MZ-80 パソコン開発物語

今だから話せる、パソコン開発記録を連載します。 感想をコメントに残して頂けたら 嬉しい・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

以前にも書いたが、事業部制は、会社の事業分野別に、いくつかのの事業部単位に組織を分割する。

この事業経営法は、昭和の時代の偉大な経営者 故松下幸之助の発想によると言われている。

簡単に言えば、 会社全体の経営数字は、全部の事業部の収支を合算した結果とも・・言える。

それだけに、各々事業部の事業部長の責任は重く、年の収支計画を立て本社の承認を貰う・・

まあ、承認される計画は、景気・事業内容・実態に関係なく、カッコ良い 右上がり計画だけど・・ネ。

事業部長は、なりふり構わず、計画達成のため、突進するワケ・・、 首根っこにナワを付けた 鵜だよね。


発足した、部品事業のスタートは、経営的に サンタンたるもの だった。

経営の責任者は事業部長。 『何とかしろ・・』の命は下に降りてくるが、具体性は無い・・

よく 経営手法で酷評されるが 『火の用心』・・『火の用心』・・と部下に伝えているような状態・・。 

でも 俺は、係長だから・・まあ 適当にやって行けば良いのかな・・


最初の仕事は、テレビの偏向部品(フライバックトランス、偏向コイル)の設計。

工場長から、テレビの部品をもっと理論的に設計開発する使命が有って 残されたのだから・・

本音は 新テレビ工場・栃木への転勤を逃れたと 内心 うれしかったが、地味な業務だな・・


新組織で、上司となったK技術課長とは、なぜか馬が合う・・良い関係で、K課長を守る為にも

今出来ることは何か?、何とかこの課だけでも、成果が出せたら良いな・・と思うようになった。


MZ−80開発記録は連載物です。 最初のページから ご覧下さい。
  MZ物語 最初のページ(1)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

MZ80Cの後期、80Bの試作(思索?)期に企画に入りましたNです。
プリンタP5の試作機を本社前の横断歩道で落としてしまい、どれだけ怒られるかと思いましたが、技術の方は「しゃーないなぁ 高いんやでこれ」でこらえてくれたことが懐かしく。

2007/11/3(土) 午後 9:17 [ uo0*0*u ] 返信する

顔アイコン

こんにちは

3?年前 MZ-80Kを公立高校に入学できたら買ってやると言われ
念願が叶い買ってもらったことを改めて思い出しました。
当時198000円でしたよね。
いま考えれば随分な我がままを言ったものです。

届いたその日に朝までかかって組み立てて
始めて電源を入れたあの日はいまでも鮮明に覚えています。

それから猿のように(笑)マニュアルや雑誌に記載されたコードを打ち込む日々
そして、今私はプログラマとかSEとかと呼ばれる職業に
MZ-80Kがなければ今の自分はありませんでした。

もう一度初心に戻る勇気をもらったような気がします。
ありがとうございます。

まだ、ほかの記事は読んでいないのですがこれから読ませていただきますね。

2011/2/14(月) 午後 3:19 [ SRHSRH ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事