ここから本文です


2019.1.19  日の出〜10:30
釣り:タイラバ
海水温:10.2 ℃
透明度:240センチ(タイラバが見えなくなる深さ)
潮 :大潮



【釣果】
ガシラ一匹でした。だんだん厳しくなってきました。
イメージ 1














9時頃。水深25m







今日は大潮で満潮潮止まりになる前にいつもの反転流ポイントへ行くと
イメージ 12















すでに潮が止まっており? 7:20ころ(満潮は10時前)


さらに
イメージ 11












なんかブイが立っている?網が入っているようです。
残念、ここでヒラメを釣る予定、予定でした。(笑)



魚マークは出るのですが、
イメージ 9


























タイラバ通しても無反応。



岩礁帯に行っても
イメージ 8


























無反応。




チヌ釣りのコマセが流れてくる場所、無反応。
イメージ 6











今日はテトラに5人 波とに5人くらいで、けっこうタモ入を見ました。
よくわかりませんが、30分に一匹/人くらいでしょうか?
25〜30cmくらいの大きさ。







うろうろしていると
イメージ 5















玉野海上保安庁 
ゆっくり通過して行きましたが、トップが崩れながらの「凄い引き波」が来ました。
スモールボートにやさしくね




牡蠣運搬船
イメージ 4















船から
松田聖子「青い珊瑚礁」が流れていました。
最近は「北の漁場」ではないのですね(笑)


浜に上がると、いつもお会いするお兄さんが出撃です。
イメージ 3















今日は単独釣行のため、和船ではなくかわいいミニボートです。
不安なくらい小さい。ご安全に。



穏やかな海に感謝です。
イメージ 2














ヒラメがけっこう釣れている情報を聞いたので、少し落ち込みました。

「みなさんおめでとうございます泣」






おまえとわかったので目玉が飛び出さないようゆっくり上げたよ
イメージ 7








「リリースありがとう」


















【囲碁】
(わたくしの最近の囲碁勉強法)
数年前までは
職場にほぼ同じ棋力の人がいたのでひたすら実戦。
退職されしばらく遠ざかっていたのですが、また少しやってみようと。


ひたすら棋譜鑑賞です。
方法
日曜の昼にTV放送しているNHK囲碁トーナメント戦の鑑賞ですが、過去の対局が違法に?youtubeにアップされているので何度でも見ることができる。ありがたい。

布石、石の形・方向、大局観、ヨセ、勝負手。
解説者のすべての説明を理解しようとしている。
以前のようにぼんやり日曜日テレビで見ているだけでは、ほとんど頭に入っていないことがわかった。
何度でも繰り返して見られるのがありがたいです。
以上です。

あとは実戦。
おじさんとの対局ですが、残念なことに少し弱い。
こちらの無理な道理も通ってしまうので少し困る。無理な手はバシッととがめてほしいもの。
なので、
しっかり読みを入れて強い人の対局でも通用する正しい手を打つように心掛けています。





(5年後の注目の囲碁棋士をあげてみます。)

最近、
ネットばかり見ているので少々囲碁界詳しくなりました。

平成四天王時代が終わり,現在は井山裕太さんの時代ですが現在28歳、
そろそろ世代交代。
これから出てくるであろう
わたしの注目している次の世代(タイトルホルダー候補)の若手をあげてみます。


囲碁7大タイトルにちなんで7名
一力遼 (いちりきりょう)  「読みの精度と速さ」が凄い    
伊田篤史(いだあつし)    「大酒飲みの奥さん」が凄い   
芝野虎丸(しばのとらまる)  「声」が凄い
大西竜平(おおにしりゅうへい)「AIの申し子のよう」で凄い
許家元 (きょかげん)    「井山からすでにタイトルダッシュ」が凄い 
寺山怜 (てらやまれい)   「すでにおじさんの風格」が凄い
本木克弥(もときかつや)   「頑固そうなアゴ」が凄い

