熟年設計者のたわ言

この頃考える若かりし設計者時代のことごと等を、 特に生産用の型・設備(一品一様設計)を主体に書いてみます

全体表示

[ リスト ]

先日はスーパーまで日陰を探しながら買い物にいったので、今度は図書館までいくのに、日陰の多い裏山をとおっていってみました。
この暑いのに山道を歩いたら熱中症になりますよ!!!という家内の声をあとに家をでました。

裏山への登り口は我が家から50mくらいしか離れていないので、すぐ山道です。
イメージ 2
このような道がずっと続きます。ただ問題は薮蚊が多い事です。

途中で飛蝗をみつけました。キリギリスかな?と思ったのですが、違うようです。足が赤くて綺麗な飛蝗でした。
イメージ 1

帰宅してからインターネットで調べたらなんとかわかりました。
フキバッタの仲間でミカドフキバッタというようです。
フキバッタは蕗飛蝗と書そうで、この仲間は蕗の葉っぱのなかでよく見かけるので、蕗飛蝗と呼ばれるらしいです。

問題はミカドです、多分帝だろうと思ったのですが、そう表現している記事がみあたりません。
やっとのことで帝蕗飛蝗で問題ないことがわかりました。
この仲間には、内裏蕗飛蝗、姫蕗飛蝗、大和蕗飛蝗などがあるとのこと、大和朝廷一族か?笑
なかなか種類が多いようで、地名のついたものは、吉備蕗飛蝗、札幌蕗飛蝗、八重山蕗飛蝗、近畿蕗飛蝗、紀伊蕗飛蝗などあり、我が町の近くでいうと丹沢蕗飛蝗というのもあるらしいです、あって見たいものです。

「たわ言」
これだけ楽しい名前がついているのにほとんどの文書はカタカナ表記のみ、漢字表記をしているものがあまりありません。これでは漢字表記を廃した韓国をあなどることは出来ません。
子供にとっては学ぶのが大変でしょうが、日本語は漢字、ひらがな、カタカナなど色々な表現があるから楽しいとおもうのです、特に虫や草花の名前は漢字表記もしてほしいのです。

赤いおしゃれな足が鎧をまとったようにも見え、階段の脇でまるで門番のようにしていましたので、指を折ってみました。笑
イメージ 3


閉じる コメント(6)

散歩で拾った問題を帰って調べて、句を詠み半日はかかりますね。
これが直さんの日課になってきましたね。

2019/8/21(水) 午前 9:33 星の砂

顔アイコン

センセイの
鬱憤晴らしか
飛蝗の名

2019/8/21(水) 午前 9:41 [ 無為庵 ]

顔アイコン

帝蕗飛蝗初めて見ました。
最近は
草刈りが進んでバッタにも出会えなくなってきました。

2019/8/21(水) 午後 10:05 [ 笑み ]

顔アイコン

> 星の砂さん
俳句をはじめて良かったことは、出来るだけ具体的な表現をしようと心掛けるようになったことです、昔は虫だ花だ程度だったのが、蝉だ萱草だになり、さらに蜩だ野萱草だになったことです。笑

2019/8/22(木) 午前 5:43 直さん

顔アイコン

> 無為庵さん
最初は「帝姫 内裏大和と 蕗飛蝗」だったのですが、一応五.七.五になっているし季語もあるしこれで良しと思ったのですが、あまりにうっぷん晴らしというか捨て鉢俳句になっているのでちょっといじりました。笑

2019/8/22(木) 午前 5:47 直さん

顔アイコン

> 笑みさん
私の初めてみました。足が赤くて可愛らしいバッタでしたよ。

2019/8/22(木) 午前 5:48 直さん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事