韓流サッカーをエンジョイ

2003年、韓国発の韓流サッカーをひろめよう

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

第76回 北方領土問題?「『日ソ共同宣言』後の日露関係」


日本はソ連と国交を回復し、いったんは両国の距離が近付いたのですが、その後ソ連は日本との距離をおくようになりました。その最大の理由は、1960年に日本が日米安保条約を改定してアメリカとの同盟関係をより強化したからです。本格的な交渉が再び始まったのは、それから30年もたった1991年のことでした。「日ソ共同宣言」後、半世紀以上の期間、日ソ(現ロシア)関係はどのように展開してきたのでしょうか。


↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓
にほんブログ村・海外ニュース

開く コメント(0)

韓国・世界日報(2019-03-31)



イメージ 1




↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓
にほんブログ村・海外ニュース

開く コメント(0)


第75回 北方領土問題?「日本とロシアはどんな交渉を行ってきたのか?」

日本は、サンフランシスコ講和条約で国際社会に復帰しましたが、この条約にソ連は参加しませんでした。日本とソ連は第二次大戦で戦いましたが、両国において戦争が終わったという意味での平和条約はいまだ交わされていません。1956年になされた「日ソ共同宣言」で日本とソ連(当時)は国交を回復しましたが、これは平和条約ではありませんでした。日本とロシア(旧ソ連)は今日までどんな交渉を行ってきたのでしょうか?



↓ブログランキング参加中・
応援クリックお願いします↓
にほんブログ村・海外ニュース

開く コメント(0)



真の家庭運動 - 平和統一茂朱郡希望の前進大会


イメージ 1


真の家庭運動と平和統一茂朱郡希望前進大会が23日、ファンインホン軍需をはじめユソンヨル議長、ユンジョンで平和大使中央協議会長、ギムオクギル平和大使全北協議会長、キム・インシク全北教区長、地域住民など500人余りが参加した中茂朱イェチェ文化館大講堂で開催された。

平和大使協議会・天宙平和連合・世界平和統一家庭連合が主管した今回のイベントは、「平和は私は私の家庭から始まる」は理念を確固するためのもので、この日の参加者は、平和統一を成し遂げることができる代案の提示などの発展方案を模索した。

式典は、茂朱ホタル団の茂朱郡民の歌と多文化家庭に構成されたレインボーバンドが月令をプレゼント雰囲気を盛り上げた。

イジャンゴン会長は大企業で「真の家庭運動は、家庭の大切さを思い起こさせてくれる子孫に将来の希望を抱か与えるだろう」と述べた。

ファンインホン軍需は祝辞で「平和は私の家庭から始まる」とし「今日でありわけ個人と家庭、村、地域、国家間の葛藤を沈め、真の平和を宿るようにするきっかけになったらと思う」と語った。

ユソンヨル議長は祝辞で「大韓民国が飛躍的な経済発展を行わだけ社会的に多くの問題点が明らかになっていることも現実」と「希望の前進大会を通じて、私たちの力が南北統一を早めるのに恩恵になったらする」と述べた。

一方、この日ユンジョンで平和大使中央協議会長家庭がすぐ立つとき、社会が安定し、このされ、国民の力が一つに団結できると前提して真の家庭を達成するための関心、責任、理解し、まず与えることなど夫婦の4つの尊重を披瀝して呼応を得た。/茂朱=イヒョンヨル記者


출처 : 새전북신문(http://www.sjbnews.com)

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事