女流棋士から
藤沢里菜  (ふじさわりな) 「祖父」が凄い
上野愛咲美 (うえのあさみ) 「対局と普段のツンデレ」が好き

あっ 失礼なことを申し上げました。
皆さんもちろん囲碁は強いです。

検索される方は
「NHK  囲碁 上記棋士名」で検索。
対局の動画がアップされています。
 

大西君だけはNHK杯登場まだですね。

大西君はコチラ
イメージ 10


























著書「先を読む力」 買いましたが難しすぎる。「へえー」って感じ。



上野愛咲美さん 
イメージ 13










最近のNHK杯で大きな石を殺して(注)
蘇耀国9段に勝利しましたね。

(注)
死ぬ、殺す、切る、頭をはねる、目をつぶす 
囲碁用語 過激な言葉が多いです。











【魚釣りのまとめ】
・ヒラメ情報があったのですが残念な報告になってしまいました。
・釣れなくても行く人が居ると思います。


以上











この記事に



2019.1.13(小潮) 
釣り:タイラバ 
日の出〜12:00(5時間)
海水温:10.3℃
濁り:270㎝

【釣果】
陽射しがあり粘りましたが、残念な結果でした。
イメージ 1















オニカサゴは7時すぎ

ちょうど
イメージ 2















オニカサゴ釣り上げ、トゲにあたらないようにおそるおそる針をはずしていたら、
渡船の船の邪魔をしていました。
失礼しました。



日の出を写すと
イメージ 9


























結果が出ない。



お飾りつけても
イメージ 6















結果が出ない



朝マズメの時間が終わりました。 深いところに行ってみます。
イメージ 8


























いつもは中層にぽつぽつ出るのですが、
今日はほんとにお魚マークが出なかったです。

ランガンしていると
イメージ 7


























よさそうな反応
魚の回りに「ワサワサ」と出るといいですね(ような気がする)


ほら
イメージ 5















ガシラが釣れました。(あとが続きませんが・・)

今日は高級魚たちは
イメージ 3















相手をしてくれませんでした。


穏やかな海
イメージ 4















牡蠣運搬船が頻繁に通過します。浸水注意。
この船は水しぶきは凄いが引き波は穏やかでした。





感謝
イメージ 16















今日は粘ったのに一番に上がりです。??

本日みなさん??
Iさん、タイさん、美作からのバスボートの二人、赤カヤック兄ちゃん
和船の兄ちゃん 存じ上げないミニボート(2隻)、SRVのおじさん
みんな凄い釣れたのでしょうか?





【釣れる潮データー集計】
イメージ 15














各魚種の釣れた数を、各釣行数で割りました。
①真鯛(オレンジ)が釣れる潮は  大潮 (0.50匹/釣行:前回報告すみ)
②平目(黄色) が釣れる潮は  長潮 (0.43匹/釣行)
③マゴチ(緑) が釣れる潮は 下中潮   (0.38匹/釣行)
④アコウ(茶) が  〃      若潮 (0.20匹/釣行)



まとめ
①いつも日の出から数時間の釣りなので、潮流方向により釣りポイントが限定され、
結局釣れる魚種が決まってくる。
②高級魚、平均1釣行1匹弱。だいたい予想どおりですね(泣)。


考察
二馬力エンジンの早い搭載が望まれる。 DT2船外機搭載計画あり⇒






おまけ
【タイラバネクタイやスカートゲットー】

(びっくり)
クラッカーを鳴らすと一生分のキラキラスカートが飛び出した。
イメージ 11

























これは使えそうです。
もう、ヒートテックは必要ありませんね


会社でピンクの袋で「魚が釣れること」をしゃべったら、
イメージ 10



























親切な奥様がいて、ホントにいろんな「ピンクの袋」をくれました。



さらに
イメージ 13
イメージ 12










楽器屋さんに小物を買いに行くと


おおっ、包装袋
イメージ 14















これまた使える、オレンジネクタイになります。



【まとめ】
・魚マークが少なかったのは今日だけ?
・そろそろ厳しい時期でしょうか?
・釣れなくても海に行く人が居ます。またがんばります。

あっつ あけましておめでとうございます。





この記事に



2018.12.31(長潮)   7:00〜9:30

釣り タイラバ
海水温 12.0℃
濁り クリア 270センチ(タイラバが見えなくなる深さ)



【釣果】
真鯛が低水温12.0℃でこのエリアに居てくれました。8:30くらい。
イメージ 1

久しぶりの真鯛
いい色していますね











ガシラでも釣ろうと、岩礁帯水深25mの底付近を探っていたら根掛りのようなアタリ。
ラインは40mくらい出ている。(斜め引き)
久しぶりのドラグが出る魚でした。







スコーピオン(ドラグ4.5Kg)でもけっこうすべる。
イメージ 5














ほかに所有の安価プラリールだったらもっとスリルがあったと思う。
(残念なような釣れてよかったような)

