ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 坊村から武奈ヶ岳を往復する予定であったが、御殿山(1097m)辺りから風が強くなり、次のピークからは強烈な吹雪、途中で登頂を断念して撤退した。
 坊村の大駐車場に車を停め、7時42分に出発した。登山口から少し積雪はあったが予想よりずっと少なかった。人工林を過ぎて積雪が増え始め、風も出てきた。夏道との分岐を過ぎると木々の先に雪と樹氷が!さらに登るにつれて積雪が増え、樹氷も大きくなってきた。新雪も積もっており、一面真っ白の雪景色に感動!御殿山からは西南稜は何とか見えたが、武奈ヶ岳はガスの中、コヤマノ岳の樹氷はぼんやりと見えた。御殿山から進んでピークを過ぎると強い吹雪、その先にはトレースも人影もない。天気の回復も期待できず、ここで撤退することに決めた。
 出会った人は多数、ただ、武奈ヶ岳山頂まで登った人はかなり少なかったと思われる。この日の天気は雪、登るにつれて風が強まり、稜線は強い吹雪。雪が降り続いて快適でない歩行、特に稜線では目出帽を被っての苦行であった。
 ショットは上から ①御殿山手前の平地 ②雪庇 ③御殿山から西南稜 ④ワサビ峠の雪庇 ⑤ワサビ峠 ⑥西南稜ピーク ⑦西南稜から武奈ヶ岳方面 ⑧樹氷 である。 
  
   コースタイム:坊村駐車場(07:42) 〜 御殿山(10:03) 〜 西南稜第1ピーク
       (10:24) 〜 御殿山(10:54) 〜 坊村駐車場(12:22
                   ※行動時間4時間40分

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事