ここから本文です
夏は自転車で峠、冬は山スキー
東北のサイクリング、山スキー、里山

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

栂峠その①からの続き
 
 
栂峠から水の戸へ
イメージ 1
 
栂峠から乗れるところが多くなります。
イメージ 2
 
ここも乗れます。
イメージ 3
 
ここは倒木があり降りて押します。
イメージ 4
 
十石峠から電波塔への林道が見えてきました。十石峠に行くにはここから急坂を担いで下って行くと林道へ出られます。しかしここから水の戸の道がいいんですね。
イメージ 5
 
ほら、いい道でしょう。
イメージ 6
 
笹藪の中も快適に下れます。
イメージ 7
 
いいなあ〜  山サイ。
イメージ 8
 
この時期が最高です。
イメージ 9
 
水の戸への三叉路に到着。右へ行くか、左へ行くか、どちらでもOKです。左へ行きました。
イメージ 10
 
水の戸の水場が見えるところで西上州の山並を眺めうっとり。
イメージ 11
 
水の戸です。ここから車道です。
イメージ 12
 
R299です。矢弓沢林道へ下って行きます。ここもいい道です。
イメージ 13
 
ここからは矢弓沢林道沿いの十石街道旧道です
イメージ 14
 
落ち葉でふかふかです。30cmは埋まってしまいます。それでも走れます。時には落ち葉で滑りズルズルと落ちて行きます。気持ちいい〜。
イメージ 15
 
この橋は乗って降りるとドボンしてしまいそうです。
イメージ 16
 
まもなく白井宿です。
イメージ 17
 
白井宿です。いい休憩場所です。
イメージ 18
 
5人が揃いました。なつさん達は今井屋旅館へ。私たちは野栗沢のすりばち荘へ。
今日のACF忘年会参加者は11人です。下仁田、秩父、など各所から集まってきます。日暮れ前の16時半頃にはすりばち荘に着きそうです。
イメージ 20
さて明日は車の回収へ小海線臼田駅まで行かねばなりません。何処を走ろうか。
宿に行ってから相談ですね。
 
 
イメージ 19
 

この記事に

12月7日〜  小海駅ー栂峠ーすりばち荘 メンバー:2人→5人→11人
 
 
栂峠のお地蔵さん
イメージ 1
 
 
ACFの忘年会は恒例の群馬県上野村野栗沢の「すりばち荘」の集中ランです。
今年は何処を走ろうかと検討をしていたところ山サイ研とACF双方所属の「A
川」さんから栂峠へ行かないかとお誘いがありました。三十数年ほど前に行ったきりです。30才のピチピチしていた頃です。あれから三十数年、見た目。体力はもうおじいさんですが頭の中は進歩せず今でも青年です。栂峠のコースは二人です。
 
(三十数年前の栂峠 )
 
 
小海駅から出発し、ぶどう峠方行の道へ走って行きます。この辺は地図がなくても大丈夫です。
イメージ 2
 
栂峠への入口の加和志湖へ到着しました。
イメージ 3
 
昔はこの時期でも凍っていましたが最近は凍ることはあまりありません。しかし今日は半分だけ凍っています。寒いんですね。小海駅では−2℃でした。おじちゃんが現れました。
イメージ 4
 
おじちゃんの連れ合いのおばちゃんも現れました。この辺の地主です。御年88才です。栂峠の話をすると昔は馬車で行ったとか、祠があるとか話が弾みます。
イメージ 5
 
しばらくの間よく締まった林道を走ります。
イメージ 6
 
先ほどの地主さんが軽トラで追いかけてきました。まだ話足りないようです。昔話に華がさきます。
イメージ 7
 
林道は此処で終わりです。ここからは担ぎです。
イメージ 8
 
自転車の担ぎ方は三角の中に頭を入れて担ぐのが一番楽です。山サイ研初代キャプテン「A川さん」格好いいです。靴はゴローのS8です。
イメージ 9
 
祠まで担ぎあげると後は押して峠まで。三十数年前の記憶が蘇ってきます。
イメージ 10
 
笹藪に僅か踏み跡があります。
イメージ 11
 
枯れた草のあとを押し上げればもうすぐ栂峠です。
イメージ 12
 
栂峠で休憩していると、おっと、三人組がやって来ました。こんな所へ来るのは・・・  山サイ研のマドンナ「なつさん」たちです。
イメージ 13
 
「なつさん」のアルプスクライマーと私のアルプスクライマーとツーショット。
イメージ 14
 
 
その②へ続きます。
 

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事