MZ-80 パソコン開発物語

今だから話せる、パソコン開発記録を連載します。 感想をコメントに残して頂けたら 嬉しい・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MZ-80開発当時に関する機器を探して・・・古い記憶とgoogleサーチで検索した。
兵庫県のSystemGearグループの『日本システム開発』の機器である事が判った。

この会社の沿革によると、8008と8080システムが記載されている。
1973年11月 8008を搭載した「PDC-8」第1号機を東京工業大学様に納入
1974年4月  8080を搭載した「PDC-80」を開発

『日本システム開発』を訪ね、お願いをして写真を撮らせて頂いた。
僕の使ったPDC-80は、無かったが、その前機種PDC-8(記載の写真)は、完璧に保存されていた。

PDC-80は、僕がすごい係わり合いのあるマシーンである。
当時、部品事業部で、(勿論 MZ-80Kを開発する前)テレビ部品の生産設備を開発していた。
TTL・ICでステップ動作をするマシーン(シーケンサの様なモノ)で動作させていた頃
メンテナンスを考えると、マイクロコンピュータで作るべき・・の結論に至った。

開発環境を探している時、PDC-8が見つかり、導入を決めたが、
『日本システム開発』の人が、”今 8080機を開発している。少し待ってほしい”との事だった。
1974年夏、PDC-80をを導入した。 端末タイプライタは、あの騒音で有名な ASR-33だった。
PDC-80の前パネル、所謂 『顔』は、殆どPDC-8と同じである。

このPDC-80は、ラインエディタ、8080リロケータブルアセンブラ、リンカーが揃っており、
8080のアセンブラソフトを開発するには十分であった。
但し、紙テープを外部記録・入出力に使うから、遅い、やかましい、紙テープの残骸・・
このマシーンで、アセンブラに慣れ、「浮動少数BASICインタプリタ」の開発・・恐れ知らずの挙行に
走ったのも、PDC-80のお陰か?・・ PDC-80は、MZ-80のマザー・マシーンと謂えるだろう。

ここで、重大なことがある。
8080を搭載したAltair 8800は1974年12月に米国の MITS社が開発し,最初のマイコンいわれている・・が。
Altair 8800は、機械語をスイッチでポチ・・入力する代物で ソフトサポートが無かった。
これに比べ、PDC-80は、開発ソフトがサポートされており、Altair 8800を超えるコンピュータと言える。
1970年代初頭、日本に、すごいコンピュータ技術陣が居たこと、余り知られていないのが残念だ。
開発時期、ソフトサポート完備の意味に於いて、コンピュータ歴史を書き換える必要がある。

<参考> SystemGearグループの『日本システム開発』の沿革
        http://www.systemgear.com/profile/histry/top.html

閉じる コメント(2)

顔アイコン

黎明期に於けるパソコン間発環境である、マザー・マシンの歴史を正確にトレースできたのですね。素晴らしい発見です。MZ物語の本出版しましょう。 削除

2010/6/18(金) 午後 2:11 [ flappy61 ] 返信する

顔アイコン

なんとっ。Altairより先に、アセンブラなどのシステムソフトまで完備した8080搭載機を日本の会社が販売していたなんて。

そんなソフトサポートが全くなかったAltairは商売人ビルゲイツがBASICを乗せて注目の的に。それなのにPDC-80は…。日本のマニアはなにをしていたのだ。残念至極。

中西御大。ぜひこの事実も含めてMZ-80開発記を出版しましょう。最新版の中西BASICの全ソースリストも載せて。 削除

2010/6/24(木) 午後 5:59 [ かの ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事