blog版 極楽輸入車生活

シーコネクションのNakamaeがほぼ毎日更新してます!http://www.c-cone.com/

全体表示

[ リスト ]

中古車屋の仕事は、車の売買以外に、一般整備や点検・車検と板金・塗
装があります。整備関係は、基本的にお客様と直接お話をして、内容を
決めたりするので、話がスムースなのですが、板金・塗装の場合は、保
険会社と話をするケースが多くて、結構大変です・・・

板金・塗装の仕事の依頼の半分位は、保険会社が入るような事故が多い
からです。お客様が悪い場合は、ご自身の車両保険を使っての処理なの
で、それほど苦労する事は無いですが、被害者になってる場合は、相手
の保険会社の担当者との話し合いがスムースに進まない時があります。

同業の中古車屋さんや、新車のサービスフロントや、整備工場、板金工
場の方々も、保険事故で苦労をしている方が多く、世間話をしていると、
「○×損保は渋い」とか「△□海上は最悪だ」みたいな話をよく耳にし
ます。

確かに、保険業界はなかなか厳しい状況で、全体に支払いを抑えようと
している雰囲気は感じられます。そして、話題に上る保険会社の担当者
は、それらが顕著に現われているのかも知れません。

しかし、色々と保険会社の担当者と話をしていて感じるのは、保険会社
というよりも、担当者次第なんじゃないかな?と思うんです。担当者の
交渉力というか、コミュニケーション能力というのか・・・いわゆる、
駆け引きが上手か否かで、話がスムースに進むかどうかが決まってるよ
うに感じます。

我々と保険会社との話し合いの場合、大きな金額の修理代が掛かれば掛
かるほど、保険会社は修理代を削ってこようとする傾向がありますので、
我々が提示した見積書通りに支払ってくれる事は、なかなかありません・・・

なので、話し合いをして、最終的な落とし所を決めていくのですが、こ
こでの駆け引きが上手な担当者に当たると、割とスムースに話が進むん
です。

しかし、駆け引きが下手な担当者だと、こちらの要求には一切答えず、
保険会社の要求を押し通したりする訳で、話が平行線になって、前進し
ません。

そうなると、修理に手が着けられなくなり、代車を出している場合は、
その貸し出してる日数が伸びていき、どんどん保険会社の負担が増えて
行く訳で・・・話し合いの長期化は誰も得しないんです。

先日も、対応が異様に遅い保険会社の担当者に当たってしまい、それが
為に修理の納期が延び、同時に代車の貸し出し日数も増えてしまいまし
た。

挙句の果てに、自分の対応が遅くて納期が延びたにも関わらず「代車の
貸し出し日数を減らしてほしい」と言ってくる始末・・・正直、呆れて
何も言えなくなりました。

こういうケース、レアではなく、割と良くあるんです・・・だから、色
々と保険会社の噂はあるけど、最終的には保険会社ではなく、担当者な
んだと思うんです。

保険の加入者は、事故の時の担当者は選べないし、相手との交渉が難航
してても、口を挟めるモノでも無いですから、もしもの時に、自分の担
当者がダメダメな奴だったら、本当、最悪です・・・

下手したら、被害者からクレームがくる可能性だってあります。

保険って、もしもの時の為に加入して、高い保険料を払ってるんだから、
自分が加害者になってしまったら、相手に迷惑を掛けないよう、素早い
対応をしてもらいたいですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事