堺市社会福祉協議会 中よしひろば

堺市中区の様々な地域福祉活動をレポートします♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

10/31(火)に、中区さかいボランティア連絡会と堺市社会福祉協議会中区事務所が共催し、中区ボランティア講座を開催しました

今回は『中区ぼらんてぃあカフェ』というタイトルで、中区で活動するボランティアグループの活動内容を住民の方に知ってもらい、実際にボランティア活動者と交流を図ってもらうことで、よりボランティアに関心を持ってもらうことを目的にしました。

イメージ 2




①ボランティア活動紹介
まず、ボランティアグループの普段の活動内容を紹介して頂きました。
当日は、中区さかいボランティア連絡会に加入されている12グループが参加してくれました。


 ★参加グループ★
   ベル・フレンド 、 手話サークルもみじ 、 いずみ「三者の会」 、 花音オカリナ・アンサンブル
   東百舌鳥ITクラブ 、 なかよしえほんの会 、 中8020メイト会 、 堺ふれあい大学
   堺市健康づくり食生活改善推進協議会(歩み会) 、 楽畑 、 中区更生保護女性会(さくら)
   おはなしウーフの会


実演を交えながら紹介するグループもあり、それぞれ工夫されてグループの色が出ていました
講座に参加している全員が興味を持ってしっかりと紹介を聴いている様子でした。

イメージ 1
高齢者が安心して暮らせるように、詐欺などの啓発をされているそうです!

イメージ 3
手話で挨拶をレクチャーしてもらい、みんなでやってみました!

イメージ 4
パタカラ体操を実践!お口の健康も大事ですよ〜!

イメージ 5
絵本の紹介と読み聞かせショートVerをやってもらいました!


②茶話会
ボランティア活動紹介を聞いた上で、参加者とボランティア活動者で交流してもらいました!
『中区ぼらんてぃあカフェ』ということで、各テーブルに飲み物とお茶菓子を用意し、お菓子もつまみつつ、ざっくばらんにお話をしてもらいました。
用意したテーマに沿って自己紹介から初めてもらい、ボランティアについて意見交換してもらい、ワイワイガヤガヤと皆さん楽しそうに過ごされている様子でした

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


ボランティアグループの活動紹介、交流会を開催できたことは、今後のボランティア活動の推進・普及のために意味のあるものになったと思います。今後もこのような機会は継続してもてるようにしたいと改めて感じました。

講座に参加して頂いた皆さま、ご協力して頂きありがとうございました

開く コメント(0)

東深井子ども食堂がプレオープン!
堺市社会福祉協議会中区事務所も当日お邪魔させて頂きました。

 主体者:東深井子ども食堂有志の会《仮称》 15名
 参加者:15名
 協力者・見学者:14名




【当日の様子】
はじめは、「絵本の読み聞かせ」から落ち着いた雰囲気でスタート。
イメージ 3

















いよいよ、食事が完成!当日のメニューは、子どもが大好きなカレーライス。食材は、自治連合会長、社会福祉法人、民間企業など様々な方々からご協力を頂いています。
イメージ 1
イメージ 2

食事の後は、福祉事業所さんが持参してくれた「スマートボール」遊び
イメージ 4
















東深井子ども食堂有志の会による「スライムづくり」
イメージ 5
















「手形アート」
イメージ 6
















手形アートでは、みんなの『つながり』をイメージし、手形で大きな『木』を参加者で作りました。
イメージ 7

















当日は、自治会や社会福祉法人、民間事業者等のご協力で大盛況のもと無事に終了しました。
また、見学には行政職員や教員の方々も来て頂き、参加者もとても楽しい時間を過ごしていました。


【最後に】
有志の会では、「子ども同士で遊ぶ機会が減っている」「一人になりがちなこどもが増えている」「親も共働きで休む間がないので、休息(レスパイト)してもらい、良い育児につなげてもらいたい」との思いから、子どもたちが一緒に楽しい時間を過ごせる居場所づくりのために子ども食堂をスタートさせました。そのため、子ども食堂では『子ども同士が遊べる場』『みんなでご飯を食べる場』『こどもが社会性を身につける場(成長の場)』『地域の人”みんな”が集える情報交換の場』を目指しています。また、東深井子ども食堂は、地域住民が有志で行っており、運営費用の確保のため募金を募るなどの工夫を行いながら運営しています。今後、皆さまのご理解を得ながら、地域に根ざした活動となることを堺市社会福祉協議会としても応援していきたいと思っています。
イメージ 9

