トーキョー物産展マニア=東京の物産展など=

容量の制約もあってブログを引越し中。引越し先はお気に入りブログからどーぞ。関心空間もいいですよ。

物産展

[ リスト | 詳細 ]

業界ウラ話や、地域振興についてなど、物産展にまつわる
さまざまな情報をお伝えします。
(物産展レポートは「物産展レポート」に徐々に移行中です。)
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

百貨店の物産展で販売されている数多くの商品は、
大きく二つの形態で仕入れられています。

’禺荵兎
⊂嘆住兎
以上の二つがその形態です。
どちらの場合も客が購入した代金は一度百貨店に入ることになります。

買取仕入とは、百貨店が買い取りで仕入れて、百貨店側が販売するものです。
当然、残った在庫は百貨店が処分することになります。

消化仕入とは、出店者が商品を持ち込み、出店者自身が販売するものです。
そして、売れた(消化した)分だけ百貨店が仕入れるものです。
売り上げた分だけ仕入れるということで、売上仕入と呼ぶ百貨店もあります。
(つまり、分かりやすく説明すると売上の一定の割合を百貨店が取り、
残りを出店者に支払うものです。)
ですから、残った在庫は出店者が持って帰ることになります。

そしてこの2つの形態の違いは、消化仕入の場合、
出店者は人件費・交通費と宿泊費がかかるという点にあります。

従って、多くの場合買取よりも、消化のほうが
仕入原価率が高くなる傾向にあります。

一見すると百貨店には有利に見える消化仕入ですが、
出店者にもメリットはあります。

売上が一定の水準を超えた場合、出店者が得られる利益が
買取で同じ額を売った場合より大きくなるのです。

たとえば、ある商品があって、
百貨店が買取仕入で75%、消化仕入で85%で仕入する場合を考えてみましょう。
そして、出店者の商品の製造原価は、販売価格の30%と仮定します。
交通費・宿泊費はそれぞれ5万ずつかかるとします。
(人件費は、自社の人員を使うと仮定して計算しません)
この商品が50万・100万・200万売れた場合を見てみましょう。

A.50万の場合
・買取の場合:百貨店の仕入原価は37.5万
そこから、製造原価を差し引くと出店者は22.5万の利益があります。
このときの利益率は45%です。
・消化の場合:百貨店の仕入原価は42.5万
そこから、製造原価と交通費・宿泊費を差し引くと17.5万の利益になります。
このときの利益率は35%です。
つまり、買取のほうが出店者には有利です。

B.100万の場合
・買取の場合:百貨店の仕入原価は75万
そこから、製造原価を差し引くと出店者は45万の利益があります。
このときの利益率は45%です。
・消化の場合:百貨店の仕入原価は85万
そこから、製造原価と交通費・宿泊費を差し引くと45万の利益になります。
このときの利益率は45%です。
つまり、買取と消化の場合の利益が均衡します。

C.200万の場合
・買取の場合:百貨店の仕入原価は150万
そこから、製造原価を差し引くと出店者は90万の利益があります。
やはり利益率は45%です。
・消化の場合:百貨店の仕入原価は170万
そこから、製造原価と交通費・宿泊費を差し引くと100万の利益になります。
つまり、利益率は50%になりました。
そう、買取仕入よりも消化仕入の方が、利益が大きくなるのです。

ちょっと、話が専門的になりました。
ちなみに、ここに出した数字はあくまでシミュレーションで、
実在の商品を指すものではありません。
(まぁ、当たらずとも、遠からずな数字ですけど…)

では、この出店者に有利になる可能性のある消化仕入より、
買取仕入が幅を利かせているかというと、実はそうではありません。

おそらく、9割以上が消化仕入です。買取は1割にも満たないのです。
その理由はいくつか考えられます。

1.百貨店が買取仕入でコントロールできる商品数は限界がある。
百貨店の商品管理は意外と遅れていて、特に短期間の取引になる
物産展においてはシステム化が困難で、手作業に頼ることが多く、
他のフロアやスーパーやコンビニのように多くの商品を管理しきれないのです。

2.売れ残りのリスクを負わなくて済む。
先ほども述べたように、物産展は短期間の取引であり、
普段取り扱わない商品も多くあります。
そうなると、売れ行きの予測が非常に難しく、
買取では在庫のリスクを負うことになりかねないのです。

