ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 9日に雪が降った、「スノーシューに行かねば!」、10日にイン谷口からコヤマノ岳(1181m)経由で武奈ヶ岳を往復した。
 7時35分にイン谷奥の園地に着くと積雪約10センチ、上部はかなり多いと予想できた。7時56分に出発、第一ルンゼ入口の手前辺りから次第に雪が深くなってきたが、金糞峠まではツボ足で登り、金糞峠でスノーシューを付けた。
 この日の天気は曇り、下部は時々晴れ、上部でも樹氷はついていなかったが、眺望は最高だった。軽いトレースがあり、風も弱く快調に進み、コヤマノ岳の樹林帯を通過し、最後の坂を登って武奈ヶ岳山頂に到着、山頂には数人の登山者がいた。 山頂からの眺望は抜群で琵琶湖、蓬莱山、伊吹山、霊仙山、鈴鹿山系などがくっきりと見え、しばらく見とれていた。
 この日、途中で出会った人は約15名、積雪期の平日にしては多かった。上部の積雪は約1メートルであったが、武奈ヶ岳山頂には立派な雪庇ができていた。
 ショットは上から ①コヤマノ岳山頂 ②コヤマノ岳から釈迦岳方面 ③冠雪の武奈ヶ岳 ④武奈ヶ岳山頂手前 ⑤武奈ヶ岳山頂 ⑥山頂から蓬莱山方面 である。 
  
 コースタイム:園地(07:56) 〜 青ガレ(09:00) 〜 金糞峠(09:56)
          〜 コヤマノ岳(11:36) 〜武奈ヶ岳(12:28) 〜 コヤマノ岳
      (12:57) 〜 金糞峠(14:10) 〜 園地(15:24)
              ※行動時間7時間28分

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事