イメージ 8




















開く コメント(0)


8月19日(土)13:00〜16:00、第25回中区区民フェスタが開催され、中区役所会場で参加しました
イメージ 1


中区役所1階ロビーのブースでボランティア相談コーナーを中心に、ボランティア活動の啓発を目的として、ボランティア相談員さんによる折り紙コーナーを出店しました。
ハートのリースづくりや紙コップを使ったおもちゃ「びっくりコップ」づくりを行いました子どもたちにも大人気で、風船と共に大喜びでした
イメージ 2
イメージ 3


今回は大分県大雨災害義援金の募金箱を用意し、募金して頂いた方には感謝の気持ちを込めて、手作りの小物をプレゼントしました!
皆さんのご厚意のおかげで、5629円の義援金が集まりました
ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました
イメージ 5

また、今年は民生委員児童委員創設100周年記念を記して、民生委員児童委員ブースを設け、中区で活躍してくださっている民生委員児童委員の皆さんが来場者に粗品を配布。啓発活動に取り組みました!
中区住民の方に民生委員児童委員さんの存在を身近に知ってもらうきっかけになったと思います
イメージ 4
民生委員児童委員の皆さま、ありがとうございました!


今年も多くの方に来場してもらい、大盛況のうちに終了しました。
来場者の皆さま、ご協力して頂いた皆さま、1日お疲れ様でした。
ありがとうございました

開く コメント(0)

7月30日(日)、UR鈴の宮団地りんりんセンター(集会所)にて開催された『出張きらり』へお邪魔してきました。

八田荘西校区UR鈴の宮団地では5月から毎週(土)、りんりんセンター内でりんりんカフェ、ちびっこりんりんの活動がスタートしています。今回はちびっこりんりんとお隣の八田荘校区内の子育てひろば「きらり」とのコラボ企画として、出張きらりを開催しました。

予想以上に多くの子ども達と保護者の方が参加してくださり、子ども達・保護者同士がゆったりとくつろげる空間になっていました。参加者の多さからもUR鈴の宮団地での子育て交流の場のニーズが高いことを社協職員として実感しました。子ども達は色んなおもちゃに興味津々で、たくさん遊んでいました。
イメージ 1


室内あそびだけでなく、暑い季節にぴったりのビニールプールでの水あそびも子ども達に大人気でした!
イメージ 2
イメージ 3

最後には「きらり」のスタッフさんによる歌あそびをみんなで一緒に行い、親子同士のふれあいで和気あいあいと皆さん楽しんでいました。
イメージ 4

ご協力して頂いた「きらり」のスタッフの皆さま、ちびっこりんりんのボランティアの皆さま、そして参加者の皆さま、1日お疲れ様でした!ありがとうございました!

開く コメント(0)



イメージ 3

 東陶器校区は中区南東部の丘陵に位置する面積の大きな地域で、中区内で一番多い17自治会を抱えています。東陶器校区福祉委員会(委員長:木本隆夫氏)では、より身近で参加できるように、いきいきサロン活動(同校区での愛称:わくわくクラブ/地域のつながりハート事業のひとつ)が『愛宕会館・金山自治会館・福町上自治会館・ゆーとりあ』の4ヶ所を拠点に、それぞれの会場で毎月1回実施催されています。

 1214日、愛宕会館を訪問。12月の開催日は、それぞれの会場で毎年恒例の「わくわくクラブ・お楽しみ会」が開催され、地域の担当ボランティアさんらが趣向を凝らしたプログラムで参加者を楽しませています。この日の愛宕会館では、美味しいお弁当を食べながらの談笑のほか、小畑氏(同校区つながりハート事業担当)によるオカリナ演奏とその音色にあわせての合唱。そして、中第3地域包括支援センター・在宅介護支援センター「ゆーとりあ」職員らによる“東陶器新喜劇”が行われ、50名を超える地域の高齢者の方々とボランティアさんを大笑いさせていました。

イメージ 1イメージ 2










  小畑氏によるオカリナ演奏                   東陶器新喜劇の一場面            



最後は、ハズレくじなしのプレゼント抽選会が行われ、参加された高齢者の
皆さんは笑顔で会館を後にしていました。ボランティアの皆さん、準備から当日
の運営までご苦労様でした。いつも本当に有難うございました。

                    

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事