blog版 極楽輸入車生活

シーコネクションのNakamaeがほぼ毎日更新してます!http://www.c-cone.com/

全体表示

[ リスト ]

1か月ほどコラムをお休みしました。11月は業務が忙しかったのに加え
て、1週間の休暇を取ったり、さらに火曜日が祝日に当たったりして、い
つの間にか1か月の月日が過ぎ去って、気づけば明日から師走という事に
なりました。

そろそろ今年の10大ニュースを考えなくては・・・って感じです。

さて、11月の休暇で、友人が住んでいる南太平洋のフィジーに行ってき
ました。以前は直行便があったのでアクセスのよい所だったのですが、今
は何処かの国を経由して行かなくてはならず、私は韓国経由で行ったので、
ドアtoドアで20時間も掛かってしまい、相当、遠い国って感じでした。

しかし、空港に降り立ち、外に出ると・・・走っている車の90%以上が
日本車!!しかも、元英国領だった事もあり、右ハンドルで左側通行なの
で、周りの風景は如何にも南国なんだけど、ちょっと不思議な感じがしま
した。

そして、街を走っている車達に目をやると、いかにも日本の中古車を輸入
しましたって感じの車が多くて、日本の車庫証明のステッカーが貼ってあ
ったり、日本のタクシー会社の名前が入ったまま、現地でもタクシーとし
て使われていたりもしました。

私が乗ったタクシーは、トヨタ・カローラ・フィールダーだったのですが、
日本のメーカーオプションのナビがそのまま付いてました・・・もちろん、
ナビソフトが入ってないので、何も写ってませんでしたが、現在位置とか
日本語で書かれたボタンがそのままになっていました。

運転している現地の人たちは、それらを見て、どう思ってるんでしょうか
ねぇ・・・ちょっと気になる所ですが、私の英語力では、そんな話をする
事も出来ず・・・

2度目に乗ったタクシーは、元教習車だったので、補助ブレーキや助手席
側から見えるスピードメーターなどの装備が付いていました。ボディには
ANJOの文字が・・・きっと安城市の教習所で使われていたんだろうな
ぁ・・・って思い、ドライバーさんに「ANJOは日本の地名なんだよ」
と教えてあげました。

こんな感じで、フィジーには日本から中古車が沢山輸入されて、大活躍し
ています。中には、相当古い車も走っていて、日本でもあまり見かけなく
なった車も走ってました。

果たして、彼の地で直す事が出来るのか?とも思いましたが、きっとこう
いう土地では、色々な車の部品を組み合わせて、直しちゃうような工場が
あるんでしょうね。

残念ながら、私が行動していた範囲では、そのような整備工場みたいなの
は見つける事が出来ませんでしたけど・・・

それにしても、これだけ日本の中古車が走っている割には、日本でフィジ
ーへ輸出するって話を耳にしません。

ちょっとネットで検索すると、一応、輸出をしている業者さんもあるし、
日本で輸出前検査をする機関もありました。

私は、中古車の輸出ビジネスをやっていませんが、フィジーみたいな南
島と取引して、年に1度くらい仕事で行ける事になったら、きっと楽し
いだろうなぁ・・・なんて事を考えたりしました。

まぁ、実際はそんなに甘い話じゃないと思いますが・・・

ちなみに、輸入関税はそうとう高いらしく、結構古い中古車でも、現地で
はビックリするような高値で売られているそうです。自国で自動車の生産
をしてないのに、そういうモノに高い関税を掛けるのはどうしてなんでし
ょうね?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事