MZ-80 パソコン開発物語

今だから話せる、パソコン開発記録を連載します。 感想をコメントに残して頂けたら 嬉しい・・。

全体表示

[ リスト ]

MZ80レプリカ (10)

イメージ 1

GOSUB、GOTO文の処理  ( BASIC インタープリタ製作)

LIST命令による、テキスト文の表示
  100行 主命令 main かな? (200行をコール、300行をコール)
  120行 プログラムの終了
  200行 実行の証(Gousub 200をプリント)500行へ飛ぶ
  300行 実行の証(Gousub 300をプリント)リターン
  500行 実行の証(Goto 500をプリント)リターン

◆ RUN命令による、テキストの実行
  200行 実行
  500行 実行
  300行 実行

暫く BASIC インタープリタ製作をさぼっていたかな?
少し ハード面の改良が必要でね・・、
H8/3048で製作しているが、Cコンパイラ・浮動小数演算など、かなり容量をとるのと、FAT16処理を
行うには、不足気味なのでH8/3052へのチップ変更。 でも 切り替え作業が、遅々と進まず・・。
作業の難易でなく、正月気分で、ダラケ・・気乗りがしなかったのが・・原因? 反省事項ですな・・。

まあ、価格と言い、内容と言い・・、H8/3048は、廃盤となるのも時間の問題だね・・。

MZ80レプリカ製作は連載物です。 最初のページ(1)から ご覧下さい。
  MZ80レプリカ製作(1)

閉じる コメント(7)

顔アイコン

こんにちは。以前よりROMってます。 自分の初めてのパソコンがMZ-80K2で、ここのレプリカ制作には非常に興味が有ります。 しかしどうせレプリカを作るならば、FPGAを使って完璧に同じハードを再現させた方が良いのでは無いでしょうか。 MZ-700を作られた方がWeb記事を書いています。 http://www.retropc.net/ohishi/mzbyfpga/ MSXAライセンス商品の1chipMSXは予約購入しました。 http://www.msx.d4e.co.jp/ いま自分ではこの1chipMSXのハードに、上記のMZ-700ハードを仕込めないか考えているところです。

2007/1/6(土) 午後 3:33 [ - ] 返信する

顔アイコン

>FPGAを使って完璧に同じハードを再現・・。Z80バイナリコンパチのIPのfz80のHDLがあるようですね。 それも一案ですね。 今 僕等が進めているのは、テキスト・コンパチで、I/O(キイ、LCD制御部・・)は、多分FPGA?になるかと思います。古き時代を懐かしむ・・でムードを出したいと思っています。 ディスコンとなったLSIの再現は、FPGAが最適ですが、Z80などの低速CPUの再現は、SH、ARMのアセンブラで可能かも・・。

2007/1/7(日) 午後 5:14 [ nag*sa_*ei ] 返信する

顔アイコン

中西さん、みなさん、明けましておめでとうございます。本年もよ ろしくお願いします。 MZの雰囲気を楽しむためのレプリカも魅力だし、バイナリコンパチ もワクワクしますね。 私はいま、アドテックシステムサイエンスのCOMKIT復刻版に入れ込んでいます。当初はTTL-ICで制作されていたCPUキットですが、それをFPGAによってバイナリコンパチを実現しています。メモリ256バイト命令16個のTinyCPUにアセンブラを自 作して楽しんでいます。 今年はこういうものがたくさん出てくることでしょうね。 削除

2007/1/8(月) 午後 3:29 [ かの ] 返信する

顔アイコン

かのさん 今年もよろしく。COMKIT復刻版 楽しみにしています。 組み込み系の分野を目指す若い人にとっては、CPUの基本動作を理解する良い教材かと思います。がんばって下さい。

2007/1/10(水) 午後 5:59 [ nag*sa_*ei ] 返信する

顔アイコン

かのさんも技術談義のプログを開設してくれると面白いなー。中西さんと競い合って皆を楽しませてください。MZ80プログ大ファンの一人より。 削除

2007/1/12(金) 午後 5:23 [ flappy58 ] 返信する

顔アイコン

> かのさんも技術談義のプログを開設してくれると面白いなー。 ひえー、御大の前で畏れ多いことで。^^; 削除

2007/1/15(月) 午前 9:15 [ かの ] 返信する

顔アイコン

dirac11です。ファンになってくださりありがとうございました。MZ-80K懐かしいですね。一時友達から譲っていただいた事がありました。そのころはまだMSXという8bitのパソコンがあり全盛の時代でした。まだフロッピ^ディスクドライブもなく、データレコーダにセーブあるいはロードしていました。あのピー、プーという音が懐かしいですね。このような時代を知っている世代はシニアの世代でしょうね。データレコーダからランダムアクセスのFDを使ったときは目を見張る世界がありましたね。

2007/1/15(月) 午後 11:51 [ dirac11 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事