ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 昨日の氷ノ山に続いて隣の赤谷山へ。冬は国道29号線の新戸倉トンネル手前の国道横スペースに駐車し、旧国道から歩き始める。赤谷山は宍粟50名山の中で5番目に高い山で、戸倉峠(赤谷山登山口)からブナ林の県境を行く。無雪期は戸倉峠の手前まで旧国道を車で行ける(鳥取には抜けられない)が、積雪期は深い雪に覆われている。
 新戸倉トンネル(標高約730m)手前のPに車を停め、7時4分に登山を開始した。
積雪が約30センチの旧国道をどんどん進むと、戸倉峠に着いた。赤谷山の標柱のある箇所辺りで適当に急坂へ取り付いた。雪は適当に締まっていてそれほど沈まなかったので、まあまあ快適に歩けたが、尾根の雪が飛んでいて地面が見えている箇所もあった。P1143 辺りからは気持ちの良いブナ林が続き、雪庇が左にできていた。そのうち山頂が見え、振り返れば真っ白な氷ノ山がその雄姿を誇っていた。周りの眺望を楽しみながら稜線を進んで広い山頂に着いた。
山頂からは360度の大パノラマ、北に氷ノ山、その左に扇ノ山、東山(とうせん)、クラマス、三室山などが見え、南には宍粟の山々が、さらに東には但馬の山々と見飽きることのない展望であった。
 この日の天気は曇り、出会った人は下りに1人のみの静かなスノーシューハイクであった。ショットは上から  ①旧国道の残雪 ②ブナの稜線 ③稜線からの扇ノ山 ④赤谷山山頂直下 ④赤谷山山頂からの氷ノ山 ④赤谷山山頂 である。 

   コースタイム:新戸倉トンネル手前P(07:04) 赤谷山登山口(07:56) 〜 赤谷山
                     (09:22) 〜 赤谷山登山口(10:02) 〜  新戸倉トンネルP(10:36) 
                     高野峠一山登山口P(11:09 〜 駐車場(11:50)
             ※行動時間 ・・・ 4時間46分 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事