ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 28日の天気が悪そうだったので27日に弥彦山と角田山の2座を登ることにした。
日本三彦山とは新潟の弥彦山、福岡の英彦山、兵庫の雪彦山である。この三山は古くから修験者の山として知られている。弥彦山だけはまだ踏破していなかったので、雪割草とカタクリで有名な角田山とともに登ることにした。
 弥彦山へのルートはいろいろあるが、花の多い裏参道ルートをピストンすることにした。今年の雪割草は例年より1週間ほど早く開花して20日〜25日頃が見ごろであったそうだ。また、カタクリも満開、長く続くフラワーロードを写真を撮りながらのんびり歩いた。白が多い雪割草であったが、あちこちに咲いていた。また、感動的なカタクリの群生の他、キクザキイチゲ、ミツバオウレン、スミレなども見れて嬉しかった。晴れていれば御神廟のある山頂は眺望がいいのだが、曇ってかすんでいたので眺望はほとんどなかった。曇り空の中、途中で出会った人は5名、すべて単独者、中にはカメラを構えている人もいた。
 下山後、角田山登山口へ向かい、9時に到着、すぐに登山を開始した。この時期は
特に大人気の山、平日なのに広い広い駐車場はたくさんの登山者でにぎわっていた。登りは桜尾根コース、下りは海と灯台に向かって降りる灯台コースを取った。
 登山開始直後から白、紫、ピンクの雪割草のオンパレード、しかも群がって咲いている。余りの美しさに大感動、「噂の角田山」を実感。その後、カタクリが現れ、どこまでも続く群生、「ありえない」現実に歓喜!しばらく進むとミツバオウレンの群生が、そして平凡な山頂に着いた。山頂にも大勢の人がいて思い思いに行動していたが、登山者の平均年齢はかなり高かった。下りは灯台に向かって一直線、最後に海水にタッチして終了。2座で雪割草とカタクリを堪能、非日常の美を実感した一日であった。
 この日の天気は曇り、角田山で出会った人は数知れず。ショットは上から ①弥彦山のミズバショウ ②雪割草Ⅰ ③雪割草Ⅱ ④雪割草Ⅲ ⑤雪割草Ⅳ ⑥雪割草Ⅴ ⑦カタクリⅠ ⑧カタクリⅡ ⑨灯台コースⅠ ⑩灯台と角田浜 である。

    コースタイム:裏参道登山口(05:51) 〜 弥彦山(07:32) 〜 登山口(08:41)                      ※行動時間2時間50分
   コースタイム:角田山登山口(09:13) 〜 角田山(10:56) 〜 登山口(12:34)
                  ※行動時間3時間21分

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事