blog版 極楽輸入車生活

シーコネクションのNakamaeがほぼ毎日更新してます!http://www.c-cone.com/

全体表示

[ リスト ]

今日も寒い神奈川です。。。しかも朝こそ晴れていたけど、昼前からは曇りベ
ースな1日でより寒さを感じました。。。こんな寒いならいっそのこと雪でも
降ってくれたら、気持ちが上がるんですけどね。。。

そんなことを思いながら今日は在宅で経理業務をしております。って言っても、
自宅だとなかなかモチベーションも上がらず効率が悪いのも事実。。。この辺
がなかなか難しい問題なんですよえ。。。往復の通勤に使う約2時間と高速代
やガソリン代など考えると、在宅勤務はある程度必要かなって思ってますが。。。

さて。。。昨日、愛用のヘアドライヤーが突然死しました。。。コンセントを
繋ぎ、髪の毛を乾かそうとしたら、一瞬、風が出たけど、すぐに止まって、焦
げ臭くなり、慌ててスイッチOFF。。。

どうもスイッチ部分がショートした模様。。。本体のラベルを見ると2002
年製造との事なので、16年はフルに使えてきたんだと思います。メーカーは
日本のパナソニックですが、そのラベルには台湾製とありました。

ヘアドライヤーって瞬時に温風をファン全開で送るので、電気的にはきっとか
なり負荷の掛かるモノじゃないかと思うんです。。。ドカーっと電流が流れる
訳ですから。。。

そんな過酷なモノでも16年も休まず動いていたって、なんかすごいですよね。

例えば自動車で似たようなモノと言えば。。。温風こそ送らないけど、風を送
る電動ファン。。。ヘアドライヤーほどコンパクトにする必要は無いけど、風
雨に晒されるは、エンジンの熱もバッチリ受ける。。。かなり過酷な条件で使
用されてますが、これ結構よく壊れます。。。統計とか取った事ないけど、1
0年くらい経った車だと、何割かの車は交換歴あるんじゃないかな???って
思うくらい、シーコネクションでも年に1台や2台はこわれます。

ヘアドライヤーは壊れたら自然乾燥させるか、エアコンの風などでなんとか代
用が出来ますけど、ラジエターの電動ファンが壊れたらそうはいかないから困
った話です。。。

まぁ、今は冬場なので、渋滞にさえ巻き込まれなければ、走行風でオーバーヒ
ートは免れる可能性は高いけど、夏場はそうも行きませんからね。。。

かと言って、予防整備で5年ごとに交換する。。。なんて部品でも無いから困
ったモノです。

ちなみに。。。ご存知の方も多いかとは思いますが。。。電動ファンが壊れて
水温が上がってしまった時の対処方法としては、暖房に全開にしてヒーターブ
ロアファンも全開に!!

自動車のヒーターは冷却水の水温を利用してますので、ヒーターを全開にする
事で、冷却水がヒーターコア(小さなラジエターみたいなモノ)に流れて、そ
こに風が当たり冷却水から熱を奪いますので。。。

冬場の今なら、窓を開けたり閉めたりで、なんとか凌げそうですが、夏場はほ
んと死にそうになります。。。過去に1,2度、そんな経験をした事がありま
すが。。。今なら大人しくロードサービスを呼んで運んでもらいますが。。。
緊急時の対応として覚えておいて損は無いでしょう。

あと同じく電動ファン系のトラブルでいうと、電動ファンが2つついている車
の場合、水温に応じて1個もしくは2個動く車だと、だいたいエアコンをON
にすると、片側のファンは強制的に動く場合が多いので、エアコンをONにし
てファンを回し続けて水温の上昇を抑える方法も。。。ただ寒い時期はエアコ
ン自体が動かない可能性があるので、この作戦は今時期は使えないかとは思い
ますが。。。まぁ、ちょっとした豆知識として自分の車の電動ファンの動きな
どを調べておくのも悪くないでしょうね。

電動ファンが壊れる原因は色々とありますが、モーター本体が駄目になる事よ
りも、ファンのスピードをコントロールするリレーやコントロールモジュール
が駄目になる方が多いように思えます。

ただ、これまた車によってはリレーやモジュールが電動ファンと一体になって
たり、一体じゃないと部品が出ないなんて事もあったりして。。。ほんと困っ
た話なんですよね。。。

これ、電動ファンだけでなく、ヒーターブロアのファンなんかも同様でモータ
ー部分だけで部品供給が無いなんてモノもあり、モーターは大丈夫なのに、レ
ジスターが駄目で全部交換なんてケースもあります。ただ、そんなモノでも、
海外だとレジスターだけ売ってたりもするので、時間に猶予がある人なんかは
調べてみる価値ありますよ!!

最後にこの手のトラブルで結構怖いのが車両火災。。。統計とか見てないから
詳しい数字は分かりませんけど、多分、電気が原因による車両火災は結構多い
のでは?って思ってます。

特に夏場で電動ファンがフル稼働する時などは、かなりの電流が流れていて、
電動ファンを最大で回す時に流れる電流に消耗した部分が耐えられず、ヒュー
ズが飛ぶ前に配線が溶けて火花が飛び燃える。。。なんて事もあり得ます。

正直、日頃の点検でどこまでそういう不幸な事故が防げるのかは、ちょっと分
からないけど、古いクルマに乗るなら、車用の小型消化器をひとつ積んでおく
事も考えておくと良いかも知れませんね。

どちらにしても、電気部分はある日突然壊れる事があります。。。特に10年
以上古い車にお乗りの方は、そんな突発的なトラブルに遭っても大丈夫な心の
ゆとりをもってカーライフを楽しんでもらえたらと思う今日このごろです。

クルマの購入・売却・メンテナンスなどの相談はシーコネクションまで!

Twitterで毎日つぶやいてます

facebookページで最新情報をお送りしています。
(極楽輸入車生活のオフィシャルページ、色んな輸入車のニュースも発信!)

(シーコネクションのページは最新在庫情報から部品情報まで盛りだくさん)

(シーコネレンタカーの空き情報やキャンペーン情報をお送りしております)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事