韓流サッカーをエンジョイ

2003年、韓国発の韓流サッカーをひろめよう

全体表示

[ リスト ]

政府、江原道ㆍ仁川市北朝鮮接触の承認江原道と仁川市が推進してきた中国での`南北サッカー"が実現した。

統一部は23日、 "江原道と仁川市が申請した北朝鮮住民接触申告を受理した"と明らかにした。

江原道と仁川市は去る14日、それぞれ中国の海南(海南)省で開かれる`2018年平昌冬季オリンピック誘致記念国際女子青少年サッカー大会'と`第3回仁川平和カップ国際ユースサッカー大会"で、北側代表団との南北対決をしたいと統 ​​一部に北朝鮮住民との接触を申請した。

今回の南北サッカー行事は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議案の北朝鮮の強い反発で、韓半島情勢が緊迫した状況でも行われるという側面に意味がある。

特に北朝鮮専門家の間では、イベント成功かどうかを対話を強調した次期政府での南北関係を計ることができる試験台のいずれかに思われてきた。

南北サッカーは選手団と試み実務などを含めて江原道では33人、仁川市では34人の計67人が参加する。南北間のサッカー対決は24〜27日中に開かれる予定のものと伝えられた。

統一部は南北の追求を可能にする代わりに、江原道と仁川市の大会を最大限に静かに受ける条件として、対北朝鮮接触を可能にした。

これに伴い、純粋なサッカーの試合だけを許可して試合を前後の北側との個別接触は慎むことを大会参加側に注文した。

当初含まれていたチェ·ムンスン江原道知事とソン·ヨンギル仁川市長は、政府の`ローキー(low-key)"方針に沿って最終名簿で抜けた。

統一部は"国連安保理の対北朝鮮ジェジェが発表され、南北サッカーチームが共同で転地訓練を進行することは、純粋なスポーツ交流次元で5 ㆍ 24の措置にもかかわらず、許可した前例を考慮した"と説明した。

今回のイベントは、転地訓練を契機で開催が推進されており、海南省にはすでに南北代表団が到着して訓練に突入したと伝えられた。

江原道では江原ドリプデ女子サッカーチームが、仁川市は仁川ユナイテッドの幼少年チームである遮光性中学校が代表として参加する。北側選手団は4·25女子サッカーチーム、4·25のFC傘下のユースチームなど計90人余りで構成された。

(聯合ニュース)ギムフンシク記者0113142603@hanmail.net

記事情報提供取材依頼02-539-3744、011-314 - 2603、または0113142603@hanmail.net(教育産業新聞編集局)。* Copyright教育産業新聞社All rights reserved

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事