3.百貨店に販売力やノウハウが無い。
「餅は餅屋」ではないですが、商品によっては
百貨店は商品知識や客のニーズの把握が弱く、
買取で販売しても売れる見込みが無いことや、
商品の取り扱いが難しく、取り扱いのノウハウがない場合もあります。

4.出店者のブランドそのものや販売員に魅力がある。
とくに老舗の場合、そのブランドやその販売員に魅力が
あるため、百貨店が利益を削ってでも出店して欲しい場合があります。

5.実演販売でないと売れない。
お弁当や菓子などの場合、実演販売で無いと売れないものがあります。
こうした場合も消化仕入になります。

こうしてみると、逆にすべての商品を消化仕入した方が
良いような気がします。
ところが、逆に買取にせざるを得ない場合があるのです。

ここまで書いて流石にバテてきましたので、買取の理由は次の機会に。

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

7月9日に「COCCO MIYAGI 宮城ふるさとプラザ」が
ついにオープンしました。
池袋地区初の都道府県のアンテナショップです。

残念ながら、オープン日には訪問できませんでしたが、
10日に行ってみることができました。

運営する(社)宮城県物産振興協会の公式発表によると
146社の1054品目が販売されているそうです。

日曜の午後6時過ぎということもあり、
店内は歩くのが困難なほど混雑していました。

まず、入口を入るとプロモーションコーナー。
オープン記念で7月17日(日)までの期間限定で
菓匠三全の「萩の月」を試食販売していました。
その奥には、今話題の楽天イーグルスグッズの販売コーナーも。

そのほかにも、
笹かまぼこ、珍味、海藻類、白石温麺、仙台駄菓子、
ずんだ餅、惣菜レトルト、乳製品、
ハム・ソーセージなども扱っています。

宮城米の販売コーナーもあり、玄米もあって、備え付けの精米機で
お好みで精米することも出来ます。

また、1階の奥には「伊達の牛たん」のイートインがあり、
牛たん定食が味わえるとともに
生の牛たんを持ち帰ることも出来ます。

2階は、酒と民工芸品のコーナー。
県内の銘酒や、仙台箪笥、こけしが販売されています。
また、観光コーナーや商談コーナーもあります。

営業は年末年始除く毎日10時30分−19時30分です。
詳細はこのショップカードをご覧下さい。
(って、見にくいかもしれませんが。)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c0/b1/naha78ryu9ishigan10/folder/347596/img_347596_6486894_1?20050710233648

なお、「宮城ふるさとプラザ会員カード」の会員を募集していました。
購入本体価格500円ごとに1ポイントが付与され、50ポイントで
500円のお買物券に交換できるというものです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c0/b1/naha78ryu9ishigan10/folder/347596/img_347596_6486894_2?20050710233648
こちらは裏面。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c0/b1/naha78ryu9ishigan10/folder/347596/img_347596_6486894_3?20050710233648
二日間で約1100人の入会があったようです。

私も会員カードを使って、早速お買物してみました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c0/b1/naha78ryu9ishigan10/folder/347596/img_347596_6486894_0?20050710233648

菓匠三全・萩の月126円(カスタード風味)
菓匠三全・萩の調126円(チョコレート風味)
べこ正宗・牛たんカレー525円
アイビー・楽天クラッチクッキー525円
2ポイントゲットです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(2)

相変わらず、お中元商戦が続いております。
1番のピークは先週だったのでしょうが、今週が2番目のピークのはず。

というわけで、相変わらず物産展は開催されておりません。
気がついたら、この1週間物産展に関連の無い記事ばかりアップしておりました。

というわけで、今日こそは物産展の話題。
物産展を開催するにはお世話にならなければならない役所が二つあります。
消防署と保健所です。

まずは、消防署関連。
駅や百貨店は不特定多数の人が出入りする空間であるため、
通常よりもかなり厳しい消防法の規制があります。
(一般家庭にも火災報知機の設置を義務付けるという
動きがありはするようですが)

たしかに混雑時に火事が起きると
大変なことになりそうですよね。
かつて、銀座松屋・熊本大洋デパートなど
百貨店の火災で死傷者が出たことがありました。

では、その規制とはどのようなものかというと、
_从卮生のリスクを最小限にする
延焼しない設備を設置する
H鯑顱ν尭蛎寮を整備する
この3点につきます。

そのために、消防法や建築基準法で
スプリンクラー・消火栓の設置、避難階段・通路の確保、
自衛消防隊の設置・消防訓練の定期的実施、
といったことが義務付けられています。

