ここから本文です
山のブログを2006年5月分からアップしています!2012年8月日本百名山達成!芦生の森が大好き、会では山ガール募集中です!

書庫日記

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 9月4日に大台風21号が来たので登山道の様子見を兼ねて武奈ヶ岳へ登ってきました。ところどころ木が倒れており、枝や葉はかなり落ちていましたが、登山道への影響はほとんどありませんでした。秋雨前線が停滞しているので雨の合間の木曜日を選んで登りました。
 武奈には毎年5回程度(積雪期に3回、春と秋に各1回)登ります。私のお気に入り登頂ルートはイン谷園地〜大山口〜金糞峠〜中峠〜ワサビ峠〜西南稜〜武奈ヶ岳のクラッシクルートです。下りはダケ道を使うことが多いのですが、たまに神璽谷ルートも使います。積雪期のスノーシューハイクではよく金糞峠の奥からコヤマノ岳へのダイレクト尾根を登って武奈ヶ岳に、下山道は旧スキーゲレンデを下るルートを取ります。
 この日の天気は曇り、雨は降りそうで降りませんでした。先人の車が1台ある園地に車を停め、7時39分に登山を開始しました。金糞峠からワサビ峠までの谷沿いの道では自然林の美しさと優雅な沢の流れにいつも大いなる元気をもらいます。ワサビ峠で右折し、さらに西南稜に進むと山頂への眺望が開け、雄大な草原が広がっています。
 11時15分に武奈ヶ岳山頂着、曇ってはいたものの、360度の眺望、琵琶湖方面は水墨画のごとく幻想的でした。八雲ヶ原からダケ道経由で下山しました。途中で出会った人は1名のみ、下山時に園地に停車中の登山者の車は1台だけでした。
 ショットは上から ①ヤマジノホトトギス  ②サラサドウダンの紅葉前 ③小滝 ④トリカブト ⑤西南稜から武奈ヶ岳 ⑥ホツツジ ⑦武奈ヶ岳山頂 ⑧北比良峠から琵琶湖 です。
 

 コースタイム:イン谷園地(07:39) 〜 青ガレ(08:29) 〜 金糞峠(09:06)
          〜 中峠(10:11) 〜 ワサビ峠(10:44) 〜 武奈ヶ岳(11:15)
          八雲ヶ原(12:19) 〜 カモシカ台(13:15) 〜 イン谷園地(13:56) 
              ※行動時間6時間17分 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 実は、1日に車山に登った後、2日は蓼科山に登る予定でしたが、雨のために美ヶ原へ変更しました。1日は雨は降ってはいなかったもののガスがかかっていて眺望はありませんでした。しかし、ほんの一瞬だけ富士山が見えました。富士山が見えると大きな得をした気分になります。八ヶ岳の北西にある霧ケ峰の車山からは、晴れていれば蓼科山や八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍岳、北アルプスが見渡せるはずでしたが、残念!
 夏の避暑地として大人気の霧ケ峰ですが、広大な高原(湿原)やたくさんの高山の花の中でハイキングを楽しむには最高の場所です。特に八島ヶ原湿原はニッコウキスゲやマツムシソウなどの群落で有名で多くの人が訪れます。今回も登山道にはウスユキソウ、ハクサンフウロ、ヤナギラン、マツムシソウなどが咲いていました。
日の天気は小雨、霧が濃くて眺望はほぼゼロ、風も少しありました。8時2分に美術館前を出発しました。王ヶ頭へは三城牧場からや、石切場キャンプ場から周遊するルートもありますが、少し高低差があります。やはりよく歩かれるのは最短の山本小屋から王ヶ頭の往復ルートでしょう。
 美ヶ原は標高2000mの高原、ルートは大牧場の中の歩道になっているので牧歌的風景と高山植物が同時に楽しめます。あいにく、この日は悪天で妙高、北アルプス、中央アルプス、南アルプスなどの展望は見られませんでした。高山の花はハクサンフウロ、マツムシソウ、ミヤマアキノキリンソウ、ヤマハハコなどが見られました。ショットは上から ①ウスユキソウ ②一瞬の富士山 ③車山山頂 ④寝ころび牛 ⑤王ヶ頭 ⑥牧場の牛 です。

  コースタイム:1日
      チャプリン前駐車場(12:52) 〜 車山(13:48) 〜 駐車場
            (14:57)     ※行動時間2時間5分
            2日       
            美ヶ原美術館前駐車場(08:02) 〜 山本小屋(08:30) 〜 
            (14:57) 〜 王ヶ頭(09:39) 〜 駐車場(11:49) 
                                     ※行動時間3時間47分

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 滋賀県高島市朽木から由良川本流(源流)を歩いてきました。岩谷出合から奥の由良川源流は静かで平坦な流れが続き、とても快適な沢歩きが楽しめます。深い淵も幾つかありますが、難なく通過できます。
 朽木生杉林道ゲートから地蔵峠へ、さらに進んで下谷出合で入渓。昔はここから由良川右岸の道を通って岩谷出合まで、さらに七瀬まで行く人もいたのですが、最近は道も荒れて通る人はほとんどいません。
 この日の天気は晴れ、大阪は暑かったようですが、沢は涼しかったです。8時に出発し、水量が多く迫力のある中、鳥の声を聞きながらの涼しい沢歩きでした。
ショットは上から①ミヤマカラスアゲハ ②小滝と渓流 ③トチと枝沢 ④深い淵 ⑤小滝と急流 ⑥悠久の渓流 です。
 
