MZ-80 パソコン開発物語

今だから話せる、パソコン開発記録を連載します。 感想をコメントに残して頂けたら 嬉しい・・。

全体表示

[ リスト ]

CCS PCH BUG(?)

UARTのキャラクタ化けに関し、解決しました。

CCS Support からのメールのポイントは・・

The PIC18F26J50 is a USB chip and it's oscillator configuration is different than the PIC18F2620.
The frequencies that can be used are 4, 8, 12, 16, 20, 24, 40 and 48 MHz.
For USB chips the input frequency to the PLL needs to be 4MHz,
When using the PLL , there is only 4 frequencies that can be used for the system clock,
they are 8, 16, 24 and 48MHz.

the PIC18F26J50 it requires that the PLL be enabled with the setup_oscillator(); function

For USB chips the input frequency to the PLL needs to be 4MHz,
so if your external clock frequency is 4MHz the fuse is PLL1,
if it is 8MHz the fuse is PLL2,
if it is 12MHz the fuses is PLL3, etc.
The NOCPUDIV fuse sets the system clock to use.
The fuse NOCPUDIV is used for a system clock of 48MHz,
CPUDIV2 is used for a system clock of 24MHz,
CPUDIV3 is used for a system clock of 16,
and CPUDIV6 is used for a system clock of 8MHz.

・・でした。

PICのUSBチップは、4MHzを基準に動作しているので、XTAL周波数は、決まっている。
(Microchipのマニュアルを読むと、詳しく書いている・・・)
PIC18F2620の様に、PLLは、単に4倍するとして動作させてしまった。・・お粗末・・

尚、PIC18F26J50チップは、UARTが ハードで2ポート持っているので、UART1,UART2としStreamを使うと、
各々の受信割り込みが使え、高速・快適・・・・まあ 良いチップかな・・

以上、USB chip(PIC18F26J50・・)のマニュアルを充分読まなかった原因。
CCS Supportには、 申し訳なかったかな 〜。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

初めまして。MZ80懐かしいです。
私のPC人生の始まりがMZ80でした。
レプリカ製作楽しみにしております。

2012/8/20(月) 午前 4:38 [ Upjohn ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事