ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 諏訪富士とも呼ばれる蓼科山は古くから歌に歌われ、人々に讃えられてきた。登山口は四方にあるが、積雪期はビーナスラインのスズラン峠近くの蓼科山登山口から登るのが一般的である。
 8日夜に登山口で車中泊、車は他になし、標高1700m以上の登山口は夜は氷点下10度以下であった。9日は6時起き、食事を済ませて準備、氷点下10度の登山口を7時15分に出発した。今年は雪が少ない中、2,3日前に40センチの新雪が降ってラッキー!カラマツのササ原を進み、途中でアイゼンを装着してシラビソと白樺の林に変わった急斜面を登った。快晴の中、見事な蓼科ブルー、真っ白な雪とのコントラストは最高であった。山頂に近づくと積雪の岩場になり、リトルモンスターが現れて感激!山頂直下で強風に変わり、しばらくして山頂に到着。山頂の広いガレ場は雪の原、蓼科神社奥宮にお参り。山頂からは八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御嶽、美ヶ原、白樺湖、北アルプスなど360度の大パノラマを満喫。蓼科山は初級の冬山で比較的手軽に登れることもあって大人気の山であることを再認識。
 この日の天気は快晴、出会った人は数知れず、遠征のご褒美は蓼科ブルー&ホワイトスノー&樹氷&眺望、雪山のすべてを堪能した山行であった。
 ショットは上から①カラマツの雪原 ②シラビソの登山道 ③リトルモンスター ④山頂直下の雪原 ⑤山頂から御嶽 ⑥蓼科山山頂 ⑦広い山頂 ⑧蓼科神社奥宮 ⑨斜面のリトルモンスター ⑩シラカバと青空 である。

  コースタイム:蓼科山登山口(07:15) 〜 蓼科山南西(08:30) 〜 蓼科山(09:54)
                 〜 蓼科山登山口(11:59)          ※行動時間・・・4時間44

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事