3分くらい(感)格闘。水深の3倍くらい巻いたと思う。
ロッド;shimano light game BB M190(旧モデル)


こんな感じのところ
イメージ 10

























上層にはベイト反応まったく無く、今日は坊主、もしくは根魚しか釣れないのかと
あきらめかけていました。




おおっつ 今度は、
魚探
シャローエリアに良い反応
イメージ 12

























アタリなし


再度流し直し
イメージ 11

























アタリなし泣



再々流すと
イメージ 19

























アタリなし泣泣 結局、タイラバ根掛りロストしました。

ここのポイントはそういえば??
2馬力ボートの人がアンカーを落ろしているところです。
漁礁でもあるのか?







浜にあがると
フランスのボルドーから観光旅行の家族がー
イメージ 6
そこの民宿に泊
不思議
なぜ
岡山?
牛窓?





←真鯛



大きな真鯛をみてびっくりしていました。

外人「〇$#+*|"!)]
わ「はい、これタイラバで釣りました」
外人「○△□+$%#写真?」
わ「いいですよ」


わ「写真いいですか?」
外人「$%#’(&%$#」

堪能なフランス語の
通訳の方が左側に隠れています。
(堪能かどうかもよくわからない)





(もっと良い天気のはずが・・・)
イメージ 13












風も無く日差しがある予報でしたが


曇り(日照時間0分)
イメージ 4














テトラのチヌ師(2名)の方も寒かったでしょう。

ぶるぶる
真鯛が釣れたのでさっさとあがりました。





集計
【真鯛が釣れる潮】
平成28年9月(釣行104)〜平成30年11月(釣行192)の約2年の集計

結果
「大潮」がもっとも真鯛が釣れる潮でした。
イメージ 16

①大潮の日に
1釣行あたり0.5匹なので2回出撃してマダイ1匹の計算です。
なんとも情けないが現実

②さらに
下中潮では0.05匹なので20回で1匹の計算。
実際
下中潮は
午前中は満ち潮の時間で、非力なエレキモーターでは水道の激流を戻ることが出来なくいいポイントに入ることが出来ない。
仕方なしにサーフでヒラメマゴチ狙いになる。

③好きな上中潮ではイマイチでした。


取り扱い注意
このエリアに限定、しかも非力な動力で、しかもほぼ堕落の「底トントン」釣法による結果です。
「カヤックで釣り」の方には少し参考になるかも?


参考リンク
前回の集計です。(2014.11〜2016.8)


約2年前の前回集計では
真鯛は
若潮が最高でした。
大潮は最低でした。不思議??






(大晦日の忙しい日に釣りに行くためには、前日は大変忙しい

買い物行って
イメージ 14

























お飾り飾って


お飾り編んで
イメージ 15

























小さいワッカ
イメージ 3















ホーリーをつける
イメージ 2














車用


寄せ植えを仕上げて

イメージ 8
















畑のみかんを採って
イメージ 9



























ブリ焼く
イメージ 18

















忘れていた本日先ほど完了



今日の真鯛は 昭和8年生まれの
イメージ 7














爺さんに捌いてもらいました。(実父)




【今年のうれしかったこと】
①2月にヒラメが釣れて、ヒラメ年中通してターゲットの魚種になったこと。
寒い時期でもがんばります。

②本日の真鯛。12℃の低水温でも真鯛が釣れたこと。

あっそれと、
③年末ジャンボ宝くじが当たりました。うそ。これから発表ですね。

以上



それでは
皆様、来年もよい年になりますようお祈りいたします。





             祈

イメージ 17
一等が当選のときは
     シマノ グラップラーBBを本当に買いますから。


         
では





この記事に



今日はご褒美?の高気圧
イメージ 13












雲ひとつ無い晴天のはずだったのですが、

陽射しがあまりない時間が多かったです
イメージ 4














落札(2500円)したスコーピオン1500です。初登場



昨日の読売新聞釣り情報
イメージ 11














ママカリやウミタナゴが釣れる(あまりぱっとしない情報
ピンボケでした。すいません。朝通勤電車内でした。




2018.12.15(土) 小潮 日の出〜10:30
海水温 14.5℃
濁り  ほとんどなし(実測270Cm:タイラバが見えなくなる深さ
釣り  タイラバ





【釣果】
時系列で報告します。


ガシラ21センチが釣れました。7:05
イメージ 3














とりあえずふた流しくらいで魚の写真が撮れました。一安心。
船上メジャーで写。リリースです。


その後ぱったりあたりが無く
イメージ 5














リールの写真や、よく会う半分沈んだ船を撮ったりしてました。


干潮から折り返しの反転流岩礁帯ポイントではあたりが無く、
/
根掛りロスト3個(泣)





