コレット=セラがプロデュースし、ペドロ・アルモドバル作品の助監督などを務めてきたホルヘ・ドラドが長編監督デビューを飾ったサイコ・サスペンス・ミステリー。主演は「ロビン・フッド」「キック・アス」のマーク・ストロングと、TV「アメリカン・ホラー・ストーリー」で注目されたヴェラ・ファーミガの21歳年下の妹タイッサ・ファーミガ。共演にブライアン・コックス。
 ジョン・ワシントンは他人の記憶に潜入できる特殊能力で難事件を解決する“記憶探偵”。ある日、そんな彼のもとに拒食症に陥った16歳の少女アナのトラウマを探り出してほしいという依頼が舞い込む。数々の凶悪事件と向き合ってきたジョンにとって、それはいともたやすい仕事に思われた。富豪の一人娘アナは母親とその再婚相手の継父と森の中の大きな屋敷で暮らしていた。早速アナの記憶に潜入したジョンだったが、そこで彼を待っていたのは、性的虐待や殺人未遂といった血と暴力に満ちたあまりにも衝撃的な出来事の数々だった。やがて、ことの真偽を確かめるべく、関係者への聞き取りを開始するジョンだったが…。<allcinema>
2013年アメリカ 原題:MINDSCAPE ANNA 上映時間:99分
真実を知りたければ、思い込みを捨てろ。
記憶は嘘をつく――

監督:ホルヘ・ドラド
脚本:ガイ・ホームズ
音楽:ルーカス・ビダル
出演:
マーク・ストロング/ジョン・ワシントン
タイッサ・ファーミガ/アナ・グリーン
サスキア・リーヴス/ミシェル・グリーン
リチャード・ディレイン/ロバート・グリーン
インディラ・ヴァルマ/ジュディス
ノア・テイラー/ピーター・ラグレン
アルベルト・アンマン/トム・オルテガ
ブライアン・コックス/セバスチャン

イメージ 1
マーク・ストロング
最近知った俳優さんだけど、中々いい男(#^.^#)
今回は、他人の記憶に潜入する“記憶探偵”という役柄。

拒食症の少女アナのトラウマを解消するという依頼。
このアナを演じたタイッサ・ファーミガ
予告編を見たときは、
シアーシャ・ローナンかと思っちゃったんですが…^^;
色白(白人なので当たり前なんですけど)で、
雰囲気が似てる気がします。

記憶の中と現実が入り乱れだすと、
ちょっとわかりにくくなってしまうけど、
たぶん、アナが怪しいのかなと思っていると、その通りのラストが待っています。
出し抜かれた記憶探偵の、悲しい結末。

設定は面白いけど、何となく消化不良というか、満足度が低めでした。

プロミスト・ランド

 マット・デイモンが自ら製作・脚本・主演を務め、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督と再びタッグを組み、アメリカ国内で盛り上がるシェール・ガス革命に一石を投じた社会派ドラマ。大企業がシェール・ガスの採掘権買い占めに乗り出したことで静かな田舎町に巻き起こった波紋の行方を綴る。共演はフランシス・マクドーマンドとハル・ホルブルック、そして本作の共同脚本も手がけたジョン・クラシンスキー。
 大手エネルギー会社の幹部候補スティーヴは、仕事のパートナー、スーとともにマッキンリーという田舎町を訪れる。ここには良質なシェール・ガスが埋蔵していた。スティーヴの目的は、その採掘権を町ごと買い占めること。農業しかないこの町で、不況に喘ぐ農場主たちを説得するのは容易なことと思われた。地元有力者への根回しも欠かさず、交渉は順調に進んでいく。ところが、地元の老教師が反対の狼煙を上げたことで、採掘の可否が住民投票にかけられる事態に。さらにそこへ、他所から乗り込んできた環境活動家のダスティンが加勢し、思わぬ苦境に立たされるスティーヴだったが…。<allcinema>
2012年アメリカ 原題:PROMISED LAND 上映時間:106分
人生はいつでも、やり直せる。
監督:ガス・ヴァン・サント
原案:デイヴ・エッガース
脚本:ジョン・クラシンスキー マット・デイモン
音楽:ダニー・エルフマン
出演:
マット・デイモン ス/ティーヴ・バトラー
ジョン・クラシンスキー/ダスティン・ノーブル
フランシス・マクドーマンド/スー・トマソン
ローズマリー・デウィット/アリス
イメージ 1ハル・ホルブルック/フランク・イェーツ

自国の問題を、映画にしちゃったという作品。
それをマット・デイモンが製作・脚本・主演を務めている。

シェールガスの採掘権を買い取るために来た幹部候補生が、
町で出会った人たちとかかわることで、
町の良さや自分の人生を見つめなおすという話なんだけど、
マットほどの大物ではなくて、
もっと若い役者だったらよかったんじゃないだろうか…。

展開は面白いけど、主人公に魅力がない。
謳い文句が〝人生は何度でもやり直せる”だから、仕方ないんだろうけど、
それにしても、若造が主人公だったほうが良かったのかも。


イメージ 1
 トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾。イーサン率いるスパイ・チーム“IMF”が解体の危機に直面しながら繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、迫力のアクション満載に描く。共演はジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン。監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。
 イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。<allcinema>
2015年アメリカ 原題:MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION
絶対不可能に挑め。
監督:クリストファー・マッカリー
原作:ブルース・ゲラー
原案:クリストファー・マッカリー  ドリュー・ピアース
脚本:クリストファー・マッカリー
音楽:ジョー・クレイマー
出演:
トム・クルーズ/イーサン・ハント
ジェレミー・レナー/ウィリアム・ブラント
サイモン・ペッグ /ベンジー・ダン
レベッカ・ファーガソン/イルサ・ファウスト
ヴィング・レイムス/ルーサー・スティッケル
ショーン・ハリス /ソロモン・レーン
アレック・ボールドウィン/アラン・ハンリー
公開中ですが、ちょこっとネタバレしてます。


待ってました!
トムさんはやっぱりイーサン・ハントが良く似合う〜

冒頭から、予告で何度も観た飛行機のシーンです。
大興奮で始まりました。

今回は敵か味方がわからない謎の女・イルサが中心といっても過言ではありません。
レベッカ・ファーガソンは、特別美人というわけではないけど、
アクション盛りだくさんで、つよーい女性を好演してます。
潜入捜査官の悲しさ。
自分を取り戻せない苦しさも描かれていて、
ラスト、自由になって走り去るシーンは印象的でした。

前作で加わったジェレミー・レナー演じるブラントは、
今回は現場でなく、スーツ組との攻防戦を演じてます。
特に、イーサンでなく、このブラントで締めくくったあたり、今までと違った演出でした。

実は観終わって前4作レンタルしたんです。
前作からの繋がりがあったんですね〜。
“シンジケート”の存在は、最後で語られていました。
やっぱり復習は大事かも

で、今回のアクションシーンも満足。
昔なじんだ、スパイものらしい小物は少なくなってますね。
今やそういうものより、ハッキングだのデータだの、より高度になってます。

トムさんのアクション満載ですけど、個人的にはバイクシーンが好きでした。
行けるところまでこの路線で突っ走ってほしい。
そう願ってます

中国出資ですかね?
「トゥーランドット」が中国仕様になっててびっくり

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事