相模湾 海から見る風景

ご訪問に感謝します。これからは、https://kamakurawake.blog.fc2.com/に移転しました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

良弁僧正物語 

良弁僧正物語
―相模国の出雲族良弁の目指したもの―

    今回から、東大寺初代管長良弁僧正とその一族の話をしばらく続けます。
1回は、全体のあらすじを最初に出しておきます。なるべくこのあらすじの中に納まるように進めるつもりですが、進行過程で構想が変わる可能性もあります。その点あらかじめご了承ください。
 
1.あらすじ
    東大寺初代管長良弁僧正は相模国漆部氏、出雲国賑給帳に漆部直一族が多数登載されています。そこで良弁僧正一族の本拠を出雲国との仮説を立て検討した結果、出雲を本願と定めることに妥当性があるとしました。良弁僧正の目指してきたものも見えてきました。
聖武天皇の悲願を形にするため、総国分寺としての東大寺・廬舎那仏建立に尽力しました。
遠い昔、ヤマト王権に国譲りを迫られた過去を持つ出雲の人たちにとって、天皇の国分寺を通じて、仏教による鎮護国家建設の詔勅は信仰の強制ともいえたでしょう。

   ところが、出雲族の良弁一族は、国譲り以後厳しく貧しい状況に追い込まれていた出雲国を脱出して、東国相模国の地で、開発開墾に励み成功をおさめた後、過去の恩讐を越えて、良弁は、聖武天皇に総国分寺としての機能を持つ東大寺造立を進言し、成し遂げたのです。
    良弁は当初反体制ともいえる役行者を追慕し修験道を修めながらも大仏鋳造のための金銀を求め山野を跋渉し、律令国家の頂点聖武天皇を中心とした体制の象徴として東大寺を位置付けたのです。
イメージ 1

 
   また良弁の神仏習合は、高僧・義淵の下で、深く仏教学を極めた良弁僧正ならではの帰結だったのでしょう。
日本を一つにするという東大寺の役割に、神仏習合という息吹を注ぎ込むことによってその後の日本文化の方向性を与えたのです。同時にこれは国譲りをした出雲と大和王権の融合をも目指したものといえるのです。出雲族としての悔しさを乗り越えた自分がいることを出雲族へのメッセージとして込められていたのでしょう。

   そして弟、漆部直伊波は、商布の売買によって蓄積した私冨を基に、在地と中央とを結ぶ遠距離交易を行っていた。彼は、大量の私冨を東大寺大仏造立の費用の一部に献上し、それによって外従五位下という貴族の最末端の位階を与えられた。このことを契機に、彼は中央の官僚機構の中に入り込むことに成功し、様々なポストを歴任していった。

    伊波の性格は、きっと他者に説得的に働きかけ、リーダーシップを発揮して人をまとめることが得意とみられ、海運業、役人向き、良弁との二人三脚は見事な効果を発揮したのでしょう。

    鎌倉に由井の長者と呼ばれる染谷太郎太夫時忠という謎の人物がいますが、実はこの人物が、宿禰になった漆部直伊波そのものだったのです。良弁の弟の東国での姿だったのです。
この一族も他の豪族同様平安時代には没落していきますが、一族のその後も追ってみます。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

漸く春になりにけるかも
寒い日が続きましたが、漸く晴れて、光あふれる春の日になりました。
散歩をしていても、知った顔がどんどん現れます。
寒かったこの1週間、散歩で行き合う人もいず、寂しい限りでした。
鎌倉長勝寺の百日水行の荒行も既に終わってしまった、今年は行けなかったが、これが終わらないとこの地方に春が来ない。春を彩る風物詩です。

イメージ 1
 
そんなある日、知人と食事に出かけ、好きな話題で盛り上がり、近くの寺の梅が見ごろを迎えているだろうと行くことになった。

イメージ 2
 
海宝院は、徳川家康の浦賀代官だった長谷川長綱の開基の寺として有名だが、御召船奉行となった向井正綱と長く姻戚関係にあったこともあり、共に江戸湾・三浦半島の発展に大きく貢献した。

イメージ 3

本堂前に、紅白の梅が一本づつ、咲き始めていた。
 
イメージ 4
 

なんとも贅沢な植栽。左近の桜・右近の橘とでもいうのか。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

司馬遼太郎が書く出雲王朝
最近出雲王朝や出雲族に関することに触れる機会が多い。ヤマト王権に征服され、国譲りが行われたとされる出雲である。
これから紹介する司馬遼太郎「生きている出雲王朝」の読後に、この話をある知人としたところ、「私の一族も出雲族で天皇家に亡ぼされ、関東に逃げてきた」というのです。思わず言ってしまった当人も私もこれには驚いてしまった。ところが、続いて、出雲族だとこともなげに言う人が現れたのです。この人は神社関係者でしたから、そういうこともあるのかもしれません。
出雲国の長くて深い歴史が、今蘇っているように思えたものです。
 
加茂岩倉遺跡では、一カ所からの出土例としては日本最多となる39口の銅鐸が発見された。先に発見され358本の大量の銅剣が出土した荒神谷遺跡と僅か3.4kmしか離れておらず、両遺跡から出土の銅鐸に「×」印の刻印があることから両遺跡は関係あることが分かり、またさらに後に発見された「出雲大社境内遺跡」との関連から、古代イズモには王国、あるいは文化圏が存在した、とする研究者が増えてきている。」Wikipedia
神話だと思っていた事柄が、歴史的事実として目の前に現れたことで、研究者ならずとも、歴史の見直しを迫られているのです。
 
