富山のお祭り日記

氷見方面の獅子舞を中心に、富山の祭りについて書きます^^

全体表示

[ リスト ]

13、14日は氷見市最大の祭り、祇園祭りでした。
 
13日は用事があったので見に行けませんでした。
14日は久しぶりに曳山をじっくり見ようと思い、日中から見物に行きました。
 
到着は15時過ぎでした。市街の本通りに向かうと、高岡方向に曳山が見えたので向かいます。
まず出会ったのは南中町の曳山です。
 
イメージ 1
 
シンボルであるダシは千成瓢箪です。
昨年はこの町内の曳山に参加させてもらいました。相変わらず、方向の微調整の振りが細かすぎてあまり梶を取れていませんw
この曳山、総ケヤキ造りなので本当に重いです。富山県内のこのタイプの曳山でも重い分類に入るでしょう。余談ですが、昭和51年に再興されたこの曳山のモデルとなった、同じく総ケヤキ造りの新湊・荒屋町の曳山の重量5.5トンあるらしいです(他の町内は4トンくらい)
 
さて、その後ろに続くのは南上町の曳山です。
 
イメージ 2
 
ダシは胡蝶。全体を朱色で整えた、華やかな曳山です。
以前はもっとダシ棒を高く上げて巡行していたのですが、電線の関係か最近は前人形に花笠がかかるくらいまで低くして巡行しています。
 
少し間を空けて、御座町の曳山が続きます。
 
イメージ 3
 
ダシは枝付き梅鉢です。天候や電線との兼ね合いで枝が付いていない年もあります。
御座町の曳山は黒に近い色調の曳山です。かつてはもっと暗い色の彫刻で、「烏山」と呼ばれていたそうです。
 
さらに間を空けて、地蔵町の曳山が続きます。
 
イメージ 4
 
ダシは諫鼓(かんこ)の鶏です。
地蔵町の曳山は本来は自町内しか回らないのですが、今年は曳山の行列に加わっていました。
この曳山は彫刻が細かく、見どころの一つでもあります。
 
上伊勢町の曳山は姿が見えませんでした。町内を回っているのか?と思いつつ、曳山についていきます。
 
氷見の曳山は背が低めですが、趣があって私は好きです。
 
イメージ 5
 
露店越しのこういった風景も好きです。
曳山は花を拾いながら進みます。(花を拾う=ご祝儀をもらう)
 
南上町は一旦行列から抜け、山宿前で小休止に入りました。
 
イメージ 6
南上町は各町内に花を打っていました。
 
その後もゆったりと進み、中の橋に到着。地蔵町の曳山は海方面へと進路を変え、町内へと帰っていきました。
ふと気づけば、後ろから上伊勢町の曳山も追いかけてきていました。
 
イメージ 7
ダシは宝珠に小槌と千枚分銅です。
上伊勢町の曳山は、昨年(?)は出ていませんでした。町内の事情らしいですが、また復活してくれてうれしい限りです。
ちなみに曳山を曳く轅(ながえ)は伏木の曳山のものを受け継いでいるらしいです。
 
その後に休憩していた南上町が続きます。そして地蔵町以外の4町内が勢揃いしました。
 
イメージ 8
数年前は橋の上に4町内が並んだのですが、今年はこんな感じに並びました。
 
曳山は太鼓台が通り過ぎるまで休憩です。しかし太鼓台の姿は遥か彼方。
・・・待つこと約30分、やっと太鼓台の姿が見えてきました。
 
イメージ 9
 
太鼓台と神輿の一行は中の橋まで進み、橋の手前を山側に進路変更します。
昼間の見どころはここです。
橋の手前では太鼓台を揺らしたり、喧嘩をしたりと大盛り上がりです。
今年は南中町太鼓台VS南中町曳山という珍しい光景も見ることができました。
 
太鼓台が通り過ぎたあとは曳山の見せ場です。
各町内、独自の方法で方向を変え、自町内へと向かいます。
 
中の橋周辺の様子は動画でどうぞ!
 
 
日中はここで帰宅しました。続きます。
 

閉じる コメント(4)

国道に展示されいている南中町の曳山は毎年見るけど、動いているのは今年初めてだ^^
方向転換と上伊勢町の曳山は見逃してしまった><;
というかあることすら知らなかったw
毎年祇園は夜しか行かないけど昼間も見所があったとは。。まだまだ知らんことだらけや^^

2012/7/16(月) 午後 6:22 寒鰤 返信する

顔アイコン

動画でわかるかと思いますが、町内によってジャッキを使ったり、持ち上げたりと方法も違うので見ごたえありですよ。

今は夜の喧嘩が最大の見どころですが、かつては曳山が10基あったそうですから、もし曳山が残っていれば見せ場も沢山あったでしょうね。

2012/7/16(月) 午後 8:27 nakamatihikiyama 返信する

顔アイコン

南中町のケヤキのやま、そもそもケヤキの地肌を見せる(表面を朱塗りにしてない)にはケヤキ自体も上等な物を使わないといけないとききました。
従って南中の山はかなりの物と判断。
てか山に限らず太鼓台もいい物を使わないと長年使えないですね。

御座町の梅の枝は初めて見ました。
長年見てきて初めて見た←このブログである事に気付いた。
これは発見伝です。 削除

2012/7/22(日) 午後 9:57 [ ミーヒー ] 返信する

顔アイコン

聞くところによると、高山の屋台は一基3億円以上するそうです。
南中の曳山も高価なんでしょうね。
その通りです。安い所で太鼓の皮を張り替えて、数年で伸びてしまったとかそういう話は良く聞きます。祭礼道具はケチってはいけないんでしょうね。
御座町の梅鉢の枝が付いているのは私自身、数年ぶりに見ました。私のブログで新たな発見が出来たようで幸いです^^

2012/7/23(月) 午後 7:31 nakamatihikiyama 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事