もうあがろうかと出艇サーフ前を流しているとガツガッツっと 9:37

イメージ 8
























フグ初登場。上手に針に掛かりました。チヌ針5号です。
食べてみたいがリリース。


その頃
だんだん陽射しも出てきて あったかい
イメージ 2














「粘れるモード」になってきました。9:59



マゴチ居ました。  10時ごろ
イメージ 1














粘ってよかった。




その後
イメージ 9
























マゴチの釣れた水深(12m前後)で
シャローからのブレイク斜面を平行引き



いい天気でいつまででも粘れる感じですが、
イメージ 7























引き上げました。
アタリが3回あり楽しめました。



浜で 
イメージ 6

アナゴ1匹
餌残る











チョイナゲ兄ちゃんと情報交換、
マゴチ見せながら
「ボート買えば」と悪の誘い。










【集計104〜193回 ボウズの確率が高い月と海水温の関係】

釣行を集計中です。まず簡単な集計から。



「ボウズ多い月は?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボウズ 確率    月       海水温       濁り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワースト
1位  83%   3月        9.0℃  
2位  75%   2月        7.2℃
3位  50%   5月 8月   16.5℃  28.0℃  あり
5位    43%   6月      20.5℃       あり
6位  42%   9月      26.0℃       あり
7位  40%   1月       8.6℃  (訂正20%10位⇒40%)
8位  38%   4月      13.5℃
9位  33%  12月      14.5℃
10位   25%   7月      25.3℃        あり
11位  8%  10月 11月  23.5℃   19.5℃   あり10月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
蛸は除く キャスラバ2回除く

考察
1、低水温の2月 3月はボウズになりやすい
2、10月 11月は好調
3、1月はいがいに好調(訂正)
4、5月が思ったより釣れていない
5、夏期は濁りの影響もあり

(すいません、家のパソコンにエクセルやパワーポイントが入っていないので
表になります)
                                











【スコーピオン左右がそろった】
イメージ 10














(オールドリールまとめて6点)ヤフオクみたいですね(泣)





早速分解
イメージ 12















イメージ 14












入札数22件をしのぎました。(実際は、3100円入れ寝てました)
「スコーピオン、ちょっとのことでは壊れそうもない重厚さが」好みです。






【まとめ 考察】
・そろそろ中層(マダイ)は期待できないので根物・砂物中心になると思う。
・次回もがんばります







この記事に


2018年12月1日(土曜日) 釣り 日の出〜9:00
潮   小潮
釣り方 タイラバ
海水温 17.0℃
濁り  よくなった (通常。)





【釣果】
鯛 蛸でした。
イメージ 1

















鯛は
早巻きで水深10m前後の場所。
1秒2回転くらいの速いスピード。
実は、漁船行路からの退避中の回収中のヒットです。

「こんな早巻きでも釣れることに感動」いまさらながら
少し引き出しが増えました。


蛸は
水深15mくらい
また、ロープ?か石か?何か引っ掛けたのかと思ってあげていましたが、リーダーに入って少しあばれて、生物であることを確信をしました。


何か釣れてよかったです。






(曇り予報)
昨日からぱっとしない予報
イメージ 4














波も風も少しあり、陽射しもほとんど無く寒い、早く帰りました。




魚探にも
イメージ 6
























ほとんど魚マークが出ずテンションあがらずでした。


途中薄日が差しているときは
イメージ 7
























少し元気になりました。




ここは三方が山、東風以外はいつも穏やかです。
イメージ 3
イメージ 5









本日西の風、
沖のほうは風があるのだが、浜に帰れば打ち寄せる波も無く
穏やかそのものでした。 






ゆでダコ作成中

イメージ 15

鍋イッパイです。






【韓国製ATLASバッテリーを購入】
前々からセルモーターがあまり回らないのはわかっていた。
前回(192)の朝不動。なんとか
家の前の坂道で押しがけ(下り坂で車に勢いをつける)で凌いだ。
イメージ 14
























