インチキ中華自転車 改造備忘録 --そして伝説へ--

インチキ野郎のインチキによるインチキの為の妄想日記

全体表示

[ リスト ]

中国からまた何か届きますた。

イメージ 1

メイン機のスポークが折れたので、中国に発注していました。

ん?スポークなのにやけに大層な梱包だな・・
と思われた方!!そうです。

スポークは$0.20/1本ぐらいなのですが、送料が$40もかかるので、
おまけで色々買っちゃいました。

スポークだけ買うのも馬鹿らしいですからね。

買ったのはこれ。Q100モータキット(328RPM type)です。
イメージ 11

主目的のスポークより
おまけの方が価格が高いのは気にしない気にしない。気にしない。
回り道の多い人生ほど味がある(でしたっけ^^;?

このモータはecitypower製で商品のページはココ
仕様書の直リンはコチラ
イメージ 21

ecitypower社はwww.bms.battery.comの
関連会社(親会社?)みたいです。

Q100モータの特徴は安価にも関わらず、
ギヤードモータでコンパクトでパワフル、
しかも重量が2.0kgとめちゃくちゃ軽いことらしいです。

とあるハブダイナモの重量が800gですから、
その軽さは皆さんも実感できると思います。

でも、どこまで本当かどうか知りませんけどねが・・、
まぁ(また!?)騙されてもいいや!!
どのみち おまけだしね

人柱イエーイ!!
ピース!!ピース!!!!


我が家の主様 「オイ、お前うるさいぞ」

イメージ 24

とか、思われてそう。

さて、主様がおとなしくしているうちに
開梱して行きましょうか。

箱を開けたところ。
イメージ 25

発泡スチロールの粉が散乱しています。
この店の梱包は相変わらずだな・・・

はい、でももう慣れましたw
逆に国内の過剰梱包の方が違和感を感じる体になってしまいましたw

掃除機で慎重に吸い取りながら開梱していきます。
この時、一緒に散乱しているパーツを吸い込まないように
イメージ 27


イメージ 26

ずぼぼぼ!!!
っと思ったら、何かのマニアル!!
イメージ 28

マニアル無しがデフォの中華kitに
ついにマニアルが付属した?成長したなぁ、おい

っと思ったら、一緒に買ったledライトのマニアルのようです。
単純にこの箱からマニアルがこぼれていただけ・・・
イメージ 29

当然の如く中華モータキットにマニアルは付属していないようです。

手前がモータホイール。奥は予備のRIMです。
イメージ 2

粉の原因はこれのようです。
イメージ 3

直方体の発泡スチロールをマイナスドライバか何かで、
溝を作って、そこにホイールをゴリゴリはめ込んだだけ。

いやー、別にいいんだよ。
綺麗に梱包されて箱の数が増えて、送料が跳ね上がる事に比べたら・・
でもさ、もう少し気を使ってほしい。

奥から備品の入った箱を発掘しますた。
イメージ 4

んでは、メインのモータホイールを見ていきましょうか

イメージ 5


ん?確かに軽い。軽い軽い。指一本でも軽々持ち上げられる。
GMのMagicPie2はモータだけで8.5kg、Ezeeモータでも3.9kgでしたから
えらい変わりようです。

ただし最高回転速度は328rpmと若干抑え気味です。
(メイン機のbafangモータは393rpmでしたっけ)
イメージ 6

右サイド
イメージ 16


左サイド。一応Diskブレーキには対応しているようです。
イメージ 7
左サイドの軸からケーブルが出ています。

お!?いつもと違うケーブル。
モータからのケーブルの先には見慣れないコネクタが・・
イメージ 8

付属のこのケーブルを繋いで、コントローラと接続するようです。
イメージ 9
イメージ 10

イメージ 12

配線の種類はいつもと同じ、
相電流3本と、ホールセンサ(5V,GND,Signal*3)と計8本です。

モータホイールの重量を測ってみました。2.9kg

イメージ 13

rimの重さは500g
イメージ 14

20本のスポークで0.2kg
36本組みなので大体スポークの重量で0.4kgっといったところでしょうか。
イメージ 15

ホイール(2.9kg)-rim(0.5kg)-Spoke(0.4kg)
=ハブモータ(2.0kg)

とおおよそ計算が合います。

こちらは、キット付属のコントローラ。
配線図はコレ
イメージ 17

250Wと書かれていますが、
最大電流が15Aなので最大出力は500W前後かな・・・

・・・・っと、最大電流が15Aなら

コントローラは250W(最大500W)といえど侮り如しです。
(のはずです)

それと、驚いたのがこのコントローラの大きさ
その辺のデジカメとサイズも厚さも変りません。

容積だけなら、メイン機のコントローラKu123の1/3ぐらいです。

あと、このこのコントローラには、
コントロールパネルへも簡単に接続できるようです。

コントロールパネルはこれ。
今回のキットにはこのコントロールパネルも付属しています。
イメージ 18


記録を残す為に、コントローラのコネクタの写真を撮っておきます。
イメージ 19

上の白いコネクタが電池から
緑の防水キャップが付いているギボシ端子が相電流

これはモータの位置センサ(ホールセンサ)
Ku65はセンサーレスモードにも対応しているので、このコネクタはつなげなくても動くようです。
イメージ 20

これは、アクセルへのコネクタ
イメージ 22

ブレーキセンサ。
今回は出力が弱いのでもしかすると不要かもしれません。
イメージ 23


おっと、容量オーバのようだw
時間も時間だし、続きは後日・・・


閉じる コメント(2)

顔アイコン

naiさんこんばんは
またまた 人柱 御苦労さまです。
今回のモーターはどんな走りになるのでしょうか?
とても楽しみです。
引き続きのレポート楽しみにしております。

2012/4/30(月) 午後 7:33 [ fw****** ] 返信する

顔アイコン

fwさん コメント有難う御座います。

Q100は今日仮組みが完了して乗ってみました。
後ほど記事に書きますが、

結構良いですよ、この構成。
最高速も(ペダリングを頑張れば)40km/hぐらいはいきますし、

コントロールパネルでPAS出力を抑えれば、
15km/hぐらいでも安定して走れるので、PASも十分実用になります。

2012/4/30(月) 午後 10:05 [ 誤流伝 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事