ここから本文です
夏は自転車で峠、冬は山スキー
東北のサイクリング、山スキー、里山

書庫自転車 福島県

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

4月8日  メンバー:7名

梁川総合支所ー阿武隈川右岸ー茶屋沼公園ーR114号旧道ー広瀬川右岸

走行距離:65km  標高差:300m


SCC仙台サイクリングクラブの花見ランです。例年だとまだ花見の時期ではありませんが今年は2週間ほど早くなりました。
福島県の桜の名所・花見山公園は人、車であふれています。パスして少し北側にある茶屋沼公園の花見に出かけました。




阿武隈川右岸
イメージ 1

茶屋沼公園
イメージ 2

茶屋沼公園
イメージ 3

茶屋沼公園
イメージ 4

R114号旧道
イメージ 5

R114号旧道通行止め個所
イメージ 6

広瀬川右岸
イメージ 7





松坂峠・五福谷川ラン

11月4日  メンバー:8名

丸森町役場ー阿武隈川左岸ー阿武隈川右岸ーやながわきぼうのもりこうえん駅ー
松坂峠ー五福谷川林道ー丸森町役場




五福谷川林道
イメージ 1




仙台サイクリングクラブ11月の有志ランです。宮城県丸森町から福島県梁川町へ走ります。往路は阿武隈川の道を梁川まで走り復路は松阪峠を越えて紅葉と落ち葉の五福谷川の林道を下って行きました。




丸森町役場の駐車場に集合
イメージ 2

役場前のグランドでは「モーモー祭り」をやっていました。肉牛、乳牛の品評会です。牛肉が無料で振舞われますがもう少し時間がかかります。待てないので出発します。
イメージ 3

阿武隈急行の鉄橋を潜り・・・
イメージ 4

阿武隈川の左岸側を走ります。国道ですが細い道なので交通量は僅かです。
イメージ 5

旧国道は通行止めになっていましたが通過します。
イメージ 6

少し荒れていますが・・・
イメージ 7

通り抜けることができました。
イメージ 8

橋を渡り右岸側へ。
イメージ 9

右岸側を走っていると・・・
イメージ 10

美味しそうな柿です。見ていると地主のおじさんが寄ってきて召し上がれとは言わなかったです。
イメージ 11

やながわきぼうのもりこうえん駅の食堂でそばと餅を頂き
イメージ 12

松坂峠へ上って行きます。前には誰もいません。トップを走っていますから。
イメージ 13

松坂峠に到着
イメージ 14

松坂峠
イメージ 15

下りは五福谷川の林道を走ろうと藪になった林道を下って行きますが激ヤブです。道を間違っていました。
イメージ 16

舗装路をもう少し下ったところに五福谷川の林道がありました。
イメージ 17

紅葉は少し終わりかけており落ち葉の上を快適に・・・
イメージ 18

下って行きました。
イメージ 19

舗装道に出てきました。雨が降り出しポンチョを着て丸森へ。
イメージ 20



イメージ 21





福島県飯館村ラン

7月8日  メンバー:7名

飯館村役場ー上比曽ー岩部ダムー前田ー草野ー綿津見神社ー飯館村役場



仙台サイクリングクラブの有志ランです。福島県飯館村は福島原発の事故後6年が経過し今年の4月に帰還困難区域から避難指示が解除され居住することが出来ることになりました。
学校も閉校されていましたが開校され復興は徐々に進んでいますが事故前の人口は6500人でしたが避難指示解除後に戻てきた人は900人ほどで5600人は避難したままです。道の至る所に放射線量が表示されており0.3〜1.0μsv/hっを示しています。村には除染作業のトラックと人であふれていますが居住されている人は僅かでした。




飯館村の新しい役場に集合しました。
イメージ 1

除染された田んぼ、畑はまで農作物は作れません。
イメージ 2

除染された汚染土を田んぼや畑に一時保管されています。
イメージ 3

南部の割木の放射線量の表示は1.021μsv/hです。ここから南の長泥地区は
まだ帰宅困難区域です。
イメージ 4

走っている姿を撮ったのですがボケています。エッ・・・
イメージ 5

岩部ダムの写真もボケています。デジカメですが強い放射線にやられてしまったのかとカメラを調べてみると・・・
イメージ 6

何時の間にかマイクロになっておりAUTO戻すと綺麗に撮れました。ビックリ。
イメージ 7

山津見神社方向へ行く予定でしたが前田地区からショートカットして古今明方向へ。
浮浪者ではありません。私です。
イメージ 11

古今明あたりで一休み。
イメージ 8

草野地区の北部の放射線量は高めです。
イメージ 9

綿津見神社でお参りをして飯館村役場へ。
イメージ 10

草野の市街地にある貴重なコンビニ、セブンイレブンは除染作業者が大勢押し寄せていました。


イメージ 12




28日

ACFアルプスサイクルフレンズ東北ラン2日目です。昨日飲み過ぎて二日酔いの人が数名います。今日の難所は蟹ヶ沢の渡渉です。秋は沢の水量が僅かですが5月は雪解け水で増水していないか心配です。