 ポチっと激安韓国製購入







ミニの標準バッテリは「55B24L」
「P社のカオスが長持ちした」と聞いたのだが、少し高い。
イメージ 13











忘れていた
P社D23が付いていた
(バッテリー交換は2回目 10年くらい使った)









ATLAS 75D23Lを選択 トラック用?
容量とサイズの両方が一回り大きいサイズ。 




バッテリボックスにぴったりです。
イメージ 2
なぜかミニ標準バッテリーは
B24
なのに

リアトランクのバッテリーボックスは
D23サイズも入ります。

「大は小を兼ねる」















セル、良く回ります。「こんなに勢い良く回るんだー」と少し感動。
まあ、
「韓国製品耐久テスト」 ということで本日より観察開始です。







(悪い癖)
ついでに「ポチっ」??
イメージ 8


落札








といってもヤフオク。 


終了1時間前に2,000円。 
どうせ落札は無理だろうけど、3,100円を入札して就寝。


寝てたらメール
「おめでとうございます、あなたが落札」 まさかです。

通常
1時間前で2,000円なら終了までに4,000円くらいまで行くのだが、
??
これから冬になるので、釣り用品など見る人が少ないのかも。

あっ商品は
スコーピオン1500です。


後日詳細報告予定。






【献血】
(血液不足?)

いずみ町の血液センターヘ行ったが、AB型は足りていたので今回は献血しなかった。
イメージ 10














先日、「AB型が足りないとのニュース」



AB型のわたし、少し駆けつけるのが遅くなったら、
イメージ 11














受付の人と話をすると「現在足りている」とのこと。

なんとか
受付の兄ちゃんに捕まらずに帰ることができた。(笑)

次回はします。




運動公園
イメージ 12














紅葉は過ぎ、もう落葉でしたね。




家用、正月準備
イメージ 9














寄せ植え用(葉牡丹紅白 ビオラ黄 ポインセチア ゴールドクレスト)







【まとめ】
・マダイが釣れた、 今年はもうお目にかからないと思っていた。(うれし)
・今年ももう1ヶ月ですね、あと3回予定しています。 ボウズになるまで行きます。
・これからは寒いので、陽射しがある天気のいい日に行こうと思うのだが
風が無ければまた海行ってしまうだろう。
・蛸は1.5Kgくらいに訂正








この記事に


2018.11.24
釣り方 タイラバ
潮   大潮
時間 日の出〜12:30
濁り  140cm
海水温 17.5℃
激流度 計算中

【釣果】
マゴチが最後の30分で相手をしてくれました。
イメージ 1
今日はカヤックや2馬力ボートの名手たち(タイラバ命)約10艇約15名が集合
厳しい底もの争奪戦でした。

あっ
一名ジグ系のカヤックあり(ミラージュドライブ)
マゴチ605050センチの3匹でしたね、負けました。m・・m




ほんとに大潮?
イメージ 4











大潮なのになぜか緩い潮 不思議です。


タイドグラフは?
イメージ 16










おかしい!? 凄い激流のはずなのに???



日の出   (東)                                       月の入り(西)
イメージ 5
イメージ 6










日の出写真を撮るときはボウズの予感?(笑)


9時気圧配置
イメージ 7










日ごろの行いがいい?から?ご褒美の高気圧。




浜では
イメージ 3











のんびりキス釣りの人
1,000円の餌でまさかのボウズだそうです。



ただいま
「釣れる潮回り」
過去2年集計中です。
鯛ラバ釣行104〜200前後 
約2年間(2016年9月〜2018年冬ころ)を集計中です。

イメージ 8




















底モノ多し ボウズが目立つ
コウゴキタイ。


その前の2年の釣行、
1〜103回までの集計(2014年11月〜2016年8月)

釣れる潮リンク
イメージ 15















「若潮」がいい潮の結果でした。


さて今回は?








