韓流サッカーをエンジョイ

2003年、韓国発の韓流サッカーをひろめよう

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全627ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

韓国ニュース検索から。大径日報(2019.05.19)

2019神統一希望前進退会

「2019神統一韓国希望前進大会組織委員会」は、3.1運動100周年と臨時政府樹立100周年を迎え、新しい100年に向けて、韓半島の平和統一を決意する「2019天運継承国運隆盛新統一韓国時代開門安着希望の前進大会(以下「5・17希望の前進大会」)」を17日午後2時、京畿道高陽市にあるKINTEX第1展示場で開催された。

今回の大会は、韓鶴子総裁をはじめ、ジェームズウルシ前米国中央情報局(CIA)局長、ダンボタン元米国14線下院議員、ギムソンドン国会議員、イチョルギュ国会議員、キム・スンホの体育会事務総長、ドア先進世界平和統一家庭連合(以下家庭連合)世界会長、ドアヨナ天宙平和連合韓国議長、ムンフンスク世界平和女性連合世界会長、イギソン家庭連合韓国会長、ジュジンテ「5・17希望の前進大会」の共同実行委員長、キムボプヒェ共同実行委員長(民族統一仏教中央協議会議長)、ジョン・テイク共同実行委員長(韓国外交協会名誉会長)など、世界40カ国から来た政治・経済・外交・学界・宗教指導者、市民団体と韓半島の平和を念願する愛国市民10万人が参加した中開催しており、イベントは、インターネット生中継を通じて全世界でも南北統一を祈願したと発表した。

韓鶴子総裁は基調演説で「私たちの願いは、南北統一である。70年以上の統一を念願したが、人間を中心にはならない。今、世界で行われるすべての私の問題を解決することができる道は「神を中心とした人類一家族」のビジョンに可能である。1981年の国際科学会の世界平和高速道路を提唱した。アフリカの最南端喜望峰からヨーロッパ大陸、ユーラシアを通じて韓国には、南米チリのサンティアゴで南北アメリカ、ベーリング海峡、アジアを経て韓国に来る世界の平和高速道路と韓日海底トンネルを介して、南北の平和の道、世界に出て行くピースハイウェイになるように我々はすべての参加しよう」と新統一韓国時代の方向性を説いた。

「5・17希望の前進大会」は、韓半島の平和が世界の平和と接続される意味で朝鮮半島の平和を支持する世界の人々と大韓民国国民の力を集めて「南北統一」を成し遂げ寝るその意味がある。南北統一のための国家の力は、健康な、真の家庭から来てなるに「南北統一!家庭力(家庭力)が国力(國力)である!」というスローガンの下、幸せな家庭、健康な社会を基盤と新統一韓国を作っていくことを決意する汎国民大会で行われた。

ジェームズウルシ前米国中央情報局(CIA)局長は祝辞で「今、朝鮮半島はいつ全面戦争にのめり込んで知ら危険にあって、今、私たちがいるこちらも北朝鮮の砲撃範囲内にある」とし、「しかし、文鮮明・韓鶴子総裁は、リスクを知りながら1991年平和の使命を帯びて北朝鮮に行って金日成主席に会った」と、「私たちは文鮮明・韓鶴子総裁が開始した平和と自由を建設する大業を成し遂げるためにみんな前進しよう」と強く主張した。

ダンボタン元米国14線下院議員は祝辞で「30年以上米国議会の外交委員会の委員であった本人は、南北統一を祈願する大規模集会に大きく鼓舞されている」とし、「韓国と米国は同盟関係を越えて韓国の自由のために並んで戦った英雄たちの血によって浄化された兄弟」とし「平和と自由、人間の尊厳と民主的価値のために献身してきており、世界のすべての宗教者を一つに集める能力がある韓鶴子総裁は真の平和の母だ」と伝えた。

「5・17希望の前進大会」は、2032年ソウル・平壌オリンピック誘致のための超宗教の起源の意識、イギソン韓国会長のゴチョンムン朗読、ジュジンテ「5・17希望の前進大会」の実行委員長の大企業は、ヒョジョンスピーチ、ヒョジョンガ正常授賞順に進行された。続いて、韓半島の平和統一のための韓鶴子総裁の基調講演、ジェームズウルシ前米国中央情報局(CIA)局長とダンボタン元米国14線下院議員、ギムソンドン国会議員の祝辞で進行され、青年大学生1千人が南北統一を願う「2032ソウル平壌オリンピック青年学生本部」の発足式が開かれた。以後フィナーレ公演で参加者全員が「統一の歌」の合唱をしており、万歳三唱ですべての行事が終わった。

