起業家

個人投資家向け収益不動産専門サイトの運営会社です・・・ソフトバンクに買収されるような企業を目指す!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

久しぶりに大好きな歴史小説を読みましたよ。
堺屋太一著 豊臣秀長―ある補佐役の生涯(上下巻、文春文庫)

経済学者でもある堺屋氏による現代社会に置き換えて豊臣秀吉の弟の秀長を描いた秀作と言えるでしょう。
是非、皆様にもお奨めしたいですね。

この物語の中で大変有名な話ですが
朝倉義景攻めで越前に入った織田・徳川連合軍の背後で、浅井長政の裏切りに会い絶体絶命の窮地に陥った際、織田信長が身一つで京まで駆け戻った。


■ベンチャー企業の社長である信長は「トップである自分さえ生きていれば」いくらでもやり直すことが出来ると考えていたのですね

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事