ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 昨日の犬ヶ岳に続いてこの日は山岳信仰の山、英彦山へ。英彦山は大分と福岡の県境にあり、中岳、南岳、北岳の三峰からなっています。東は野峠を経て犬ヶ岳へと続きます。
 英彦山には無数の組み合わせルートがありますが、南岳〜中岳〜北岳と英彦山を縦走するもっともハードなコースである山伏コースを取りました。登山道沿いに材木石や鬼杉などの史跡もあり、英彦山の歴史や自然に親しむことができたルートでした。特に玉置神社〜鬼杉〜南岳〜中岳〜南岳の間は自然林の中をフィトンチッドを浴びながら快適に歩けました。
 別所駐車場から英彦山の鳥居をくぐって奉幣殿へ、そこから人工林の中をどんどん進むと岩窟にある玉置神社へ着きます。さらに沢を登って峠を越し、樹齢1200年の鬼杉へ、そこから急坂を登ると祠のある最高峰・南岳へ着きます。ここから北岳までは英彦山登山のハイライト、快適な稜線歩きです。中岳には大きな上宮が建っていますが、閉鎖されておりもう使われていないのかも?さらにブナ林の稜線を北岳へと進み、高住神社(豊前坊)へ下山しました。
 この日の天気は曇り、時に小雨、上部はガスがかかっていました。途中で出会った人は意外にも1人のみ、静かな山歩きでした。
 ショットは上から①玉置神社 ②鬼杉 ③柱状節理 ④英彦山山頂 ⑤ガスのブナ林 ⑥稜線からの展望 です。

  コースタイム:別所駐車場(09:42) 〜 玉置神社(10:55) 〜 鬼杉(11:54) 〜 南岳
            (13:14)  中岳(13:26) 〜 北岳(14:03) 〜 豊前坊(14:58)

                 〜 ヒッチハイク 〜 駐車場(15:19) 

                           ※行動時間(豊前坊まで)・・・5時間16

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 犬ヶ岳は福岡県豊前市にある山で春のツクシシャクナゲの群生、渓谷美と滝で有名です。登山ルートは豊前市側から登る、恐れ渕コースとウグイス谷コースが一般的です。今回は恐れ渕コースから登ってウグイス谷コースを下りました。
 最初は林道を進み、谷沿いのルートに入ります。多少の危険個所はありますが、鎖が付いているので安心・大丈夫です。いくつかの滝を楽しみながら自然林に入り、大竿峠に着きます。
 峠から一ノ岳を往復して犬ヶ岳へ向かいます。峠からは展望もある綺麗な稜線歩きです。犬ヶ岳から少し進むと垂直に近い岩場、笈吊岩(おいづるいわ)を三点確保で下りますが、迂回路もあります。ウグイス谷を下って林道に出、しばらく歩くと駐車場に着きます。この日の天気は晴れ、途中で出会った人はわずか1人でした。 
 ショットは上から①トリカブト ②夫婦滝 ③ブナ ④犬ヶ岳山頂 ⑤稜線からの眺望 ⑥鎖場 です。

  コースタイム:犬ヶ岳登山口(07:18) 〜 恐ヶ淵(08:11) 〜 大竿峠(09:32) 〜 一ノ岳
            (09:46)  犬ヶ岳(10:30) 〜 笈吊峠(11:34) 〜 登山口(12:41)

                         ※行動時間・・・5時間23


イメージ 1

イメージ 9

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 実は、この日は大峰の行者還岳から七曜岳へ行くつもりでした。しかし、みたらい渓谷から奥の309号線が通行止めだったために急遽稲村ヶ岳に変更しました。
 稲村ヶ岳は地味な山ですが、山と渓谷社の「花の百名山」に選ばれている花の宝庫で春から夏にかけてオオヤマレンゲ、オオミネコザクラ、イワカガミ、ツクシシャクナゲ、コアジサイ、クリンソウ、シシウドなど様々な花が咲きます。また、秋にはナナカマド、ブナ、カエデなどの紅葉や黄葉も素晴らしいです。冬には見事な樹氷を付け、一年中楽しめる山です。
 この日のルートは母公堂〜法力峠〜山上辻〜大日山〜稲村ヶ岳〜山上辻〜レンゲ辻〜大峰大橋〜母公堂です。稲村ヶ岳へは他に女人禁制の山上ヶ岳からのルートもありますが、母公堂からのルートが最もよく利用されているようです。ここから女人禁制の山上ヶ岳へ入る若い行者と母親がここで涙で分かれたことから母公堂(ははごどう)の名がついたようです。
 この日、7時34分に母公堂を出発し、9時48分に稲村ヶ岳山頂着、山上辻から女人結界の門のあるレンゲ辻経由で下山しました。今年は紅葉が早いようですが、稲村も上部はあと10日で紅葉します。この日の天気は上々、眺望もよく結構涼しかったです。途中で出会った人は2人のみ、平日だからでしょうか? 
 ショットは上から①稲村小屋 ②紅葉の卵 ③大日山 ④稲村ヶ岳(バックは山上ヶ岳) ⑤稲村山頂から弥山方面 ⑥ブナ林 ⑦レンゲ辻の女人結界の門 ⑧悪路の下山路 ⑨白いトリカブト です。

