ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

何も特に予定がなかったので男性的な大峯の山、大普賢岳から無双洞の周回ルートを歩いてきました。お気に入りの山なので雪山を含めて年に2〜3回は登ります。ラッセルが必要な雪山以外は無双洞への周回ルートを行くことにしています。山伏修行の厳かな雰囲気に加えて、四季を通して新緑、花、紅葉、樹氷などが楽しめます。梯子や鎖の多い登山道を登って大普賢岳へ、それから奥駈道を七曜岳(1584m)へ、そして無双洞まで激下りをしたあと、水廉の滝でマイナスイオンをいっぱい浴びて元気をもらって登り返す、変化に富んだアルペンムード漂うとても楽しいコースです!
和佐又ヒュッテ前に車を停め、7時42分に登山を開始、すでに約20台が駐車。この日の天気は曇り、上部はガス、途中で出会った人は約20人、奥駈道の縦走者や和佐又ヒュッテから大普賢岳を往復する人もいました。
9時46分にガスの大普賢岳山頂着、吉野方面へ縦走している若者と出会いました。山頂からの眺望はほとんどゼロで辺りは墨絵の世界でした。その後、七曜岳から無双洞へと下り、登り返して14時24分に和佐又ヒュッテ駐車場へ戻りました。
ショットは上から ①大普賢岳山頂 ②紅葉のシロヤシオ ③ガスの大普賢方面 ④ガスのブナの稜線 ⑤七曜岳 ⑥水暖の滝 ⑦ヒメシャラ群 です。

 コースタイム:和佐又ヒュッテ(07:42) 笙ノ窟(08:38) 大普賢岳(09:46) 
                七曜岳(11:23) 無双洞(12:25) 和佐又ヒュッテ(14:24)
               行動時間6時間42分

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事