【備忘囲碁】
3子局(白)3勝1敗
イメージ 14
イメージ 13

















                   中央 黒に好手あり?要研究






秀吉も通った道(中国大返し)
イメージ 12




















おじさん家は旧山陽道



イメージ 11












1582年6月6日羽柴秀吉が通った道 岡山と姫路の間 沼城付近
 

イメージ 9












(もちろん殿は馬に乗ってだろうが)
イメージ 10












(中国大返し)
毛利軍の東部最前線、備中高松城(岡山県)を水攻めし清水宗治を降伏(自害)させ、直ちに明智光秀との山崎の合戦に向かう。
約200kmを8日で戻る。




タイラバ釣行192
(まとめ)
・厳しい戦いであった。 
・水温も下がりそろそろボウズを覚悟の時期。







おまけ 昨日の那岐山(岡山と鳥取県境)
イメージ 2












降雪の有無は雲の中(不明)     津山駅付近から






この記事に





2018.11.16
釣り方 タイラバ 日の出〜12:00
潮   小潮 満潮 11時ごろ
海水温 19.5℃
濁り  まだ濁りあり 120センチ
海面上昇率 (今日なし)


【釣果】
ヒラメ コチ(斑点がないのでおそらくイネゴチではなくワニゴチ) グチでした。
日の出時いきなりヒラメ。
イメージ 1
サーフ前からの落ち込み水深12m
いつものように、そことんとん? 砂地なのでどちらかと言えば底ズルズルです。
根掛り? いや巻ける。あまりあばれない、意外とすんなり いつでもファーストラン対応OKなんだけど・・  残念。

残念、すんなりタモインでした。





グチ
イメージ 5
最小記録と思われる。
しかし
自作タイラバを追っかけ食ってくれた。自作ネクタイ、おおむね間違ってない。
ありがとう。


?コチは
イメージ 12
納竿前に釣れました。
ヒラメが12mでいきなり釣れたのでシャローを重点的に探った。

今日はどちらかと言えば深場だったか?




濁りはまだある。
イメージ 11
もしかして?



牡蠣うち船
イメージ 2
牡蠣の収穫が始まり、いっぱい積載した漁船が横を通過しますが
それに混じり、底引き網の船が時折通過します。
濁りは底引き網漁船か?





日の出前。ウエダーに身を包みサーフに立ち込みキャストする人。
イメージ 4
ヒラメをキャストで狙っていました。 釣れる情報があったのでしょうか?
私のブログでヒラメはけっこう前でしたが。
(訂正:忘れてた最近釣ってる2回前に)




みんながんばる 日の出からすでに6時間 12:30です
イメージ 8
天気がいいので2馬力ボートたち、帰って来ません。
釣れてるのか調子がわるいのか
わたくしが一番上がりでした。


さらに堤防も。アラ古希の方々 がんばる チヌ釣り 約10人
イメージ 7
コチラもほとんど日の出から指定席満員 空席なし


お先に失礼します。 


穏やかな瀬戸内に感謝です。



コチとヒラメ
イメージ 9
少し刺身にしました。食べ比べてみます。















【サソリ座のAB型はスケベらしい】
11.12はバースデーでした。
時々見ます、1112
イメージ 13
宿直明けの帰りの電車11:12  岡山駅 山陽本線


あら?
イメージ 6
本日も プレートが誕生日なら 11月12日生まれ サソリ座?



さて
おきまりのルティーンイメージ 3
分割5分の1 やっと完食


(誕生日プレゼントはおきまりの消耗品)
イメージ 15
PEライン
いつも浅場なので安価な4編みです。


何年分?
イメージ 14
チヌバリ500本。 グラップラーBBはやめました。
500÷(週一なら50回)÷(ロスト交換10本/回なら)とすると
1年分





家族から

娘1
イメージ 16

















マフラー コーチ?一流? DCブランドはわからない。

娘2
イメージ 10
スナック菓子 無難 あれば食べる


ツマ
タックシール
イメージ 17












釣りに行きたい日にカレンダーに貼っておく。





「釣り お伺い?」たてなくても はがして貼るだけ
イメージ 18














早速本日 簡単
これはいい 
最高のプレゼントでした




まだまだ頑張ります。




あっ 
そこのサソリ座のAB型のあなた? 
当たってますよね?
(「サソリAB」のクダリは、どこかの飲み屋で聞いた情報)











【まとめ】
・マダイが釣れない
・底モノは裏切らない

またがんばります。




この記事に



2018年11月8日
釣り方 タイラバ
時間  日の出〜10時
潮   大潮 満潮11:30  増加量 0.429㎝/分
海水温 20.5℃
濁り  また悪くなった(80センチ)



