ここから本文です
夏は自転車で峠、冬は山スキー
東北のサイクリング、山スキー、里山

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

12月6日  上野村名栗ー天丸トンネルー雁掛トンネルー八丁トンネルー
       志賀坂トンネル(単独)    上野村すり鉢荘 泊   
 
12月7日  上野村すり鉢荘ー仙台
 
メンバー:18名(宿に集まった人数)
 
 
 
天丸トンネル
イメージ 1
 
 
 
恒例の群馬県上野村名栗沢のすり鉢荘集合の忘年会です。以前は国民宿舎やまびこ荘でしたが7〜8年前から「すり鉢荘」に変更しました。恒例の忘年会はもう40数年続いています。上野村へ行くには数多くのルートがあります。塩ノ沢峠、十石峠、ぶどう峠、志賀坂峠、矢久峠、土坂峠等々。さて今年は何処から走ろうか。ちょっといつもとは違って上野村から走りだし秩父、西上州のトンネル巡りを計画しました。今年は寒くて道は凍っており厳しい単独でのランになりました。
 
 
 
上野村名栗地区に車を停めて天丸トンネルを目指して出発しました。気温は−2℃です。
イメージ 2
 
奥名郷の集落。大学生が生活の様子を卒論にと取材をしていました。
イメージ 3
 
高度を上げて行くと雪道になりました。通行止めの標識があったような気がします。
イメージ 4
 
天丸トンネル付近から登って来た道が眼下に。
イメージ 5
 
天丸トンネルからの下りはしばらく舗装されていました。凍った雪道なので慎重に乗って下りてました。地道に変わると雪もなくなり素掘りのトンネルを通過して雁掛トンネルへ。
イメージ 6
 
こんなゲートがあると通行止めだとはっきり解ります。それでもゲートには鍵がかかっておりません。簡単に開きました。
イメージ 7
 
雁掛トンネル
イメージ 8
 
両神山八丁峠コースの登山口です。ここからひと登りで八丁トンネルです。
イメージ 9
 
八丁トンネルです。標高1200mです。うっすらと雪が積もっています。
イメージ 15
 
これから下って行く道がみえます。日陰は凍っています。慎重に。ここも通行止めの看板があったような気がします。
イメージ 10
 
志賀坂トンネルです。ここまで来れば安心です。ここはもう国道299です。
イメージ 11
 
すり鉢荘での忘年会風景。ゲストを含め18名の大宴会になりました。UCC杉山グループのメンバーとも御一緒しました。
イメージ 12
 
12月7日朝 すりばち荘前。秩父、下仁田等へ各自走って帰路に着きます。私はここから車で仙台へ。
イメージ 16
 
 
今日の1台
銘車「アルプスクラブマンエース」です。萩原慎一さんプロデュースの昭和32年製造です。もうほとんど使い物にならないくらいの状態でしたが「港町さん」見事に復活させました。第1次サイクリングブームの銘車ですね。当時の大学卒初任給の5ヶ月分くらいしたそうです。まだまだ自転車が高価なこともあり第1次サイクリングブームは短期間に終わってしまいました。
イメージ 14
 
 
凍りついた通行止めの道を単独で走ると登りの厳しさより下りの不安の方が勝っておりました。
 
 
 
 
イメージ 13

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事