最新記事

すべて表示

FFレート

米国の早期利上げ観測が 浮しているが実際のところはどうなのだろう。FFレートの誘導目標は現在0.5%だが市場は0.41%と目標を下回っている。はたして利上げすることがよしとされる状況かよく考える必要がある局面だ。

米国の輸出は2015年減少傾向が続き2016年1月は最近の最低額となった。世界経済が昨年より縮小傾向を続けている可能性がある。また、輸入を見ても同じように減少傾向が続いている。雇用統計はすこぶる良い数字だったがあくまでも遅行指標だということは忘れるべきではない。日本同様廉価な派遣労働だけが大きく雇用統計を押し上げている可能性が高い。輸入額の減少を ...すべて表示すべて表示

中央銀行の主な仕事は物価の安定だで為替の変動ではないが実際には中央銀行の動きに為替市場は大きな動きをする。 上図は米国の消費者物価の動きだが注目すべきは食品エネルギーを除いた物価が2015年は一貫して上昇傾向にあることだ。年央以降原油の急落で他の物価にも影響が出るはずだが実際には物価の上昇傾向がはっきりしている。 米国の最 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事