ジュジンテ「5・17希望の前進大会」の実行委員長は会社「100年前の3.1万歳運動と臨時政府を樹立して、神の意味で祖国光復のために戦ったが、希望の前進大会は、新統一韓国の100年の最初の出発になる」とし、「文鮮明・韓鶴子総裁が真の家庭運動を全世界的に展開してきたように「南北統一!家庭力(家庭力)が国力(國力)である!」というスローガンの下、健康、家庭、幸せな社会は、頑丈な国に基づいて神統一開いて2032年夏季五輪のソウルと平壌で共同開催誘致を祈願しましょう」と伝えた。

去る16日「5・17希望の前進大会」を支持する韓半島の平和統一のための国際指導者会議の(ILC)の世界的な投資家のジム・ロジャーズロジャーズ・ホールディングスの会長、ジェームスウルシ前米国中央情報局(CIA)局長、ジョセフ・ディートなんて全6カ国協議米国次席代表、ダンボタン元米国14線下院議員、フレッドプレイ州前トランプ大統領補佐官、アレクサンドルジェビンロシア科学アカデミー極東問題研究所所長、小野義徳前防衛庁長官、ジュスンヨン国会副議長、ユン・サンヒョン、国会外交統一委員長、ジョテヨン前外交部次官、キム・ヒョンソク前統一部次官など、米国、ロシア、日本、韓国の主要人物が参加した。

この日ジム・ロジャーズ会長は講演で、「韓半島が統一されれば、韓国は将来の土地に投資する価値が高くなる」とし、「韓日海底トンネルが完成する場合、日本よりも韓国に大きな助けとなり、トンネル完成に、より多くの取引この韓半島で行われるだろう」と、最近顧問に委嘱された韓日海底トンネルの重要性を強調した。

パク・ウォンスンソウル市長は「平昌冬季オリンピックが韓半島の平和の出発点になったと見れば、ソウル・平昌オリンピックは、韓半島の平和の終着駅になると確信している」とし、「北東アジアの恒久的な平和を象徴する次元で「ベセト(BeSeTo、北京・ソウル・東京)青少年オーケストラ」を作成し、ソウル、北京、東京が恒久的な平和、繁栄の花を咲かせ、ニュー北東アジア時代に行こう」と言った。

文鮮明・韓鶴子総裁は、1990年にゴルバチョフソ連大統領を直接会って、共産主義の宗主国ソ連解体、民主と共産陣営の冷戦を終結させる決定的な突破口を用意し、翌年1991年には、金日成北朝鮮主席に会って、一触即発でチダルアトた韓半島の危機を和解ムードに導き、南北統一に向けた新たな電気を用意した。

一方、北朝鮮の核・ミサイル発射実験に危機が極に達した2017年以来、韓鶴子総裁は、世界各界の最高指導者を糾合して、韓半島の危機状況を是正キーのための希望の前進大会をこれまで展開しており、世界の平和、通常連合創設、世界平和国会議員連合創設、世界の平和の宗教連合創設、World Summit(ワールドサミット)、国際指導者会議の(ILC)などを開催し、「韓半島の平和はすぐに世界の平和」であることを全世界に強調している。





↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村・海外ニュース

にほんブログ村・家庭連合

開く コメント(0)


第81回 LGBT問題?「アメリカのLGBTの動向」


アメリカにおいてLGBT運動の推進派の人たちを勢いづかせたのは、オバマ大統領時代の全米の最高裁における判決結果です。最高裁は、同性婚は合憲だと判断したのです。それまでは、それぞれの州で同性婚を認める州もあれば、認めない州もありました。ところが国家の最高裁で「全ての州で同性婚を認めないといけない」という判決を下したのです。その後、アメリカはどうなっていったのでしょうか。今回は、アメリカのLGBTの動向を解説します。



↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村・海外ニュース

にほんブログ村・家庭連合

開く コメント(0)

5月17日、韓国・家庭連合が10万名大会を開催します。
世界三大投資家のひとりジム・ロジャース氏ほかの参加も韓国ニュースをにぎわしています。


イメージ 1

イメージ 2


この大会はPeaceTVにてインターネット生中継される予定です。


イメージ 3



開く コメント(0)


第80回 LGBT問題?「LGBT運動が広まった背景」


LGBTの運動が広まってきた背景には、日本にはかなりの数のLGBTの人々がいるのではないか、という認識があります。「その割合は7.6%だ」「これは13人に1人の割合だ」などというものです。この数字の元になっているのは、2015年に電通が発表したデータです。電通は、2018年にも同じような調査をし、8.9%もいると発表しました。この数字はどれぐらい信ぴょう性のあるものなのでしょうか。今回は、名古屋市の調査と比較しながら、LGBTの実情について考察します。



↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓

にほんブログ村・海外ニュース

にほんブログ村・家庭連合

開く コメント(0)

全627ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事