   コースタイム:生杉ゲート(08:00) 〜 地蔵峠(08:30) 〜 下谷出会(09:10)
         〜 岩谷出合(11:15) 〜 下谷出合(13:29) 〜 地蔵峠(14:24)
             〜 生杉ゲート(14:49)
                           ※行動時間6時間49

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 西山谷は古くから知られた六甲の名渓で入山者も多い。入渓点から終点の天狗橋付近まで小滝がひっきりなしに続き楽しませてくれるが堰堤の数も半端ではなくその巻きが核心部?と言える。
 私自身は行ったことがなく、前から少し気になっていた西山谷。今回、所属の山の会10人で遡行してきました。滝の多さ・見事さに感激した反面、高巻きの堰堤が多くて残念でした。トップロープを垂らせば楽しく直登できる滝も結構あり、予想した以上に緊張感と充実感を味わえました。堰堤の多さには辟易しますが、それを差し引いてもいい谷ですね。
 渦森台4丁目バス停から少し歩き、10時39分に入渓、沢装備に着替えて出発し、14時59分に天狗橋に到着して沢登りを終えました。途中何回かトップロープを出して直登を楽しみました。下りは寒天道を通って渦森台へ戻りました。この日の天気は晴れ、途中で出会った沢屋はゼロ、涼しく楽しい沢登りを楽しめました。 
 ショットは上から ①滝を登るⅠ ②滝を登るⅡ ③2条の滝 ④西山大滝 ⑤堰堤とホッチキス ⑥ソーメン滝を登る ⑦愛情ノ滝 です。

  コースタイム:渦森台(10:30) 〜 西山大滝(12:23) 〜 天狗橋(14:59)
       寒天道 〜 渦森台(16:40) 
                      ※行動時間6時間10分


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 黒部五郎岳は、富山市と飛騨市、高山市にまたがる飛騨山脈の山です。日本百名山及び花の百名山に選定されています。太郎兵衛平から北ノ俣岳を経て続くなだらかで広々とした稜線の先に、大きなカールを抱く特異な山容を見せており、山頂付近は岩が積み重なった砂礫地です。
 黒部五郎岳へのルートは多種あり薬師岳と黒部五郎岳をセットで登る登山者も多い。折立から太郎平小屋経由での黒部五郎岳往復は距離が長く幾つものピークを上り下りしての行程です。
 太郎平小屋で1泊して黒部五郎岳をピストンし、その日のうちに登山口の折立に下山しました。時間的に無理ならば太郎平小屋でもう1泊するつもりでしたが、その日に無事下山することが出来ました。
 折立登山口に駐車して6日9時25分に登山を開始、だらだらと長い登山道を登って13時5分に太郎平小屋着、すぐに宿泊の手続きをして翌日の長い行程に備えました。平日のせいか宿泊者はそんなに多くなかったのでゆったりくつろげました。6日の天気は晴れ時々曇り、上部は一部にガスがかかっていました。7日の天気予報は曇り、雨の覚悟もできていましたがラッキーなことに、雨は降りませんでした。
 7日早朝4時52分に小屋を出発し、広い平原を進んで行くと北ノ俣岳(2662m)に差し掛かる登山道の左右にはお花畑が何処までも続いていました。6時37分にガスと強風の北ノ俣岳へ到着、長居は無用とどんどん進みました。ガスはいつまでもかかっていましたが、風はなくなりました。期待していた眺望がほとんどない中、幾つものピークを上り下りして9時33分に黒部五郎岳の肩に到着、さらに10分ほど岩場を登ってやっと標柱のない黒部五郎岳に着きました。
 頂上からはカールは見えましたが槍ヶ岳側はガスでまったく見えず、立山から薬師岳方面だけがときどき見えました。山頂ではライチョウくんがお出迎え、この日は4回もライチョウに遭遇、本当にラッキーでした。しばらく山頂で一部の眺望を楽しんだ後、太郎平小屋に向かって下山にかかりました。
 復路はガスがかかったり、時に一部晴れたりでしたが、お花畑に癒され、ライチョウにも会えて気分良く足が進み、14時27分に太郎平小屋到着、それから折立へ向かい、遅めの17時32分に登山口に下山しました。下山後は有峰林道の料金所を過ぎてすぐの「白樺ハイツ・薬師の湯」で汗を流しました。
 ショットは上から ①太郎平小屋手前 ②チングルマの綿毛 ③北ノ俣岳 ④トウヤクリンドウ ⑤山頂のライチョウ ⑥黒部五郎岳山頂 ⑦稜線からの薬師岳 ⑧ミヤマリンドウ ⑨立山連峰(中央左寄り)、右端奥から鷲羽岳と水晶岳 ⑩砂浴びのライチョウ 
です。

     コースタイム:6日 ・・・ 行動時間3時間40分(太郎平小屋まで)
         折立登山口(09:25) 三角点(10:51) 〜 太郎平小屋
                    (13:05) ・・・小屋泊 
                    7日 ・・・ 行動時間12時間40分
         太郎平小屋(04:52) 〜 北ノ俣岳(06:37) 〜 赤木岳(07:33)
                     黒部五郎岳(09:43) 〜 北ノ俣岳(13:03) 〜 太郎平小屋 (14:27)
                   〜 折立登山口(17:32)        

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事