【釣り結果】
コチが1匹だけでした。 バイトもこれだけ。 
イメージ 1
いつもの底をとんとんの探り釣り。水深12mのサーフ前からの岩礁帯。
さお先に明確なあたり、そのまま聞きアワセ、乗ったがー普通に巻ける
(もう少し困らせてくれー)特記事項とくになし。

あっつ、
(少し見にくいですが)頭に血液が付いているのは釣り人からの出血です。(泣)




タイラバロスト3個 海に2個 コチで1個。あばれるので針が絡んで次の釣りに使用できなかった。 (泣)
イメージ 5
タモ網は頂き物。少し目が細かすぎる。 海用ではないと思われる。 がずっと使う。

リリース
イメージ 7
コチさんもタモに絡んで少し手こずっているようでした。





今日は大潮なのに本流は激流にならなかった。 
イメージ 4
同じ大潮でも
満潮時刻の20分ぐらい前まで激流になる場合と
今日のようにまったりの潮のときがある。
タイドグラフの検証必要。

潮目に入っています。(潮目はゴミや泡で波が立ちにくい。)


地形変化の斜面を上がったり降りたり。
イメージ 8
以前 ハモが釣れたポイントです。 
GPS魚探は所有して無いので正確ではないですが。




赤カヤックさん 先日でかいヒラメを数枚。
イメージ 6
今日もヒラメさらに何か光るものを上げていました。

バス釣り経験あり、魚の誘い方の引き出しは無限(では無いが・・)
凄いテクニックレベルと思われる。








【漁具について】
(自作タイラバほとんど2年くらい同じもの、変わっているのはー)

本日使用したタイラバ。いつもの色です。
イメージ 2
時々紹介するおきまりのネクタイです。

主(幅広) ピンク+オレンジ(若しくは赤)
副(細)シルバーと緑
ほぼ2年間変化なしです。



変化があるのはヒートテック(ユニクロ様)です
イメージ 12
イメージ 10

















艶あり光る(昔)          つや消し(現在)

ヒートテック注文してみたら
灰色のビニール袋 これは困った 使えない。
昔のはステンジグの代用になるくらい光っていたのに




最後のヒートテックの在庫、裁断。
イメージ 3
最近のステンジグの活躍は存じ上げております。よって
最近では「光物裁断の幅」を広くしています。

なお
グリーンは「GOLF5」です。いつまでも変わらないでおくれー




部屋には
イメージ 9
作りかけの漁具 ひまなとき少しずつ増やしています。そしてロスト。





【まとめ】
今日は曇りの予報で、テンション上がらない日と思っていました。
イメージ 11
風は少しありましたが、青空のいい天気になり、
昨日までの仕事の疲れがいっきに(少し)取れました。
(よくわからないがまあ遊べた
さらに
濁りでボウズも覚悟しましたが、コチの一種が相手をしてくれました。

「ありがとうー ありがとうー」  (ふじおかひろしのように)。






では 次も頑張りますー





この記事に




2018年11月2日(長潮)
満潮が未明のため引き潮一本勝負
濁り120センチ(良好)
海水温 20,6℃
釣り タイラバ 日の出から11:00


鯛28センチ ヒラメ34センチ タコ0.7Kg?程度 
鬼カサゴ20センチ
イメージ 5















あまり大きくないですが
にぎやかに集まってきてくれました。魚屋さんみたいですね(笑)
タコは足(腕?)を伸ばしたのでしょう 足に針が掛かっていました。
いつもの釣り方
岩礁帯の可能な限りの斜め引き、それでもタイラバロスト5(想定内です)



もう一魚種でタイラバ五目(タコも含む)だったので
イメージ 4













黒鯛狙いに
チヌのコマセが流れるテトラ前を攻めましたが
アタリはありませんでした。
(チヌ師は、本日10人程度、相当量のコマセが流れてきていると思われる。)




船上が大騒動でした
イメージ 6















トゲのあるオニカサゴから 脱走名人のタコまでけっこうにぎやかでした。




少し弱気のときは日の出写真を撮ってしまう
イメージ 2















本日、朝一は少しボウズの雰囲気がありました。



おだやかな海に感謝
イメージ 10
穏やかな日に休暇がもらえる職場に感謝感謝





















【鰤が居る】
このエリアで鰤(ブリ)が釣れた記事
地元のボート屋さんのブログです。(リンク)
イメージ 1

『手からロッドをもぎ取られるような衝撃!
水深は15mと浅かったため魚は横に突っ走る。
タイラバロッド(紅牙)は極限に曲がり、ベイトリール(リョウガ)のドラッグはかつてない程鳴き続ける。』