物産展に関連しては、
防火区画外では裸火が使用できない、
防炎加工していない布製の装飾物の持込が出来ない、
2箇所以上の避難階段に接続することのできる
幅2メートル以上の避難通路を確保する必要がある、
といった規制があります。

ですから、ガスコンロは絶対に会場では使用できません。
会場では電気コンロ、電磁調理器を使用することになります。

もちろん、防火壁・強制排気装置などを設置した
厨房(いわゆる防火区画)では使用できます。

また、出店者が持ち込む暖簾は必ず防炎加工する必要があります。
(でも、布製でも商品は防炎加工されていないのですが…)

そのほかに、400℃を超える熱を出す器具を使用する場合、
禁止行為解除申請という書類を、図面・器具の仕様書を添付して
消防署に提出することになります。
これらの業務は百貨店では保安関連部署が行うのが通常です。

これを提出すると、物産展の初日の朝に消防署が査察を行って、
許可することになります。

さて、保健所関連。
こちらは、単純に百貨店だから規制が厳しいということはありません。
しかし、食品衛生法では商売として食品を製造・販売(つまり営業行為)
するとなるとこちらも厳しい規制があります。

こちらも食中毒が発生すると大規模になりがちなので
非常に慎重に対処しなければなりません。

かつて、北関東の北海道物産展でも「かきめし」から
食中毒が発生したこともありました。
こうした場合、営業停止処分になります。

特に物産展の場合、普段は食品を扱う場所でないところで食品を扱うので、
物産展の度に保健所に営業許可の申請を出すことになります。

どのような営業許可があるかというと…
食料品等販売業食料品を販売する際はかならず要申請都道府県食品衛生指導(的な)条例
飲食店営業弁当・惣菜の製造食品衛生法
喫茶店営業飲料などのイートイン向け販売食品衛生法
菓子製造業菓子・パンの製造食品衛生法
食肉販売業精肉の販売食品衛生法
乳類販売業牛乳の販売食品衛生法
魚介類販売業鮮魚の販売食品衛生法
アイスクリーム製造業ソフトクリームの製造販売食品衛生法
など。

こちらも、食品衛生法で定められた施設を設置して
図面を添えて、営業許可の申請書を保健所に提出することになります。
(実際には、申請時には施設が設置されていないので
施設図面を提出するだけです)

施設とは、手洗い器・シンクなどの洗浄設備や
冷蔵・冷凍設備など普通の家庭でも必要なものです。
ただしそのサイズなどの仕様はかなり細かく規定されています。

まれに、保健所の指導が厳しい地域では、
製造実演は実演囲いが必要であるということで
実演区画が設置されることがあります。
たとえば、池袋地区とか。

そして、こちらも物産展初日の朝
保健所が査察に来て営業許可が出されます。
百貨店では食品関連か品質保証関連の部署が
これらの業務を行っています。

そう、消防署も保健所も初日の朝に来るんですね。
百貨店の物産展担当者は大変です。

ちなみに、食品衛生法では商品表示が義務付けられています。
(計量販売の場合は口頭で説明するという前提で不要)
名称・原材料・内容量・保存方法・賞味(消費)期限・製造者・所在地です。
これも、結構チェックを受けます。

また、薬事法の規制もあります。
健康食品、健康器具で「効果・効能」表示は禁止されています。
「癌に効く」とか「血糖値が下がった」などとは言えないのです。

雑誌・書籍を横においてあることがありますが、あれも違法。
出版自体は「表現の自由」ですから問題ないのですが、
あれを販売ツールには使用できないのです。


かなり大雑把に書きましたが、このような仕組みがあるからこそ
物産展で安心して買物が出来るようになっているのです。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

物産展に出店している多くの会社は、
それほど規模の大きい会社ではありません。
むしろ小さい会社が多いでしょう。
家族経営のところも少なくありません。

そんな会社が物産展に出店するのは
容易なことではないのです。

なにしろ、地元から東京(に限らず物産展の会場)までの交通費、
そして開催期間中の宿泊費もかかるのです。

それ以前に地元の商売もあるので、
会社や店を閉めてくることもできません。
商品を地元の小売店などに卸している会社は、
工場も稼動させ続けています。

しかし、物産展は通常10時ごろに開店してから
8時ごろに閉店するまで営業しています。
そうすると、営業時間中に食事や休憩、そして商品補充のために
倉庫にも行くことも必要です。