さて、司馬遼太郎「生きている出雲王朝」歴史の中の日本 所収 ですが、
出雲神族の末裔だという「カタリベ」として登場する人物、 「W氏」と名を伏せているが、生きている出雲王朝の当主である。T氏になるはずが、なぜW氏になっているのかは、司馬氏のお茶目、「Wの悲劇」を捩っているのだろう。
この「生きている出雲王朝」の初出は昭和363月の『中央公論』、という昭和40年以前のことなのだ。当時としては、この内容は天地がひっくりかえるほどのとんでもないものだったのだろう。
作品中では、「W氏」は大阪に住み、ある新聞社の地方部長として紹介されている。
司馬遼太郎の産経新聞社時代の同僚である、そう書かれていないのは、プライバシーを考慮してのことと思われる。
そして、W氏は元サンケイ新聞編集局次長を務めた人物だった。
出雲王朝のカタリベであり、大国主命の子孫にあたる、ある事情により一系統だけ残った。出雲は簒奪されているのです。W氏は第一次出雲王朝の残党であり、心理的に残党意識を持っているだけでなく、げんに、第一次出雲王朝を語り伝えるカタリベでもあった。
簒奪の事実をおもうとき、W氏はときに眠れなくなる夜もあると言う。
司馬は、W氏が語る伝承を、好意的に肯定的にとらえていると言える。
 
西村真次博士の『大和時代』を引用して、出雲族はツングース族だったのかもしれないとしている。
奈良という土地も、出雲王朝の植民地のようなものだったのだろうと司馬遼太郎は言う。
そして、母の実家であった奈良県北葛城郡磐城村竹内で少年時代をすごした司馬は、その地に伝わる長髄彦(ナガスネヒコ)の墓について、妄説にすぎないとしつつも、大和の住民に、自分たちの先祖である出雲民族をなつかしむ潜在感情があるとすれば、情において私はこの伝説を尊びたい。と出雲王朝への思いを綴っている。
 
司馬遼太郎は「我々が持続してきた文化というのは弥生式時代に出発して室町で開花し、江戸期で固定して、明治後、崩壊をつづけ、昭和40年前後にほぼ滅びた」(『街道をゆく』)と評したが、この文化が滅びつつあるその時期に、この作品を発表した点に注目したい。
やはり文化の共通基盤が残っている今この時に発表するというかなりの覚悟をもって、発表したのだと思えます。
更に、出雲族をツングース族とした点は、司馬遼太郎が「最も敬愛する人」江上波夫氏の騎馬民族征服説への援護射撃だったとみられるのです。
この頃、騎馬民族征服説は否定される傾向にあったのです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

嵐の後に春が来る

嵐の後に春が来る
雪の予報だったが、当地は幸い雨で済んでほっとした。
このところ穏やかな陽気が続き、今年の寒さも峠を越えたと安心していた。

イメージ 1
 
ところが今週に入って、猛烈な風、南風は立っていられないほど、20mは超えたのではというほど吹き、翌日は一転北風に変わる寒い日がきた。

イメージ 2
 
   そこへ、南岸低気圧による雪予報、春の嵐が続いています。
昨日の昼は、気温が少し高く、晴れ間も見え、雪にはならないと予想していた通りになった。

イメージ 3
 
    最近の目まぐるしい天候の変化には戸惑うばかりですが、陽が射せば気温も上がり、風を遮る南の縁側は、猫のみならずとも微睡みたくなる恰好の場所となる。

イメージ 5
 
    2月の海の天候は、変わりやすいと言われる。海はこれからが真冬の気候、釣り物も、あまり見つからない。魚も潜って、食い気を見せない。
海の気象の諺に「西向く(2,4,6,9月)士さむらい(11月)注意しろ!!」がある。
いわゆる暦の小の月は、気圧配置の変化で、突風などが起きやすいのだと言う。
季節が変わり始める証拠でもあるのです。
昨日近所の寺の梅が、咲いていました。

イメージ 4
 
    春はすぐそこまで来ていると言うことでしょう。光の春は確実に近づいていることを感じさせてくれました。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

散歩の効用

散歩の効用
散歩は、毎日変わる景色はまるで旅をしているようでもある。
日差しを浴び、波の音や鳥の囀りに、季節を感じて歩くのは爽快である。
毎日歩き始めて5年目に入っている。生活のリズムも散歩を軸に出来上がった。
健康面では、体重も順調に減少し、メタボも解消され、体調も良い。
「散歩は、医者いらず」を自分自身で感じている。

イメージ 1
 
 
    最近意外な効用を感じている、それは人との交わりである。
見ず知らずの人と散歩途中に話す機会が多くなった。
現役時代は、近隣の方と話すことはほぼ皆無だったが、地域に馴染み始めた証拠だろう。
当方が知らなくても、先方は毎日歩いていると分かっていて、話しかけられることもある。
こんなこともあった。散歩途中に会った人と世間話をしていると、旅先で会った方と知り合いであった、一気に打ち解けた。
あるいは、散歩の動物を介して、話してみると共通点が見つかって、その後の付き合いに繋がったりしている。
 
イメージ 2
 
散歩の効用は人との繋がりを生むと言えるのです。
新しい人との会話は、刺激があって面白い。多少の緊張を伴うが、それも楽しい。
良い気晴らしと健康面から始めた散歩だが思わぬ効用を得た思いを感じている。

イメージ 3

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事