蟹ヶ沢徒渉
イメージ 1




小野川温泉「ししどや旅館」です。西吾妻の山スキー時に何度かお世話になっている宿です。低料金で料理、サービス、温泉良しの小野川温泉最高の宿です。
イメージ 2

米沢市街を通り抜け関根駅を通り過ぎると道は細くなります。
イメージ 3

大沢集落を通り・・・
イメージ 4

笠松温泉に見惚れて休憩します。
イメージ 5

全面通行止めの看板がありますが先へ進みます。
イメージ 6

橋の付け替え工事中です。3年前に訪れた時も工事中でその年に完成していたはずなのにまだ出来ていなかったのかな。
イメージ 7

対岸側から。
イメージ 8

板谷の最高地点を越えて下って・・・
イメージ 9

峠駅との三叉路です。
イメージ 10

下って行くと板谷峠の看板がありますが ・・えっ・・ ここが峠なのと言ったところです。
イメージ 11

蟹ヶ沢へやって来ました。心配していた水量は問題なく渡れる程度です。
イメージ 12

雪解け水が冷たく石がゴロゴロしているので安全のため徒渉用に靴下を準備しました。
イメージ 13

自転車を担がなくても大丈夫みたいです。ハブが濡れるかどうかくらいです。
イメージ 14

山形県側から全員渡って・・・
イメージ 15

福島県側に渡り終えました。
イメージ 16

川原でお昼です。
イメージ 17

上流側の堰堤
イメージ 18

旧米沢街道を李平宿跡方向へ進んで行きます。
イメージ 19

左手を下って行くと旧米沢街道の石畳ですが先を急ぎます。
イメージ 20

水場の不動様。
イメージ 21

李平宿跡まで来ると登りはあと少しです。高津森林道を下り福島駅へ向かって走っていきました。
イメージ 22



イメージ 23





5月27日〜28日  メンバー:11名

27日:猪苗代湖駅ー桧原湖ー旧米沢街道(桧原峠)−綱木集落ー小野川温泉 泊

28日:小野川温泉ー板谷峠ー旧米沢街道(蟹ヶ沢徒渉)−李平宿跡ー福島駅


ACFアルプスサイクルフレンズの東北ランです。会津のkuriさんが幹事です。私は少しだけお手伝いをさせてもらいました。
猪苗代湖駅から桧原峠を越えて小野川温泉に泊まり翌日は板谷峠を越え蟹ヶ沢を徒渉し福島駅までの東北屈指のサイクリングコースです。




27日

桧原峠
イメージ 1




猪苗代駅に集合しました
イメージ 2

桧原湖の東畔を通り北畔の金山集落へ。
イメージ 3

金山集落を・・・
イメージ 4

北上し旧米沢街道へ向かいます。
イメージ 5

舗装道から地道に変わりしばらく進むと旧米沢街道の入口です。
イメージ 6

12時を少し回っていたので座り込みお昼ごはんです。
イメージ 7

勾配がきつく乗れません。
イメージ 8

少し乗れるところがありますが又押しになりました。
イメージ 9

押して・・・
イメージ 10

ここは乗って・・・
イメージ 11

また押して・・・
イメージ 12

桧原峠直下までやって来ました。
イメージ 13

女性陣も強いです。
イメージ 14

桧原峠に到着。心地よい広場がありました。
イメージ 15

下って行くと大峠の立て札があり・・・
イメージ 16

乗るには厳しいので押して下ります。
イメージ 17

小さな沢を担いで通過。
イメージ 18

押す人
イメージ 19

乗る人。
イメージ 20

乗る人。いい道ですね。
イメージ 21

道が怪しくなってきました。
イメージ 22

道が流され沢に入り・・・
イメージ 23

担ぎあげ不明瞭になった踏み跡を進むと・・・
イメージ 24

また道がなくなり沢越えです。
イメージ 25

林道手前の沢には丸太の橋が架かっていました。自転車を背負って渡るのはバランスが難しいです。
イメージ 26

林道に上がって来ました。舗装されています。
イメージ 27

綱木集落を通過し・・・
イメージ 28

綱木ダムへやってきました。
イメージ 29

小野川温泉に到着。宴会が12時まで続きました。おやすみ。
イメージ 30



イメージ 31




全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事