本文引用させていただきました。
当エリアはほとんど青物に見放されたエリアと思っていました。
(ヤズはいるらしい)




いるんだー  ボートの下15mに    ブリが      いるんだ-





(それではそれなりのタックルを準備しなければ)
巻き取りの入門用?
イメージ 3















以前からレベルワインダーが引っ掛かりどうしようかと困っていた
DAIWA triforce-S 153B


分解掃除してもよくならないので
レベルワインダーを撤去いたしました。
イメージ 8
イメージ 9
















スローピッチジャークにステップアップするために

OCEA JIGGA?
DAIWA製だからSALTIGAですね。(すいません、冗談です)
 


持ち方はこれでよろしかったでしょうか?
イメージ 7
レベルワインダーが
無いので
スカスカです。






















親指でラインをコントロールする練習
左右に傾けて巻き取る練習

結果
樽状になるけど水深が浅いのでライントラブルは発生しませんでした。
少し巻き取りが軽い気がしました。
Σ( ̄ロ ̄lll)




(まとめ)
おおきな魚は釣れなかったけど楽しめました。
恐ろしいほど底ものですねー(ロスト5)
また頑張ります





この記事に




2018年10月24日 日の出〜9:30

つりかた タイラバ
大潮
海水温22.5℃
濁り100センチ(改善中)


【鱧93cm 真鯛30センチ】
イメージ 1















メジャが足りません。タイラバ初登場 ハモ。
太刀魚のように平べったくないのですが、F3.5くらいで丸いです。


砂地
水深12mくらい
いつものようにボトムを引いていたらモゾモゾと何かが触るような感じ。
その約3秒後にヒット。あまり抵抗せずリーダーくらいまで上がってくる。
さあ魚は何かわからないが
ここから気づいて大暴れの予感
いつでもおいでドラグは緩いよ 延長試合OKよー
だったのですが
あっさり水面にダツ? 太刀魚? ハモ。

さあこまった
たもが小さいことがわかった。
入りません。3回くらいすくいましたが無理。バス持ちは無理、魚はぬるぬる。
タオル

タオルでつかもうとタオルを頭にかぶせた瞬間、ハモが噛み付きさらにローリング
そうなるとタオルが頭に自動的にターバン状態のぐるぐる巻き(ラッキー)
難なくハンドランディングとなりました。(笑)
めでたしめでたし


タモ
イメージ 9















タモは35センチしかなく、魚がはみ出て飛び出てうまくいきませんでした。


近影
イメージ 4















凄い歯があります。こわー
ボート上でただちに
目の後ろ「ざくっ」っと一撃したのですが、(急所をはずし半殺し
家到着まで生きていました。
頭を落として針を外そうとしましたが
それでも噛みつかれました。凄い生命力ですね。




こんなところに居ました
イメージ 2
イメージ 10


















シャローからのブレイクです。
何回か「二匹目のハモ」を期待しましたが居ませんでした。
しつこく昇ったり降りたりしました。





(濁りはかなり良くなった)
イメージ 7


























竿先のタイラバが見えなくなる深さ100センチ(前回80センチ)





いつものタイラバです。
イメージ 6


























オモリ8号
オレンジーピンクネクタイ
グリーン シルバーのストリング
蓄光













(鱧の骨切は野菜の千切りのようにリズミカルに)
イメージ 8















リズミカルにやっても1センチ間隔ではダメですね。
(骨が柔らかいので食べることは何とか可能です)←訂正 誤
(骨は柔らかくはないが少しくらい飲み込んでも大丈夫と思われる)正
(骨切しなくても骨を取り出しながらでも十分食することが可能)正-2
そういう問題ではない






大阪の小学校から地引網体験
イメージ 3














サーフ前が流れているので
網が右に流れて漁協の人が少しあわてていました。













穏やかな海に感謝
鱧が釣れた豊な海に感謝
イメージ 5


























突然(翌日)の有休をいただけた職場に感謝




またがんばります。
ではでは








おまけ36秒
大きな波が来たらボートを波に向けましょう。少し浸水。
セイゴのボイルを撮影中でした。




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事