  コースタイム:母公堂(07:34) 〜 法力峠(08:33) 〜 稲村小屋(09:48) 〜 大日山

            (10:35)  稲村ヶ岳(11:11) 〜 稲村小屋(12:07) 〜 レンゲ辻(12:51)

                 〜 林道終点(14:02) 大峰大橋(14:19) 〜 母公堂(14:40)                                                   ※行動時間・・・7時間6



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 この3連休は北アルプス・水晶岳へ行く予定でしたが、不安定な天気のために中止して、中日の23日にマキノスキー場から粟柄峠〜赤坂山〜三国山へ登ってきました。帰りは寒風まで足を伸ばしました。眺望も良く赤坂山山頂からは琵琶湖、大谷山、三重岳(さんじょうだけ)、三国山、金糞岳、横山岳、伊吹山など360度の眺望を楽しみました。
 さらに、三国山へと向かい、三国山山頂からは横山岳、金糞岳、伊吹山などの他、白山もかすかに見えました。しばし休憩した後、往路を戻り、寒風まで足を伸ばしてマキノスキー場へ下りました。
 この日の天気は晴れ時々曇り、3連休の天気のいい中日ということもあり、出会った人は数知れず。高島トレイルの一部である稜線歩きは特に気持ち良かったです。
 ショットは上から①トリカブト ②沢の一風景 赤坂山山頂(中央が三国山) ④赤坂山から琵琶湖方面 三国山山頂 ⑥明王ノ禿と赤坂山 ⑦寒風への稜線 ⑧福井・美浜方面 ⑨ブナ林 ⑩マキノ高原のオートキャンパー です。

  コースタイム:マキノスキー場(07:30) 〜 あずまや(08:24) 〜 赤坂山(09:32) 〜

                 三国山(10:35) 赤坂山(11:52) 〜 寒風(13:01) 〜 スキー場
                 (14:12)           ※行動時間・・・6時間42

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

何も特に予定がなかったので男性的な大峯の山、大普賢岳から無双洞の周回ルートを歩いてきました。お気に入りの山なので雪山を含めて年に2〜3回は登ります。ラッセルが必要な雪山以外は無双洞への周回ルートを行くことにしています。山伏修行の厳かな雰囲気に加えて、四季を通して新緑、花、紅葉、樹氷などが楽しめます。梯子や鎖の多い登山道を登って大普賢岳へ、それから奥駈道を七曜岳(1584m)へ、そして無双洞まで激下りをしたあと、水廉の滝でマイナスイオンをいっぱい浴びて元気をもらって登り返す、変化に富んだアルペンムード漂うとても楽しいコースです!
和佐又ヒュッテ前に車を停め、7時42分に登山を開始、すでに約20台が駐車。この日の天気は曇り、上部はガス、途中で出会った人は約20人、奥駈道の縦走者や和佐又ヒュッテから大普賢岳を往復する人もいました。
9時46分にガスの大普賢岳山頂着、吉野方面へ縦走している若者と出会いました。山頂からの眺望はほとんどゼロで辺りは墨絵の世界でした。その後、七曜岳から無双洞へと下り、登り返して14時24分に和佐又ヒュッテ駐車場へ戻りました。
ショットは上から ①大普賢岳山頂 ②紅葉のシロヤシオ ③ガスの大普賢方面 ④ガスのブナの稜線 ⑤七曜岳 ⑥水暖の滝 ⑦ヒメシャラ群 です。

 コースタイム:和佐又ヒュッテ(07:42) 笙ノ窟(08:38) 大普賢岳(09:46) 
                七曜岳(11:23) 無双洞(12:25) 和佐又ヒュッテ(14:24)
               行動時間6時間42分

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事