そうなると、最低でも2人は販売員がいなければ営業できません。
できれば、早番・遅番でシフトを組みたいところですから、
3人以上いることが望ましいでしょう。

しかし、先ほど述べたように、
経済的理由・物理的理由から、2人以上東京まで
出張してくるのは困難です。

そこで、出店者はいろいろ手段を考えます。
1つは、東京の親戚・知人友人に手伝ってもらう、
というのがあります。

しかし、そんなに都合よく行くことはまれです。
そんな時、強力な助っ人があります。

それが、マネキンです。

マネキンとは、販売専門の人材派遣業から
派遣されてくる(ほとんどが女性の)販売員のことです。
マネキンは通常特定のマネキン紹介所に登録していて、
紹介所を通じて依頼があると出向いて販売をするのです。

マネキンは通常日給制で、10000円くらい。
それに、残業代や交通費が別途加算されます。
これを、マネキンの口座に入金します。

そして、3000円くらいが別途紹介手数料として
紹介所から請求されます。
これは、紹介所の口座に振り込むことになります。

(多少時間が前後するかもしれませんが、)
大体9時30分−6時の早番と、11時30分−8時の遅番で
販売に従事します。

服装は通常黒いスカートに白いブラウス。
靴は黒の革靴で、ストッキングは黒紺か白。
物産展の場合、地元からきた人は意外と
服装に無頓着ですから、すぐに見分けがつきます。
さらに、言葉に訛りがないですからね。

マネキンは販売専門業なので、売ることにかけては
非常に長けています。
場合によっては、特定の百貨店で従事し続けているため、
マネキン自体がお得意さんを持っていることもあります。

ですから、皮肉なことに商品については
一番詳しいはずの出店者よりも売れることもあります。
すると、出店者によっては、マネキンを次回から
指名して派遣してもらうようになって、
半ば専属化(半ば社員化)することすらあります。

雇うほうの出店者にとっても、
毎回、商品について、取扱い方について
いちいち説明するのは面倒でもありますからね。

それに、百貨店の就業ルールや運営方法は
大体のところは同じですから、
マネキンはそれも心得ているので、
初めて、とか年1回だけ地元からやってくる
出店者にとっては、いろいろ教えてもらえる、
というメリットもあります。

多くの場合、店舗ごとに頻繁に出入りする
マネキン紹介所が決まっている上に
多くの物産展では、出店者に対して
百貨店がマネキン紹介所を斡旋するので
さらにその傾向は強まります。

たとえば、池袋東武の物産展のマネキンは、
大体が豊島区南大塚にあるマネキン紹介所から
の派遣です。

池袋東武が斡旋してるかどうかは知りませんけど。

経験豊富なマネキンや有能なマネキンは
お客さんの動向や、何が売れるかを
把握しているので、場合によっては
出店者に助言したりまでします。

(まれに、指図された、といって
不愉快になる出店者もいますけど…^_^;)

また、紹介所もマネキン1人1人の適性を知っているので、
例えば、ケーキには若い人、海産物には威勢のいい元気な人、
といった適材適所で派遣してきます。

こういう存在があるから、出店できる会社も多いわけで、
物産展にとっては欠かせない存在なのです。

ちなみに、マネキンは物産展だけではなく
地下の食料品売場や衣料品にも多くいます。
だから、地下の催事場などでは、
毎週会社が入れ替わっても
毎週同じ人がいたりするわけですね。

ちなみに、マネキン以外にも
学生専門の人材派遣(マネキンよりは
給料が安いが、販売力は劣る)や、
イートインの配膳を専門に手掛ける
配膳会という組織もあります。

配膳会はホテルや結婚式場などにも
宴会の際は派遣されたりもします。

あと、驚いたことに、寿司職人の
派遣を手掛ける人材派遣もあります。
いやー、この存在を知ったときは
本当にビックリしました。

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

さっき、9時前に寝ていたら呼び鈴が鳴りました。
出てみると、ヤマト運輸でした。

(何も送られてくるはずは無いんだけどなぁ)
と出てみると、セールスドライバーさんも
その表情を見て取ったのか、
「京王百貨店の景品みたいですよ」。

(あ、大琉球展で応募した日本パイナップル缶詰協会のブランド当てクイズだ!)
うそーん!
牡蠣しか当たったことないよ。
と、セールスドライバーには言わなかったですけどね。

まだ中身は見てないですが、取り急ぎ喜びの声でした。

開く コメント(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事