堺市社会福祉協議会 中よしひろば

堺市中区の様々な地域福祉活動をレポートします♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


土師校区福祉委員会(委員長 西 恵司 氏)では毎年6月に恒例行事としてふれあい食事会が開催されています。64日(土曜日)土師町自治会館3階ホールで行われた、『ふれあい食事会』に参加しました。開演30分前にもかかわらず、玄関先にはたくさんの方が来られていた。受付を通って会場へ向かう地域の方々を おはよう!元気〜? よく来てくれたね、ありがとうと満面の笑顔で出迎えてくれたのは土師校区ボランティア部の皆さん。声かけをする様子がとても心地よく、ボランティアさんの温かなおもてなしの気持ちが感じられた瞬間でした。
 
毎年6月上旬に開かれるこの食事会は、今年で19回目を数える長寿イベントのひとつで、いつも100名を超え広いホールがいっぱいになる人気の行事です。今年も来賓客や関係機関の参加を含め、総勢155名が集いました。「毎回これだけの方をどのように集めているのか」をボランティア部の山田さんにたずねると、本当にたくさんの方々に来ていただき感謝しています。土師校区では、自治会の回覧板や掲示板での案内に加え、ボランティア部(現在25名在籍)の皆さんがサロンに参加している方、老人会の方々、そして気になる高齢者宅を訪問した際にお声かけして参加を募っています“と教えてくれました。

イメージ 2   イメージ 1
 午前1030分。定刻をむかえる。いっぱいに膨れ上がった会場に、進行を務める
ボランティア部、北田さんの第一声が響き渡り、お待ちかねの食事会がスタート!  
 

イメージ 5  イメージ 3  
言葉あそびなどのゲームを楽しみました。9文字    中第2地域包括支援センター(内藤氏)と中基幹
のカナを使って言葉(都道府県名)をつくる。    型包括支援センター(宮氏)による 『堺コッカラ
さて、いくつできるかなぁ〜                  体操』365歩のマーチ”の楽曲に合わせて全員
                               で体操を楽しみました。


イメージ 4  イメージ 6
高知県発祥の創作ダンス「よさこいソーラン」を    身体と頭を使ったコッカラ体操の後は、お待ちかね  
鑑賞。地元にゆかりのある若者4人組“幸舞輝    の昼食タイム。おかずがいっぱいの幕の内弁当を味しぶき)”が迫力満点のパフォーマンスを披露!    わいました。


イメージ 7  イメージ 8

昼食後最初のプログラムはカラオケ。マイクを回し   “毎年、出し物を考えるのが大変です”と話す、
てみんなで合唱しました。最後の曲「河内男節」    はっぴ姿がお似合いのボランティア部 中井さん。 
ではボランティア部の皆さんといっしょに踊りも楽し    今年は土師の風物詩「ふとん太鼓」のミニチュア
みました。                          を担ぐという、文字通り「まつり」の一場面を見せ
                                 ていただきました。
   

 イメージ 10  イメージ 9

最後のプログラム、色とりどりのお花が当たる           午後3時、ふれあい食事会が終了。幾度も重
ビンゴ大会!赤いビンゴカードを握りしめ、壇上     ねた企画会議、直前までの準備、そして楽しい
で読み上げられる数字を祈るような思いで耳を     食事会まで、ボランティア部の皆さん、ご苦労様  
傾けていました。                     でした。そして、ありがとうございました。














































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































イメージ 1



平成28年4月3日(日)、八田荘西校区地域会館において開催された「おしゃべり喫茶」にお邪魔させていただきました。
 
八田荘西校区福祉委員会(委員長:野村勉氏)では「語らいサロン」として行われてきた「おしゃべり喫茶」がボランティアビューローを併設した形でリニューアルオープン!
開催は毎月第1日曜日AM10:00〜11:30になりました。



ボランティアビューローとは、交流・情報・相談の3つの機能を備えた地域住民の皆さまが気軽に集える地域の場で、校区福祉委員会の活動の1つとして取り組まれています。
「おしゃべり喫茶」では民生児童委員が常駐し、地域住民の方の困り事にも対応しています。




そして!皆さまが大好きなコーヒーとトーストがセットになったモーニングがワンコイン¥100で食べられます!

イメージ 2



モーニングをいただきましたが、コーヒーは深みのある味わいでおいしかったです!
トーストはいい焼き具合でおしゃれな盛り付けが食欲をそそりました!

イメージ 3




朝早くからたくさんの方が来られており、皆さま仲のいい方同士でモーニングを食べながらお話されており、盛り上がっている様子でした。


参加者は50人以上で、女性も多かったですが男性もたくさん来られていました!
民生委員長の藤原さんに「八田荘西校区の活動は男性が主体的に引っ張ってくれている」というお話を聞き、こういった地域の特性が参加者の男女比に表れているように思いました。


また、「顔見知りやからこそ話せることもある」「普段話せない人ともこの機会に話せる」というお話も聞きました。


野村委員長も顔を出されていたのでご挨拶をさせていただきました!
写真ニュースのバックナンバーを見ながら、広報の仕方の工夫について勉強させていただきました。




イメージ 4



皆さまの笑顔や元気なお話を聞けたことで、私も元気をもらいました!
参加された皆さま、ありがとうございました!














