相模湾 海から見る風景

ご訪問に感謝します。これからは、https://kamakurawake.blog.fc2.com/に移転しました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

良弁僧正物語 

良弁僧正物語
―相模国の出雲族良弁の目指したもの―

    今回から、東大寺初代管長良弁僧正とその一族の話をしばらく続けます。
1回は、全体のあらすじを最初に出しておきます。なるべくこのあらすじの中に納まるように進めるつもりですが、進行過程で構想が変わる可能性もあります。その点あらかじめご了承ください。
 
1.あらすじ
    東大寺初代管長良弁僧正は相模国漆部氏、出雲国賑給帳に漆部直一族が多数登載されています。そこで良弁僧正一族の本拠を出雲国との仮説を立て検討した結果、出雲を本願と定めることに妥当性があるとしました。良弁僧正の目指してきたものも見えてきました。
聖武天皇の悲願を形にするため、総国分寺としての東大寺・廬舎那仏建立に尽力しました。
遠い昔、ヤマト王権に国譲りを迫られた過去を持つ出雲の人たちにとって、天皇の国分寺を通じて、仏教による鎮護国家建設の詔勅は信仰の強制ともいえたでしょう。

   ところが、出雲族の良弁一族は、国譲り以後厳しく貧しい状況に追い込まれていた出雲国を脱出して、東国相模国の地で、開発開墾に励み成功をおさめた後、過去の恩讐を越えて、良弁は、聖武天皇に総国分寺としての機能を持つ東大寺造立を進言し、成し遂げたのです。
    良弁は当初反体制ともいえる役行者を追慕し修験道を修めながらも大仏鋳造のための金銀を求め山野を跋渉し、律令国家の頂点聖武天皇を中心とした体制の象徴として東大寺を位置付けたのです。
イメージ 1

 
   また良弁の神仏習合は、高僧・義淵の下で、深く仏教学を極めた良弁僧正ならではの帰結だったのでしょう。
日本を一つにするという東大寺の役割に、神仏習合という息吹を注ぎ込むことによってその後の日本文化の方向性を与えたのです。同時にこれは国譲りをした出雲と大和王権の融合をも目指したものといえるのです。出雲族としての悔しさを乗り越えた自分がいることを出雲族へのメッセージとして込められていたのでしょう。

   そして弟、漆部直伊波は、商布の売買によって蓄積した私冨を基に、在地と中央とを結ぶ遠距離交易を行っていた。彼は、大量の私冨を東大寺大仏造立の費用の一部に献上し、それによって外従五位下という貴族の最末端の位階を与えられた。このことを契機に、彼は中央の官僚機構の中に入り込むことに成功し、様々なポストを歴任していった。

    伊波の性格は、きっと他者に説得的に働きかけ、リーダーシップを発揮して人をまとめることが得意とみられ、海運業、役人向き、良弁との二人三脚は見事な効果を発揮したのでしょう。

    鎌倉に由井の長者と呼ばれる染谷太郎太夫時忠という謎の人物がいますが、実はこの人物が、宿禰になった漆部直伊波そのものだったのです。良弁の弟の東国での姿だったのです。
この一族も他の豪族同様平安時代には没落していきますが、一族のその後も追ってみます。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事