イメージ 1
福田校区福祉委員会(委員長 静又三 氏)では毎年3月に恒例行事としてふれあい食事会が開催されています。3月3日(木曜日)福田校区地域会館で行われたふれあい食事会にお邪魔させていただきました。当日は福田校区福祉委員会のボランティア(自治連合会、民生委員会、女性部会ら13名)の皆さんが手作りでプログラムの企画運営からお弁当の準備やお茶の配膳などを行い、参加された50名を超える地域の方々(サロン参加者と老人クラブや一人暮らし高齢者など)を楽しませていました。       

     イメージ 3      
    
 
    イメージ 2                                             
                
     




















イメージ 4

ボランティアグループ「七福じん」の酔登虎九鼠(すいとこてい きゅうそう)さんが、
今年の大河ドラマ「真田丸」にちなんで、主人公真田幸村に扮した衣装で漫談や
南京玉すだれなどを披露。会場を笑いの渦に・・・。

イメージ 5
 最後は、しんちゃん(写真:腹話術の人形)との握手会! 皆さん、とってもいい表情を
 していました。

イメージ 6





大いに笑った後は、
お楽しみの“お食事タイム!”

イメージ 7



                              

ボリューム感のある幕の内弁当も、
みんなで一緒に食べると、ペロッと食べられるもんですよ・・・」と。
普段からサロンに顔を出す男性参加者から話がきかれた。



イメージ 8

お食事のあとは、わくわく倶楽部のボランティアさんによる、折り紙で雛人形をつくったり、 

ストローと輪ゴムを使ったリレーゲームが行なわれました。皆さん童心にかえり、笑顔いっ
ぱいで楽しんでいました。他方、勝負のかかったリレーゲームでは一転、真剣な表情に
り替わったのがとても印象的でした。


イメージ 9






最後は、「幸せなら手を叩こう」の歌を、みんなで合唱。歌にあわせて元気いっぱい身体を動かしていました。


帰り際、参加された方からは「あっという間の楽しい一時でした、ありがとうございました」
という声が聞かれました。参加された皆様、ボランティアの方々、七福じんのお2人、
お疲れ様でした!



























10月15日・16日(午前9時30分〜午後3時)の2日間、中区役所1階ロビーフロア及び東玄関広場にて、ナカナカマ♡ネットワークによる自主製品販売、作業所の取り組みを 紹介するパネル展示イベントが行われました。

イメージ 1


 イメージ 2

両日とも、たくさんの作業所が参加しブースを設置。自慢の自主製品である“焼き菓子や手芸品など”が机いっぱいに並べられていました。お茶の試飲をしてもらいながら商品をPRするといったデパートのイベントさながらの一場面もありました。人気のお弁当などは、お昼の時間を迎えるまでに完売するブースもあったほのど賑わいをみせていました。


また、イベント2日目の16日(金)には、中区役所2階の会議室で、「なかくのナカマかい!?」というキャッチフレーズをつけた中区当事者交流会が開かれました。中区内に点在する25を超える障害者作業所に通う当事者たちが一堂に会し、各作業所の活動発表やビンゴ大会を楽しみながら、普段は顔を合さない当事者同士が交流を深めていました。

       
         イメージ 3
                                個性あふれる作業所紹介!  
 
交流会には、関係機関のスタッフだけでなく、地域住民の方にも参加をよびかけようと
販売・展示会場にチラシを配架。予定の開始時間には60名もの参加者で会場を埋め
尽くしていました。素敵な景品が当たるビンゴ大会は、大いに盛り上がりをみせていました。

  イメージ 4
    
   当事者交流会に参加された方、全員に素敵なプレゼントがご用意されていました。 

                          イメージ 5 

    
         会場から続々と、”ビンゴ〜!”という声があがり、素敵な景品をゲット・・・                          
       
    
               イメージ 8

        
               イメージ 7

         見事上位3名に入った方には、大きな紙袋に入った景品が贈られました。 

     イメージ 6

  次回開催は、平成28年2月25日〜26日(午前9時30分〜午後3時)の
  2日間、今回と同じ、中区役所1階ロビーフロア及び東玄関広場にて、今年度
  第3回目のナカナカマ♡ネットワークによる自主製品販売およびパネル展示を予定
  しています。お楽しみに〜 


屋外の桜はすっかり葉桜になってしまいましたが、
こちらの桜は今日が満開見ごろです。
4月12日(日)正午より恒例の「ふれあいの集いお花見お食事会」が
深井中町会館にて開催されました。

イメージ 1

参加者は地域の高齢者約70名皆さんこの日を楽しみに
されていたようで、会場はすでにほぼ満席、ボランティアさん
自治会役員挨拶の後、お食事の時間に。

イメージ 2

美味しいお食事の後は、ボランティアグループ「きらら輝楽」さんによる
よさこい鳴子おどり、勇壮なおどりの間には軽妙なおしゃべりで、
参加者も大笑いでした。最後は河内音頭で締めくくり、楽しいお花見食事会
のひとときはあっという間にすぎました。

イメージ 3

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事